2006/3/1

ケアハウスその2  

ケアハウスに入居されているT子さんは
ご主人が戦死されて23歳で未亡人になられた。
その後再婚された相手も10年間連れ添って
お亡くなりになたっとか・・・・・
それから3人のお子さんを一人で育てられたそうだ。

オリンピックで金メダルを取る人生もあり・・・
T子さんのような人生もある。
クリックすると元のサイズで表示します

お辞儀した猫の置き物を描いてみた。
むずかしいよ〜〜〜〜〜
0



2006/3/2  20:30

投稿者:京子

チーコさん、今度行ったらT子さんに伝えておきますね〜〜
今日は季節を先取りした桜が届きました。
ありがとう〜〜〜
とっても明るい色でぱぁ〜〜っと華やかな気持ちになりましたよ。

ケアハウスにはほんとにいろいろな方がみえて、Rさんは
両親が亡くなって兄弟がばらばらに親戚に預けられ、それはそれは苦労をして大きくなった。
だからご主人が戦死されたときも、とても悲しかったけれど
子供のときのつらい体験があったので乗り越えてこれた。
子供たちが独立してからはずっと一人暮らしだったので
ケアハウスの暮らしは天国のようだ・・と。

そのような方たちの老後のささやかな楽しみに絵手紙で協力できることは、すばらしいことだと感じています。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/joyful/

2006/3/1  22:42

投稿者:チーコ

今日はありがとう〜
今日からベットの中で、楽しみができました。ケアハウスのT子さん・・・
私の母とよく似ていますね。
母は28で未亡人子供2人残し、連れっ子同士で再婚、一人親戚に預けて。35才でまた未亡人・・・二人増えて・・・そのすそが私。
大変だったようですよ〜今だったら母子家庭のお金がもらえるからね、戦争で死んだなら
遺族年金が入るのに、病気ではね〜
母は何の楽しみも無く、逝っちゃったな〜
でも行きたい所は、パパさんに連れて行ってもらったから、最後は喜んだかな?
T子さんんいよろしく・・・なんてね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ