2014/9/18 | 投稿者: まこ

まぁ様
まさかの
津軽弁

宝塚歌劇 宙組 全国ツアー公演
『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』を観劇してきました。

今回は我が家の長女(小学一年生)と一緒なので、
学校が終わってから、夜の部を観劇。

長女は今回が宝塚初観劇です。
家でスカイステージを見たり(まちがいなく私の影響
映画館でもおとなしく鑑賞できるので(最後にみたのは『シュガーラッシュ』)
本人も観劇する気マンマンで大丈夫だろうと思いまして。

やたらテンションが高くて
会場に着くまではしゃいでいたのですが、
いざ幕が開いたら涙目に。
会場の雰囲気に慣れるまで手を握っていたら
すぐにベルばらの世界に夢中になったようで
真剣に観劇していました。

さて肝心のお芝居ですが。

プロローグで「ごらんなさい♪ごらんなさい♪」で
ああ〜これこれ
ベルばらはじまるわ〜ってソワソワしていたら
後方に座っていらしたおばあさまから
「本当にお人形みたいだわ〜」って心の声が漏れていました。
私もそう思います。

わたしは今回初めてフェルゼン編を見たのですが
まぁ様本当に素敵です。
王宮の運河の場面は切なくて切なくて…
まぁ様格好良すぎなので終始ボーっとしてしまいました。

みりおん様のマリー様がマリー様すぎて。
断頭台に向かう最後の最後まで気品に満ち溢れていて。
お歌も素敵で、本当にうっとりしてしまいました。

かいちゃんのオスカルも麗しい〜
そしてアンドレの蒼羽りくさん
本当に格好良かった
ステージのどこにいても目で追いかけてしまって。
ちなみにスチール写真ですが、蒼羽りくさんのアンドレが売り切れていました。
なかなかキャトルレーヴに行けないんだから、
せめて品切れにしないで欲しかったな・・・TдT

フィナーレ。

ロケットのお衣装が可愛いハートx2
前回の月組のは違うバージョンだったので
このロケットダンスが見れてうれしい

バラのタンゴの場面。
バリッバリキザってました
掛け声が「青森!」「ラッセラー!」「ねぶた!」
もう会場大盛り上がりです。

愛の柩の場面
かいちゃんがバチコーンってウインクしててキャーってズキューンってなりました。
隣に娘が座っていることを思い出し、すこし冷静になりました。

そのあとのまぁ様とみりおんちゃんの愛の賛歌
お芝居は悲しい結末だけど、デュエダンは幸せそうでよかった

男役さんの燕尾は本当に素敵!
もうまぁ様の御御足がどこまで上がるのかとか
男役さんのビシッビシッとキザるところとか、
もう本当にありがとうございますって思いました。

パレードがはじまると
うれしいけどもう終わっちゃうの?終わらないで!って気持ちになって寂しいのですが、
エトワールのみりおんちゃんが「青きドナウの岸辺に〜」って歌ってて
好きな歌だったのでうれしかったです。

カーテンコールでまぁ様からのご挨拶。

『本日はご観劇くださりありがとうございました。
みんな〜、たのしんでもらえたべか?
明日は大館での公演になります。
本拠地宝塚にも是非お越しください。
まってるはんで〜』
(当時の私が興奮しすぎて、多少事実と違うところがあるかもしれませんが・・・)
イントネーションばっちり。さすがジェンヌ。
なんかこうやって方言言ってくれるとうれしいハートx2
最後の最後まで大盛り上がりでした

長女に感想を聞いてみると
「たのしかった!かっこよかったし、あのドレス着たいなあでも重いのかなあ」とのお答え。
お母さんもそう思ってたよ

日記読み直したら素敵しか書いてない・・・
でも本当に素敵以外の言葉が見つからないのよ。

今年は宝塚観劇できないと思っていたので、
青森で公演してくれて本当にうれしかったですハートx2
いつか宝塚に行ってみたいなあ
0

2013/11/10 | 投稿者: まこ

ところで、昨日の話ですが、弘前公園にもみじ狩りに行ってまいりました。

いつも開催期間ギリギリにいくのが我が家クオリティ。
午前中はいろいろ用事があったため、自宅を出発したのは夕方。
弘前に着く頃には辺りはすでに真っ暗でした。

充分厚着したつもりだったのに、寒かった・・・。
でもでもその寒さを帳消しにするくらいの紅葉の美しさ!
自前のiPhone(しかも4s)で撮影を試みる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

私の撮影センスが無いのか、寒さで手が震えてブレたのか或いはその両方なのか
実際は写真以上に綺麗でした。本当だよ!

前回は桜を観に来ていたのに、もう秋なんだなあ・・・。
明日は雪が降るっていうし、時間が経つのは本当にあっという間。

10月は本当に散々だったんだよ。
車のスライドドアで指を挟めて骨折とかさ・・・
わたしもう33歳なのに・・・
いつになったら落ち着いたミセスになれるの?

あー、タイヤ交換しなくちゃ。
1

2013/9/10 | 投稿者: まこ

今日は八戸市公会堂へ宝塚歌劇雪組公演を観劇してきました

今回は恐ろしい席だった…

友会からきたメールには
座席:1階ひ列2●番
ってあったので

(´ー`)。o〇○(今回はひ列か〜。結構後ろなのかなあ)ってのんきに座席表みたら

まさかの最前列

しかも

まさかのドセンター

  ( ゚д゚)

  ( ゚д゚ )

((((((((;゚д゚ )))))))

飛び上がりたいくらいうれしいのはもちろんだけど、
なぜか申し訳なさといたたまれない気持ちに。
こんなちんちくりんが正面にいたら、
雪組の皆さんに申し訳ない…とか
わけのわからない精神状態に。

でもこんなチャンスはもう一生ない!と思い、
前回東宝に月ロミジュリを一緒に観にいった友人を誘って行ってきたのです。

『若き日の唄は忘れじ』。
とても素敵なお芝居でした。
特に壮一帆さん演じる文四郎が父の遺体を運ぶシーンは圧巻でした。
群集の冷たい仕打ちに耐え、ひとり大八車を引く文四郎。
そんな文四郎を見て、一緒に大八車を引こうとする愛加あゆさん演じるおふく。
最後の二人だけのお芝居も切なくて…思わず泣いてしまいました。
あと。未涼亜希さんの武部がイケメンすぎてひいた。
傘を開く仕草とか刀の扱いとか、もはや歩いているお姿だけで
いちいち心の中で「ギャー!」って叫んでいました。
スカピンのショーヴランといい、黒い役にはまってしまうのは仕様なのか…。

『ナルシス・ノアールII』
大人っぽいしっとりとした印象のショーでした。
壮さんが客席降りの際に、ちょっと躓いて体制が崩れてヒヤっとしましたが、
すぐに立て直していてさすが!と思いました。
壮さんのヤバっからのテヘペロ顔にキュンキュンしてしまった…。
そして目の前を華麗に歩かれたのですが、その際に友人が握手してもらってました。
終わったあとに感想を聞いたところ、「すべすべでひんやりしてた…」そうです。
いいなあって言ったら友人が握手してくれました。
ちょっと複雑な気持ちになりました。

未涼亜希さんてさ…噂に違わず本当にうたうまさんでした。いや、うたうまさま。
なんであのお声を聞いてみんなは正気でいられるの?

夢乃聖夏さんが一人で歌われる場面では、
最後に「八戸にきたぞー」的なことをおっしゃっていたのですが、
歓声で聞き取れず。無念。

ラインダンスは、これぞタカラヅカ!って感じでした。
男役さんのダルマとか、なんでこっちがテレるんだろ… (〃ノωノ)

あゆっちさん、お声が綺麗で歌もお上手なのでうっとり聞き入ってました。
娘役さんのスカートさばき、キレッキレでした。

今回はうたうまさまばかりで終始うっとり。
壮さん、あゆっちさん、まっつさん、ともみんさんを見るのに目が足りない〜
そして今回のお芝居、ショーとも彩風咲奈さんがキラキラ目立っていたなぁ。

でもねー、私、きっとずっと目が泳いでたわ。
基本正面に来たジェンヌさんをガン見なんだけど、
そのジェンヌさんがこっち側をふっと見たらギャーってなっちゃって。
命がまるで足りなかった…

最後に幕が降りた後、すぐに開いて
壮さんから一言ご挨拶がありました。
八戸に来ることができてとてもうれしく思っております的なことをおっしゃっていました。
13時公演なので一言だけでしたが、とてもうれしかった〜。
夜公演の方がもっとお話されたのかしら?

とまあ、いつものように言葉足らずでなんですが、今回も夢のようなひと時を過ごしました。
しばらくは観劇行けなそうですが、今日の思い出であと数日は幸せに過ごせそうです。
雪組の皆さま、ありがとうごさいました。
また青森に来てくださいね〜
0

2013/5/15 | 投稿者: まこ

最近、なんだか普通のブログっぽいこと書いてる気がするけど。

あー、もう、宝塚はまりすぎて辛い・・・
いままでいろんなことや人、モノにはまったけど、こんなに中毒性あるとは・・・。

でも一番辛いのは

ヅカファンが周りにいなくてヅカトークできないこと(涙)

まっ、そもそも人見知りで友達少ないのもあるんだけどさ

(´・ω・`)

それでも数少ない友人はわたしがヅカファンって知っているんだけど
「宝塚って、あの宝塚?」みたいな反応。
それは宝塚が云々ということではなくて、
どういう経由でファンになったの?どういうご縁で?ってことらしい。

そもそも、遠い、遠いのよ。宝塚が。
遠すぎてなじみがない。
全ツも2年に1回しか来てくれない(涙)

青森は民放が奇跡の3局しかないしね。
NHK総合、NHK Eテレあわせて5局だからね。
ただでさえ情報入ってこないのに、宝塚関連の番組なんてなおさら放映されません。

あと、やっぱり地理的な問題で。
遠くて気軽に観劇に行けない。
飛行機で青森−東京間は時間とお金がかかっちゃう。
まして、ムラ遠征なんて日帰りじゃ無理でしょ・・・。
あっ、でも待って
10:45青森発12:15伊丹着ってあるわ
早割り24,000円か・・・
でもこれ片道料金だからな…
帰りの便が問題だわ
3便しかなくて最終15:50発17:20着ってさ・・・
日帰りはどう転んでも無理か・・・。
みたいな妄想はよくします(・ω<)


だから自然と家族が犠牲になるわけで。
この前、とうとう言われたね。長男(小4)に。
長男「お母さん、もし宝塚に住んだらどうする?(ニヤニヤ」
私 「その手の妄想はもうすでに一通りしています(ドヤッ」
長男「えー・・・」
長男、なんとも言えない顔してた。
上記の会話を夫に報告したら、夫も長男と同じ顔してた・・・。

仕方が無いので『misty station』もっかい見てきます。
0

2013/5/9 | 投稿者: まこ

美髪の方なら持っていると思われる、桃の木櫛。
ずっと気になっていたのでこちらのサイトを参考にマイ櫛を作ってみました。

続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ