2011/3/6

あ〜  育児

ちょっと前の記事を読んでみました。

ミラクル育児について書いてあるやつ。






正直、「この人すごいじゃ〜ん、良いお母さんね〜」ってまるで他人事のように読んでしまいました(笑)

すっかり、ミラクルどころではなくなってます。

そんなこともあったわね。くらいの勢い。

キレまくりの毎日ですが、近頃は私の言うことは聞かなくなったので子供と3人でいると爆発しそうな気持ちをいつも抑えつつ半ばほったらかし…
いちいち言ってたらずっと怒ってなくちゃいけない。
3人目が生まれたらどうなるんだ。
怖いよ〜…

はるはおしゃべりが止まらないからずーっとしゃべってるし。
ふうゆはイヤイヤ期か「ヤダ」って言って言うこと聞かないうえに、怒ったらすっげー暴力的だし。
遠心力を巧みに使ってパンチしてくるんですよ。
「痛い」って言ってると、はるが私を守ろうとしてふうゆに蹴りを入れて結構なボコボコ具合にしてしまう。
なのにケロッとしてるから2人目はすごいですけどね。たくましい。
で、結局はるがやり過ぎるから助けてもらったにもかかわらず怒るはめに。

ミラクル育児なら穏やかな子育てが出来るのかしら…

たまに、はるのおしゃべりがたまらなくなって
「うるさい、黙って!」って信じられないくらい冷やかな一言が出ることも。

ミラクルなら
「うるさいから黙った方がいいんじゃない?」かな。



ってこれもかなり冷ややかだわ。

「少し黙ろうか?」



(笑)




なんにしても、冷やかだから
こんな時はきっとうるさくても話を聞いてあげることが一番いいんだろうな。


私には難しいけど。




そういえば、この間はるがシートベルトに絡まってJAFを呼びました

どういうこと?って感じですが、絡まってたんですよ。
出先から家に到着してみると、
はるが「シートベルトが背中でバツになっとんよ!」
とやけをくっていたので
「どういうこと?」と確認すると
シートベルトが体に巻きついてしかもロックがかかってる状態。
ゆるめようにも引き出せないし、切ろうか悩んだ末
「切ったら修理代高いぞ」という結論に達して
こんな時にJAF呼ばないといつ呼ぶんだ。と。
で、呼んじゃいました。
今思えば、JAFは違ったかなと思いますが。

ご丁寧に来てくださって、状態を見てひとこと。
「こんなの初めて見ました」と。

わかるわかる。

うちの子器用なんですよ〜。って言いたいくらいだったわ。

結局、シートベルトの肩のほうにある固定してある部品が外せたので切らずに脱出出来ました。

JAFのお兄さんも
「気をつけないとと言ってもこれは誰も真似できないですよ。」
って言ってました。

今回はるはウエストの方だったけど、少し前にふうゆが首にシートベルト巻きつけて
「くるしい〜」って泣いてたし。
ロックがかかってなかったから、その時はすぐとれたけど怖かった。

命を守るはずのシートベルトを、うちの子は二人とも器用に危険な使い方をしています。

この出来事を「うちの子バカだから・・・」ととらえるか

「ひょっとしてうちの子は、人とは違う感覚を持っている優れた個性の持ち主?」ととらえるか。

きっと、↑こうとらえる方がある意味ミラクル育児ですね。


「普通」な常識で育ててると大事な芽を摘んでしまうかもしれない。
少し「変わった子」くらいが楽しい人生を送れるかもしれない。

将来「え〜!あのはるくんが?ふうゆちゃんが?」と言われるような大物になるかもしれない。


ミラクル…起きますように…



その前に、ちゃんと生き延びることができますように(本気)
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ