2010/9/6

ハワイの朝、私は起きぬけにまず水着を着る。
その上にT-shirtとサーフパンツ。コーヒーを入れて海辺に座りピンク色に染まる東の空を見つめる。
魚の群れがイルカたちに追われ、水しぶきを上げて逃げ惑う。凪の海のそこだけがあわただしく波をたてる。

日の出を待って海に飛び込み、体を水にゆだねる。自分の体と水の境目がなくなるくらい、水と一体化した時の恍惚感は、母の子宮にいた時と同じ安心感なのか。
目を閉じて大きく息を吸い込み、肺を最大の大きさに膨らませる。
体が浮き上がり、耳から静かに水が流れ出る。
シャワーの中で、その日、一着目の水着を洗い、ラナイのデッキチェアに広げる。
真っ青な空と、乾いた空気。2時間もあれば乾くだろう。

昼間外出するときもT-shirtにサーフパンツ。
車のトランクにはシュノーケルギアと水着、タオル一式がいつも積んである。
買い物の帰り、回り道をしてWarm pondへ。

クリックすると元のサイズで表示します

車の中で水着に着替えて、今日、二着目の水着を濡らす。
温泉プールの午後は地元の子供たちの遊び場。
ロコの家族連れとおしゃべりしているうちに、いつの間にか太陽が西に傾きはじめる。
濡れたままの水着で車に乗り込み家路を急ぐ。
頭に巻いたタオルが車の天井にぶつかるけど気にしない。

空が暗くなる前に、最後のひと泳ぎはシャンペン・ポンドで。
水温が30度以上の暖かい水に体を浮かべて暮れてゆく空を見上げると、遠くに星が光り始める。

クリックすると元のサイズで表示します

誰もいない入り江。
私と魚とHunuだけ。。。
プチプチと海底から湧き出る細かい泡が体を優しく包む。
このまま、眠ってしまいそう・・・。

ハワイのいつもの夕暮れ。3着目の水着を洗ってラナイに干すと、大きなお月様が東の空に上って来る。

It's time for Skinny Dip.
I don't need anything to put on under the moon light.
0
タグ: ハワイ島 kapoho 洗濯


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ