2017/7/31  23:17

安中市の公立碓氷病院で不正行為?・・・有給休暇の不正取得や診療報酬の不正受給に疑念  茂木市政

■市民オンブズマン群馬では身障者虐待や介護保険不正受給など福祉関連の活動も手掛けておりますが、この度、医療関連にも関わることになりそうです。最近、安中市の公立碓氷病院を利用する方から当会に寄せられた情報によりますと、診療技術部(吉田部長兼医師)の傘下にあるリハビリテーション室を巡り、リハビリ療法実施等を受けた覚えがないのに、施療を受けたことになっている可能性があるため、調べてほしいという依頼がありました。そのため、実態について極秘裏に調査を行っていたところ、次の事実が判明しました。
クリックすると元のサイズで表示します
地域医療の拠点として先駆的な役割を果たしてきた公立碓氷病院。

続きを読む
7

2017/7/27  23:58

記者クラブと県幹部との懇談会への参加職員らに社会参加費返還を求める住民訴訟第1回口頭弁論の模様  県内の税金無駄使い実態

■かつて官官接待や出張費水増しを恒常的に行っていた群馬県ですが、オンブズマンの指摘を契機に一旦収まったかに見えても、やはり茹でガエル現象なのか、不正の温床となった会議費や食糧費について、群馬県は全国的にも他に例を見ない「社会参加費」という名称で、部長未満の職員らの公費による飲み食いに再び拍車がかかっています。

続きを読む
0

2017/7/26  23:52

一般県民の相談者を専門に盗聴・盗撮する群馬県庁の実態のビデオ録画映像で分析継続  県内の税金無駄使い実態


■5月29日(月)15時に当会の大河原宗平・副代表のもと、総勢4名の会員で、県庁14階にある介護高齢課を訪問した際、介護高齢課の職員らと協議中に、隣の部屋(ブース)で、マイクを胸に仕込んだ県職員らが、こっそりと盗聴していることが発覚しました。その際に当会副代表が録画した映像を見ていたかたから、次の情報がありました。「映像の11分23秒から11分25秒のところを一時停止してみてください。別のマスク職員が覗き見や盗み聞きをしている様子が確認できます」というものです。さっそく、皆さんも確認してみてください。
○2017年5月29日撮影。当会副代表ら会員4名が群馬県庁健康福祉部介護高齢課を訪問し打合せをしようとした際に、隣の会議ブースで学事法制課行政対象暴力対策係の職員ら3名が盗聴していた様子を収めた映像です。
https://youtu.be/CqIbgp2Z5-g
続きを読む
1

2017/7/25  23:56

東電の毒牙から赤城山と県土を守れ!…7月18日に第3回弁論準備として開かれた前橋バイオマス補助金訴訟  東北関東大震災・東電福島原発事故


■情報によると、東電グループの関電工を事業主体とする前橋バイオマス発電施設は、群馬県が定めた環境アセスメントを行わないまま、今年内に竣工し、来年1月から運転開始を予定しているといわれています。放射能汚染木材を毎年8万4千トンも集めて燃焼させることから、県民の間からは放射能二次汚染に伴う懸念や不安の声が起きていますが、肝心の群馬県や前橋市の行政は関電工ら事業者らと癒着して、環境アセスメントを免除したうえに多額の補助金までつけてやるという、とんでもない非常識ぶりを平然と行っています。そうした背景のもとで、当会は地元住民団体とともに、発電施設に隣接する木質チップ製造施設に対する補助金交付の「差止」もしくは「処分の取消」を求めて訴訟を2016年7月15日に提起しました。

続きを読む
0

2017/7/24  23:09

若宮苑不正給付事件…一向に打開策を示さぬ高崎市・県の対応を当会会員が社会保障審議会へ公開書簡で報告  高崎市の行政問題

■高齢化社会を迎えて介護保険制度の重要性はますます認識されてきています。ところが、偽造されたケアプランを提出しても行政が税金から介護報酬を支払われるとしたら、介護保険制度の信頼性は根幹から瓦解してしますでしょう。当会会員は実際に自らの親族の介護を通じでそうした事実に直面しました。そのため、何とかこの事実を行政に認めてもらい、介護保険制度の健全な維持管理を確かなものにするために、現在前橋地裁で高崎市と若宮苑を相手取って民事訴訟を係争中です。
クリックすると元のサイズで表示します
20170725njql.jpg
本事件で被害に遭ったご高齢者からの、ケアプランを正しく作成してほしいと願うメッセージ。

続きを読む
1

2017/7/19  23:12

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…7月7日第5回口頭弁論を踏まえた仕訳表と原告準備書面(4)  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の電子情報工学科を舞台に発生した陰湿極まるアカデミックハラスメント(アカハラ)事件。この忌まわしい事件に関連する情報公開請求に対して、群馬高専側が存否応答拒否を含む完全不開示決定をしたため、当会は異議申立てを経て1年ほどかかってようやく群馬高専側の存否応答拒否を引っ込めさせました。そこで再度、群馬高専側にアカハラに関する情報開示請求をしたのですが、またもや全面不開示処分とされてしまいました。当会は現在、群馬高専の上級機関である国立高等専門学校機構を被告として、不開示処分取消請求のための行政訴訟を行っています。その第5回口頭弁論が、2017年7月7日(金)14時25分から東京地裁5階の522号法廷で開かれ、7月14日(金)に、被告が口頭でコメントした結果をまとめた仕訳表(ヴォ―ン・インデックス)が東京地裁からFAXで当会事務局あてに送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
地裁から送られてきた仕訳表。


続きを読む
3

2017/7/18  23:24

来庁する一般県民を盗聴・盗撮する群馬県がよこした情報不存在通知に対して再度開示請求提出  県内の税金無駄使い実態


■介護サービスを巡るケアプラン偽造疑惑で高崎市による若宮苑への不正給付事件を追及している当会会員とともに当会副代表らが2017年5月29日(月)15時に県庁14階にある介護高齢課を訪問して相談しようとした際に、隣のブースで群馬県職員らが無断で相談内容を盗聴していた件が発覚したのを契機に、当会は、群馬県庁を訪れた一般県民に対する行政対応の実態を明らかにすべく、調査を継続しています。その一環として、当会では2017年6月29日付けで次の内容の公文書開示請求書を群馬県知事に提出しましたが、7月11日までに学事法制課、介護高齢課、管財課から公文書不存在決定通知が到来しました。理由は「盗聴・盗撮はしていない」というのです。そのため、当会では7月例会で会員諸兄にこの件について諮ったところ、次の内容で再度公文書開示請求をすることに決定し、7月18日付で群馬県知事に提出しました。

続きを読む
1

2017/7/17  23:08

大盛況のうちに終了した今年2017年の台湾フェアin群馬  国内外からのトピックス

■群馬県台湾総会と群馬県が共催の台湾フェアin群馬は、7月15日(土)と16日(日)にかけて県庁前の昭和会館の1、2階で開催されました。炎天下の猛暑にもかかわらず会場にお越しいただいた大勢の皆様、誠にありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
2日目の朝、来場者を待つ台湾茶体験コーナー。

続きを読む
1

2017/7/16  7:54

楽しさテンコ盛り・・・大盛況の台湾フェアin群馬の初日  国内外からのトピックス

■朝から気温があグングン上昇するなか、県庁前の群馬会館1、2階で台湾フェアin群馬が開催されました。本日2日目も引き続き開催しておりますので、どうぞ奮ってご来場ください。
クリックすると元のサイズで表示します
オープニング直前まで準備に余念のない会場内。

続きを読む
3

2017/7/15  8:23

昨年大盛況だった台湾フェア・・・今年もご要望に応えて7月15・16日に群馬会館で開催決定!  国内外からのトピックス

■昨年7月8日〜10日にかけて、群馬県で初めての「台湾フェアin群馬」を県庁1階ホールで開催したところ、3日間で1万人の来場者を達成し、「台湾」の名は群馬県内に大きなブームを巻き起こしました。その後、沢山の県民の皆様から「今年も台湾フェアは開催されますか?」という声が沢山寄せられました。昨年のイベントの様子は次のブログをご覧ください。
〇2016年7月10日:7月8日(金)〜10日(日)に県庁1階県民ホールで「台湾フェアin群馬」が開催されます!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2027.html#readmore
〇2016年7月12日:台湾フェアにお越しくださった1万人余りの皆様に厚く感謝もうしあげます。
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2087.html#readmore
クリックすると元のサイズで表示します
今年の第2回台湾フェアin群馬のポスター

続きを読む
3

2017/7/14  23:17

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・7月7日第5回口頭弁論の模様  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の電子情報工学科を舞台に発生した陰湿極まるアカデミックハラスメント(アカハラ)事件。この忌まわしい事件に関連する情報公開請求に対して、群馬高専側が存否応答拒否を含む完全不開示決定をしたため、当会は異議申立てを経て1年ほどかかってようやく群馬高専側の存否応答拒否を引っ込めさせました。そこで再度、群馬高専側にアカハラに関する情報開示請求をしたのですが、またもや全面不開示処分とされてしまいました。当会は現在、群馬高専の上級機関である国立高等専門学校機構を被告として、不開示処分取消請求のための行政訴訟を行っています。その第5回口頭弁論が、2017年7月7日(金)14時25分から東京地裁5階の522号法廷で開かれました。
クリックすると元のサイズで表示します
7月7日の東京地裁。昼下がりの暑い日差しが照り付ける。

続きを読む
3

2017/7/13  23:33

来庁する一般県民の相談者を盗聴・盗撮する群馬県への情報開示請求に対して県知事から届いた不存在通知  県内の税金無駄使い実態


■介護サービスを巡るケアプラン偽造疑惑で高崎市による若宮苑への不正給付事件を追及している当会会員とともに当会副代表らが2017年5月29日(月)15時に県庁14階にある介護高齢課を訪問して相談しようとした際に、隣のブースで群馬県職員らが無断で相談内容を盗聴していた件が発覚したのを契機に、当会は、群馬県庁を訪れた一般県民に対する行政対応の実態を明らかにすべく、調査を継続しています。この件は、これまでの次のブログをご覧ください。
〇2017年6月13日:【大河原報告・続々続報】来庁する一般県民の相談者を専門に盗聴・盗撮する群馬県庁の監視カメラの実態等
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2342.html#readmore
〇2017年6月2日:【大河原報告・続報】来庁する一般県民の相談者を専門に盗聴・盗撮する群馬県庁の組織的体質が明らかに
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2328.html#readmore
〇2017年5月31日:【大河原報告】偽造ケアプランで不正支出された税金の回収要請をしようとした当会会員らを県職員が盗聴・盗撮
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2325.html#readmore

続きを読む
2

2017/7/12  23:38

若宮苑不正給付事件…オンブズマンの要望書に見解を示さぬ県知事に当会会員が直接要望書を提出  高崎市の行政問題

■高崎市の若宮苑を巡る補助金の不正給付を巡り、市民オンブズマン群馬名義で要望書を出しても、群馬県知事は弁護士をつかって、名誉棄損で損害賠償のリスクをちらつかせる発言をオンブズマン代表に伝えてくるだけで、なにも動こうとしません。そのため、この問題を追及している当会の会員は、あらためて自らと親族の名義で、名誉棄損と損害賠償のリスクを100%受け入れる決意を以って、直接知事宛てに要望書を出状し、併せて介護関連施設あてに写しを出状したことを、当会事務局に伝えてきました。

続きを読む
5

2017/7/11  23:14

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…環境アセス不要の根拠文書不存在訴訟で7月5日第4回口頭弁論開催  東北関東大震災・東電福島原発事故

■周辺住民の意見に耳を傾けようともせず東電グループの関電工が前橋市内の赤城山南麓で強引に建設中のバイオマス発電所では、その手続きの過程で行政との癒着が次々に明るみに出ています。その極め付きのひとつは群馬県環境影響評価条例で群馬県が関電工に環境アセスメント実施対象の適用外だとして、本来は排ガス量の観点から、アセスメント実施を義務付けなければならないのに、「アセスをやるかどうかは業者の判断次第だ」などと業者任せにしており、県民の生活環境等を守る責務を自ら放棄してしまいました。ところが一方で、関電工は地元説明会で、「環境アセスは群馬県との協議で不要だとされた」としており、両者の言い分が180度異なります。
続きを読む
2

2017/7/10  23:03

若宮苑不正給付事件・・・当会の要望書に対して未だに見解を示してこない県知事と代理人弁護士の「警告」  高崎市の行政問題


■高崎市の若宮苑に係る介護保険に基づく介護報酬の支出を巡る不正支出事件で、偽造されたケアプランの有効性について一向に見直そうとしない高崎市の福祉行政の姿勢に疑問を抱いた当会会員は、平成28年から2年越しで、法廷での決着を目指して係争中です。高崎市の福祉行政の歪みを表しているこの事件では、市民オンブズマン群馬としても注目しており、一向に反省の色が見えない高崎市に加えて、介護報酬の一部を負担する群馬県に対して、ルールに定められた措置を毅然ととるように、6月19日付で次の内容の要望書を出状し、県知事のこの事件に関する見解を求めました。

続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ