2017/8/31  23:37

行政部署における「戦略」という名称の持つイメージについての考察  国内外からのトピックス

■行政部署の名称で「戦略」を使っている事例をよく見かけます。しかし漢字の国である台湾の人にとって、日本の役所でやたらと「戦略」を多用している現状に首を傾げる向きもあります。なぜなら、戦略というのは「戦争・闘争のはかりごと。戦争の総合的な準備・計画・運用の方策」という意味だからです。英語の「strategy」の場合は、「特定の目的に対する枠組みや方向性」という意味なので、「戦略」というより「方策」という漢字がピッタリします。おそらく英語の「strategy」という意味合いで「戦略」という名称を役所の部署名に冠しているのでしょうが、妙な誤解を招きかねないため、役所の部署名からは「戦略」という言葉を避けたほうがよいようです。

続きを読む
0
タグ: 戦略 strategy 行政

2017/8/30  23:25

若宮苑不正給付事件…関弁護士を代理人とした理由について黒塗りだらけ委任状のみ開示した介護高齢課  高崎市の行政問題

■高崎市の若宮苑を巡る補助金の不正給付を巡り、市民オンブズマン群馬では、群馬県の介護高齢課が石原・関・猿谷法律事務所の関夕三郎弁護士を代理人として、この事件の対応を委託したことを知らされました。この事件は、当会会員が高崎市を相手取って係争中ですが、群馬県は直接当事者ではありません。なのに、なぜ弁護士を代理人として起用し、業務委託をしなければならないのか、その理由を探るべく当会は公文書開示請求を行ったところ、2017年8月23日(水)午後2時過ぎに県庁2階の県民センターで部分開示を受けました。
クリックすると元のサイズで表示します
県がよこした公文書部分開示決定通知書。開示日が8月21日(月)10:00からとなっているが、当会の都合で同23日午後2時過ぎに変更。

続きを読む
3

2017/8/30  0:16

館林市内に不法投棄されたスラグ状物質…造成等土地絡み利権で発揮されるスラグ・ヘイブン群馬県  スラグ不法投棄問題

■2017年7月3日昼過ぎに当会の館林市在住の支部長の会員からの報告で始まった館林市内赤生田町の小川沿いの湿地帯におけるJFE千葉工場が搬出しゴミ溶融スラグ問題。群馬県ではなぜこうもスラグ絡みの事件が多発するほか、ただただ呆れるばかりですが、その温床は県行政にあると当会では見ています。館林市支部長の当会会員は、この問題について群馬県にも通報しましたが、群馬県廃棄物・リサイクル課不法投棄対策係では、なぜか土砂でない溶融スラグの持ち込みについて問題視をしようとしません。そのため当会会員はこの件についてその後の経過をブログで報告し続けています。その情報をもとに、群馬県におけるスラグ問題の根深さを検証してみたいと思います。

続きを読む
0

2017/8/29  12:11

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…被告準備書面4を踏まえて原告準備書面(5)を東京地裁と被告に提出  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の電子情報工学科を舞台に発生した陰湿極まるアカデミックハラスメント(アカハラ)事件。この忌まわしい事件に関連する情報公開請求を2015年6月26日に提出してから既に2年以上経過しました。当会は現在、群馬高専の上級機関である国立高等専門学校機構を被告として、不開示処分取消請求のための行政訴訟を行っています。その第6回口頭弁論が2017年9月1日(金)15:00から東京地裁5階522号法廷で開催されます。先日8月18日付で、被告の訴訟代理である弁護士事務所から準備書面(4回目に相当)が原告に郵送されてきました。僅か2頁の準備書面には驚かされましたが、それに対する反論として、当会は8月24日付で原告準備書面(5)を簡易書留で東京地裁及び被告訴訟代理人法律事務所に郵送しました。被告の準備書面4は次のブログをご覧ください。
○2017年8月21日:アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…大枚はたいて弁護士を起用し僅か2頁だけの被告準備書面4が到来
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2388.html

続きを読む
6

2017/8/29  10:04

早朝の静寂を破る北朝鮮ミサイル飛来と群馬県でも初のJアラート  国内外からのトピックス

■本日早朝、時ならぬスマホや携帯のアラームに加えて、家の近くの防災無線から普段聞きなれない警報音が飛び出し、多くの方たちが朝の眠りから覚めたのではないでしょうか。安中市のメール配信サービスでも次のメッセージが送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
早朝、Jアラートを聞いてテレビをつけると全チャンネルがこの画面表示となった。

続きを読む
1

2017/8/28  23:15

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…前校長の現在籍部署に係る問合せにダンマリ続ける文科省人事課  群馬高専アカハラ問題

■苛烈なアカハラ事件のあった群馬高専の前校長だった西尾典眞氏が突然2017年3月末で校長職を辞し、古巣の文部科学省に戻ってから約5カ月が経過しようとしています。現在当会では、なぜ官僚が群馬高専という国の教育機関のトップにいとも簡単に就任できたのか、その経緯と背景を把握すべく、校長職への選考過程に関する情報開示請求を文科省と国立高等専門学校機構の双方に提出中です。
クリックすると元のサイズで表示します
群馬高専の2017年(平成29年度)学校要覧P8より抜粋。

続きを読む
2

2017/8/27  23:24

若宮苑を巡る高崎市の不正給付隠蔽…当会の公開質問状を黙殺する高崎市が当会会員の開示請求に非公開決定  高崎市の行政問題

■若宮苑の偽造ケアプランに対する不正給付を未だに認めるどころか、逆に隠蔽し続けている高崎市の福祉行政については、これまでも当会会員からの報告をお伝えしてきています。このほど当会会員が、隠蔽に係る行政文書の開示を高崎市長に請求したところ、高崎市から行政文書非開示決定通知が送られて来たとの連絡が当会事務局にありました。当会会員は「高崎市はさらに隠蔽体質を強めている」として、近日中に、「高崎市の適正な事務事業の遂行が分かる情報」について、高崎市長に対して開示請求を行い、同市の隠蔽体質を問いたいと話しています。
クリックすると元のサイズで表示します
2017年1月30日付の当会幹部連名による高崎市長あて公開質問状。まもなく7か月が経過するが未だに回答がない。
PDF ⇒
20170130j.jpg

続きを読む
0

2017/8/25  17:35

【詳報】大同有毒スラグを斬る!…大同スラグ処分場の地下水汚染報道から見えてくるポイントを整理  スラグ不法投棄問題

■長年にわたり大同特殊鋼から排出された鉄鋼スラグや汚泥など製鋼副産物が埋め立てられていた処分場の下方の地下水から、環境基準を大幅に上回る猛毒物質が検出されたことが2017年8月24日の朝日新聞で報じられました。まずはこの記事の内容を検証して見ましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2017/8/24  0:41

【速報】大同有毒スラグを斬る!…処分場地下水汚染!やはり廃棄物で捨てたじゃないか?他の所はどうなる?  スラグ不法投棄問題

■2015年9月群馬県が廃棄物に認定した大同有害スラグについては、産業廃棄物に認定されたものの、撤去などの廃棄物処理法に基づいた対策はほとんど実施されていません。その大同有害スラグが埋め立てられた最終処分場が渋川市にあり、この処分場の地下水が猛毒物質で汚染されているというニュースが今朝報じられました。速報でお届けします。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
1

2017/8/24  0:31

東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…貯木場に関する当会の公開質問状に対して回答拒否をした群馬県知事  東北関東大震災・東電福島原発事故

■東電グループの筆頭企業である関電工による放射能汚染間伐材等を燃料源とした前橋バイオマス発電計画では、木質チップ製造工場を発電施設に併設しますが、当初計画になかった貯木場が、発電施設の近くに突然造成されるなど、集材ステーションとなるべき貯木場設置は不透明な事柄だらけです。そのため当会では、群馬県知事に対して次の内容の公開質問状を2017年8月4日付で提出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
貯木場の現況。2017年8月6日撮影。以下同様。




続きを読む
0

2017/8/23  23:38

若宮苑不正給付事件…「施設サービス計画未作成でも介護報酬を支給する」との画期的見解?を示唆した高崎市  高崎市の行政問題

■高崎市のデタラメ介護保険の運営実態については、当会会員の母親が若宮苑に入所した際にケアプランを偽造された事件の背景や経過を主体に、当ブログで従前よりご報告しているとおりです。この度、当会会員から新たに寄せられた情報は、当会会員が高崎市情報公開条例に基づき「施設サービス計画未作成」に関する不正給付事件について、情報開示を求めたところ、驚愕の情報が得られたというものです。すなわち、高崎市長は、「ケアプラン未作成でも介護報酬を支給する」という驚くべき情報だというのです。これが事実とすれば、看過できない事態です。さっそく寄せられた情報を見て見ましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
高崎市が若宮苑に対して2016年3月10日付で通知した第311-7号「苦情等に係る介護保険施設等の実地調査の結果について(通知)」。この1(3)に「平成27年9月18日から10月15日までの施設サービス計画が未作成であった」と記されている。
PDF ⇒ 3117.pdf

続きを読む
0

2017/8/23  1:15

若宮苑不正給付事件…介護保険法の情報請求に対し1.5月の開示延長を通知した県介護高齢課のプロ意識度  高崎市の行政問題

■当会会員からの報告によると、2017年8月8日付で群馬県知事あてに「介護保健法の規程において次の条文があります。『都道府県は、介護保険事業の運営が健全かつ円滑に行われるように、必要な助言及び適切な援助をしなければならない。』上記の条文は、介護保健法の第何条の何項に規定されている条文なのか分かる情報。」についての公文書開示請求をしていたところ、同8月21日付けで開示決定等の期間延長通知書が届いたそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
8月21日午前9−12時消印の群馬県介護高齢課からの開示決定等の期間延長通知が同封された速達郵便封筒。

続きを読む
0

2017/8/22  23:03

若宮苑不正給付事件…関弁護士を代理人とした理由に係るオンブズマンの情報開示再請求に群馬県が部分開示決定  高崎市の行政問題

■高崎市の若宮苑を巡る補助金の不正給付を巡り、市民オンブズマン群馬では、群馬県の介護高齢課が石原・関・猿谷法律事務所の関夕三郎弁護士を代理人として、この事件の対応を委託したことを知らされました。この事件は、当会会員が高崎市を相手取って係争中ですが、群馬県は直接当事者ではありません。ただし、介護保険の補助金の一部を管理していることから、当会会員は、この不正給付事件について、監督官庁の立場から、群馬県にもアクションを起こすように促しています。

続きを読む
1

2017/8/22  22:01

県立県民健康科学大学でまたもアカハラ事件?・・・学生2名減の事情等に係る情報開示でオンブズマンが学校訪問  オンブズマン活動

■2年5カ月前、セクハラ事件が明るみにでた群馬県立健康科学大学の診療放射線学科ですが、このときは2015年3月27日付で原因者の准教授が停職3カ月の懲戒処分を受けました。その後、成りをひそめていたと思われていた同校診療放射線学科におけるアカハラ問題ですが、昨年4年生1名を含む2名の学生がいなくなったことや、同学科幹部による教職員や学生に対するアカハラ行為の疑惑が浮上したため、当会は2017年6月8日に同校の高田邦昭・学長宛に情報開示請求をしました。その結果8月17日(木)午後2時20分に開示(ただし一部不開示ないし非開示を含む)を受けました。開示された資料は次のとおりです。
○2017年6月8日:県立県民健康科学大学でまたもアカハラ事件?・・・学生2名減の事情等を確認すべく学校に情報公開請求
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2338.html
○2017年7月1日:県立県民健康科学大学でまたもアカハラ事件?・・・学生2名減の事情等確認の公開請求に学校が開示を先送り
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2351.html
○2017年8月10日:県立県民健康科学大学でまたもアカハラ事件?…学生2名減の事情等に係る開示請求に学校側がやっと決定通知
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2381.html

続きを読む
0

2017/8/22  0:19

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…西尾前校長選任過程に係るオンブズマンの情報開示請求を機構が受理  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の電子情報工学科を舞台に発生した陰湿極まるアカデミックハラスメント(アカハラ)事件では、当会として、群馬高専及び上級機関である国立高等専門学校機構の情報隠蔽体質を改善すべく情報非開示処分取消訴訟を提起しており、次回第6回口頭弁論は2017年9月1日(金)15:00から東京地裁5階522号法廷で開催予定です。一方、アカハラ事件が放置され、被害が深刻化した要因として、西尾典眞・前校長の消極的な対応が指摘されていますが、教育者でもない文科省の官僚がなぜ高専のトップに就けるのか、その選考過程をチェックすべく、当会では8月14日(月)に機構の本部と文科省の本省を訪れ、文書開示請求書を提出しました。
○2017年8月14日:アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・西尾前校長の選任過程等を機構と文科大臣宛に情報開示請求
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2383.html#readmore

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ