2007/4/30

DVD三昧?  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

今日はどこにも出かけなかったので
DVD三昧…と言いたいけれど
家でDVDを見るのは私には不利だ。
…というのも、途中で「コーヒーが欲しい」だの
いろいろと注文が入ってくるので
何となく見たような気になっているだけだ。
今日とても同じこと。
ま、仕方がないか。
また明日から会社で頑張ってもらわないとね。
0

2007/4/29

臥龍桜  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

臥龍桜を見てきました。
こんなに大きな桜の木を見たのは初めてです。
千年以上も生きているという桜の木を前にしては
誰もが気をのまれたようになるのか
あまり人のざわめきなどは無く
静かに桜の前にたたずんでいました。
クリックすると元のサイズで表示します

左の方向です。
クリックすると元のサイズで表示します

さらに近づくとこんな感じです。
このツッパリの木もとても太くて
どうやって立てたんだろうと思うほどです。
クリックすると元のサイズで表示します

人が写っているほうが木の大きさを実感できますね。
これで一本の木ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

青空に映えて綺麗です。
クリックすると元のサイズで表示します

ここを通り抜けて見学に行きます。
駅舎です。
クリックすると元のサイズで表示します

臥龍桜が毎日見ているのはこんな風景です。
0

2007/4/28

川上貞奴  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

愛知県美術館に水彩連盟展を見に行ったついでに
文化のみちを歩こうということになった。
いろいろなお屋敷を見たけれど
印象深かったのは日本の女優第一号といわれた川上貞奴の家。
クリックすると元のサイズで表示します

こちら側が玄関。
クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ってすぐ左に大広間があって
まず目に飛び込んでくるのがこの大きなステンドグラスの窓。
クリックすると元のサイズで表示します

その左側に目をやるとこの窓が・・
クリックすると元のサイズで表示します

右側には螺旋階段がある。
素敵な家でした〜〜〜〜
0

2007/4/27

陶器2点  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

これは先日の陶器祭りで夫が買ってきた
夫専用のマグカップ。
大好きな織部だが、かけやすいのが難点で
ガサツな私は取扱いに気をつけなければ・・
クリックすると元のサイズで表示します

先日UPしたとっくりとこのマグカップは
同じ店で買ったのでこのぐい飲みをおまけにくださった。
ほんのりピンクの優しい色合いで
桜の季節に出かけた記念として思い出の一品になった。
0

2007/4/27

嬉しい便り  風景印

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
上の二つの印はどちらもむつみさんからいただいた。
左は大阪中之島の印。
ご夫婦でベルギー王立美術館展を見に行かれたそうだ。

右は京都中央郵便局のふみの日小型印。
これはついさっき京都中央郵便局から
書留速達で届いてびっくりした。
封書を開いてみると
むつみさんが預けておいてくださった葉書の
発送が遅れましたというお詫び文が同封されていた。

むつみさん、今日受け取りましたよ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

↑上はしげちゃんからいただいたはがき。
彼女は家の近くの土手に毎年花を植え続けておいでだが
これはその土手の画像。
すごぉ〜い!!
これは隠れた名所として
お花ウォッチングのツアーが来るんじゃありませんか?
0

2007/4/26

マッチ  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

お天気がよかったのでお布団を干してやろうと
息子の部屋へはいってこのマッチを見つけた。
面白いので描いてみようと無断で拝借してきた。

長男も三男もたばこを吸うようになったのは
大学へ入るため親元を離れている時だ。
やっぱりね・・・って言います?(笑)

二人ともマナーはいいほうだと思う。
長男は必ず換気扇の所か屋外で吸うし
車の中では絶対に吸わない。
だから長男の車に乗せてもらっても
たばこの臭いでいやな思いをしたことがない。

三男は家で吸うのを見たことがない。
会社で仕事などが一段落したときなどに吸うようだ。
帰宅したときのかすかな臭いでそう思う。

ところでこのマッチ、象の絵の物は缶で
横にスライドして開けるようになっている。
右のものはどうなっているんだろうと
斜めになっているスティックを1本引き抜くと
そのとたんに火がついてびっくりした。
置くところもなくて硯の上にあわてて乗せた。
なんだかいたずらを見つけられた
子供のような気分になった。
クリックすると元のサイズで表示します

話は変わってジャスミンが咲いてきた。
去年は5月17日にUPしているので3週間も早い。
私がとった行動は昨年と同じで
家のあちこちに生けて香りを楽しんでいる。
0

2007/4/25

陶器祭り  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

         土岐川の流れも清く陶工の
            土こねる手のあざやかりけり

22日(日)に土岐の陶器祭りに出かけてきた。
ここのお祭りは出店数も人出もほどほどで
(ちょっとお天気が悪かった)
ゆっくりと見て回ることができた。
私が買ったのは↑の水滴で
絵手紙のモデルにも実用にもインテリアにもなると
作家さんの店で買ってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

夫はこの画像の上のほうに見える
織部のとっくりとマグカップを買った。
クリックすると元のサイズで表示します


わが夫は毎日帰宅が遅いので
疲れているだろうと気を使うのと
私自身が睡魔に襲われるのとで
あまり話すことができない。
その点、休日に外出するときはチャンスとばかり
車の中でいろいろ話しかける。
その時CDをかけていたりすると
夫がさりげなくボリュームを下げてくれる。
その心遣いが嬉しいと思う。

陶器市とは関係ない話になってしまいましたが・・・
0

2007/4/24

絵手紙は生もの  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

曼荼羅寺にスケッチに行きたいと思ったのは
昨年の春、別の友達とここを訪れてから。
庭にたたずむ小さなお地蔵さまを見てからだ。
30p〜50pほどのかわいらしいお地蔵さまを描きたかった。
しかしながらここは藤の名所として知られており
藤も描かなくちゃいけないでしょう・・と
一枚だけ描いたのが↑の絵。
無数の房が垂れ下がる棚の様子はとても手に負えないと
ひと房だけを描いた。
クリックすると元のサイズで表示します

これは赤ん坊を抱く観音様。
3ミリペンでにじみの少ない画仙紙に描きました。
クリックすると元のサイズで表示します

言葉はこんなふうに添えましたが
実際は試行錯誤しながらペンを動かしました。
ちょっと見栄を張って??(*^_^*)エヘッ・・・
画仙紙はがきにボールペンで。
クリックすると元のサイズで表示します

これは絆も強くという言葉をもう少し推敲したかったのですが
思い浮かびませんでした。
どなたかアドバイスお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します

これが実際の像です。
もうすぐつつじの花が優しく二人を包んでくれるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

描いている間に大勢の人が訪れ手元を覗き込んでいきます。
(私も他の人に対して同じ行動をするけれど)
スケッチは自分自身が石の地蔵さんになって
雑念を払わなければできないと思いました。

人々は小さなお地蔵さまたちを見て「わぁ!かわいい!」と
歓声をあげて見るけれど手を合わせる人はいません。
お地蔵様の方が皆の幸せを祈って手を合わせているかのようです。
クリックすると元のサイズで表示します

境内では授産所の人たちがあちこちでバザーを開いています。
ネットの友達のshigeさんや絵だよりアーチストさんたちに
影響を受けて、こういうところでは
自分のできる範囲で協力するようにしています。
このお手玉人形もそこで買いました。
絵手紙は送っても、この人形が手元にある限り
この日のみんなの笑顔が浮かんでくるでしょう。

というわけで一気に昨日のスケッチをUPしてしまいました。
「絵手紙は生もの」とタイトルに書いたのは
何日か過ぎてその絵を見ると感動が薄れていたり
季節の物はその時期を過ぎてしまうからです。
よしや、一年が巡って同じ季節になっても
前年描いたものとは自分の感性も変わってきていて
とても送る気になれなかったりします。

毎日Blogに何をUPしようかと迷うので
明日にとっておきたい気持ちもありますが
「明日のことを、思い煩うな」って誰かが言ってましたよね?
言ってませんでしたっけ?・・ま、いいか・・・
明日の更新がなくてもお許しください。合掌
0

2007/4/23

スケッチ  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

藤の花の美しい曼陀羅寺にスケッチに行った。
2か月ぶりに会ったどらポケ(どら絵もんのポケット)の
メンバーで。
私は風景は苦手なのでもっぱら庭の石仏を描いた。
この方は居眠りじゃなく瞑想をしておいでなのかな。
でも私に描かれたのが運のつきさ。
クリックすると元のサイズで表示します

藤はもう2〜3日後のほうがいいようです。
クリックすると元のサイズで表示します

ミニ三十三か所めぐりもあります。
クリックすると元のサイズで表示します

これはお昼ご飯でした〜〜〜〜
0

2007/4/23

風景印  風景印

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
むつみさんから風景印をいただいた。
いつもながら切手とスタンプの図案を
合わせてある心遣いがにくい。
はがきなのに80円切手を貼ってくださって
イヨッ!太っ腹!!

彼女からは先週も届いていて
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
これがその消印。
東京へ、しかも逓信博物館へ行かれる
お友達に頼んでくださった。
「そんなん私に言ったら、ただでは行かせへんでぇぇぇぇ」
と書いてあるコメントが楽しい。

私も旅行のお土産をくださった友達に
「お土産いらんから、行く前に言うてぇな」
と心の中で思うことがありますよ。
クリックすると元のサイズで表示します
この風景印は小島さんからです。
お二人さん、ありがとう〜〜〜!!
0

2007/4/22

思い込み  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

先日いただいた猫の人形を何気なく見て
「ん?」そして「え”〜〜〜〜!!」となった。

「違う!ちがう、ちがう!」
実物を見て描いたつもりなのに
全く間違っていたことに気がついた。

思い込み、その1
招き猫は涎かけ(そうなの?)をしているものと思った。
・・・なのにこの猫は腹がけをしている。

思い込み、その2
腹がけといえば「金」という字が書いてるものと思っていた。

それでこの猫を描くとき腹がけに「金」と書いたが
実際の猫には「福」と書いてある。
「アチャ〜〜〜〜〜!」御礼状に描いた猫は
金太郎腹巻で送っちゃった〜〜〜〜
(4月18日参照)

エイッ!!もう破れかぶれだぁ〜
金太郎腹巻をして、ついでに桃太郎鉢巻もして
熊退治に行くぞ〜〜エイ!エイ!ォオオオォ〜〜〜!!
0

2007/4/21

今日の予定  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

朝刊を見たとき今日の予定が決まった。
「御宿かわせみ」の掲載された本の発売日だ。
急いで家事をすませて本屋さんへ行こう!
UPも朝のうちに済ませておこう。

というわけで今日の絵手紙もアネモネ。
画仙紙はがきにダーマートと願彩で。
0

2007/4/20

また嬉しい絵手紙  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

嬉しい絵手紙が届いた。
バラの花の絵に添えられた言葉は

  「あなたに似ている」

「え?!」「うっそぉ〜〜〜!!」
と思ったものの、すぐそのあとでニンマリとする。

いやあ〜〜〜
絵手紙の醍醐味でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の絵手紙はアネモネかな?
クリックすると元のサイズで表示します

いただいた花の形が
とっても素敵だったので
ワトソン紙に描いてみました。

スキャンしてみて「え?」と思ったので
デジカメで撮り直してみたのが
左の画像です。
下手を再確認するだけかもしれませんが・・・
0

2007/4/19

スケッチ  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

このたび仲間に入れていただいた三好の人たちは
わずかな時間と、絵手紙に好適なスポットがあれば
クリックすると元のサイズで表示します



すぐさま道具を出して
描く、かく、かく・・・


クリックすると元のサイズで表示します


描く、かく、かく・・・・

(手を休めている人は
もう描き終わった人です。)

クリックすると元のサイズで表示します


・・で、刺激されたわが夫も描く。




クリックすると元のサイズで表示します




  ・・描く・・・・・






・・・・・・え?私?
???????????????????????????????
???????????????????????????????  

クリックすると元のサイズで表示します

キャハッ!!!この程度・・・・・・・・・
0

2007/4/18

嬉しい絵手紙  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

ふんわりさんから絵手紙をいただいた。
クリックすると元のサイズで表示します

↑これが彼女からの絵手紙だが、
受け取ってすごく感動した。
この絵のお地蔵さまは常滑で彼女がスケッチしたもの。
言葉は杉本美術館から見つけてきたもの。

同じ行動をしたのに私はスケッチもしてないし
この言葉も見つけられなかった。
彼女の行動力と感性は素晴らしい!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
表には風景印をお願いしてくださってあり
さらには杉本美術館のスタンプも押してある。
優しいコメントももちろん書き添えてあって
はがきの両面から彼女の心遣いがあふれ出ている。

なんと暖かい絵手紙だろうと
私の中の書きたい気持ちがむくむくと頭をもたげてきた。
ふんわりさん、ありがとう!

さて私の絵手紙は、お土産にいただいた
「果報は寝て待て」というタイトルの猫。
金太郎の腹がけをして眠りながらも
招く手つきを忘れていない勤勉な猫だ。

でも、私は寝て待ってなんかいられません。
絵手紙描いて素晴らしい出逢いを招くぞ〜〜〜〜〜!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ