2016/4/5

テラヘルツかっさ  美=健康

ケイ素としても有名なテラヘルツ

テラヘルツ波
1秒間に約1兆回振動するテラヘルツ波は、電波と光の中間的な
特性があります。
テラヘルツ波は分子の運動に影響をもたらしやすい波長であり
人体や植物、物質までさまざまな効果が期待がされています。

テラヘルツ波にあたることで種々の生物は元気を取り戻し
若々しさを取り戻すといわれています。

テラヘルツ波は紙や木材でもプラスチック様々な物質を透過する事ができ
医療分野での応用が期待されています。

遠赤外線と波長が重なる特徴がある為
物質を加熱する事が出来ると言われています。

【テラヘルツ鉱石】
トルマリン、ゲルマニウムに次いで
今注目の石、テラヘルツ。
テラヘルツ鉱石は「テラヘルツ波」を放出する人工鉱石で
正しくは高純度シリコン(金属珪素 Si)になります。
珪素(ケイ素)は、私たちにも馴染み深い水晶(=石英)も
珪素と酸素が化合してできた石です。

逆に言えば石英から酸素を取り除くと、珪素(シリコン)となります。

テラヘルツ鉱石も石英から酸素を取り除き
純度を99%以上(15N)にまで高めた高純度シリコンとなります。

パワーストーンとしてもおなじみの水晶を濃縮したものと考えれば
イメージしやすく
また浄化的な意味合いも分かり易いと思います。

テラヘルツ波振動、1秒間に約1兆回振動ですから
カッサに氷を置くと、すぐに溶けてしまうのですが
溶けた水は「ケイ素水」となります。
クリックすると元のサイズで表示します
カッサを使用してビックリは、手足の末端の血管が
目で確認できる程すぐ綺麗に

サロンのコースにも取り入れてます

テラヘルツ鉱石
サロンでもマスカラやリフトアップ系コスメで
既にご愛用頂いてますが、テラヘルツ鉱石は中国産が
多いのですが、今回のカッサも国産(北海道産)です。
クリックすると元のサイズで表示します
「モンテセラピー」「肌リセットコース」と
原理は似てますが、手軽にコースに取り込めるので
フェイシャルではリフトアップ
ボディならお身体ポカポカ

どうぞテラヘルツカッサ、お楽しみ下さい



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ