ソフビブログ

電鋳槽より愛をこめて…ヴァイナル・オーバードーズの渦を抜けスローソフビライフを考究してみたりするブログ

 

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タコペッティ
>メガたぬきさん

こんばんわ。神話といっても
邪神系だろうか。確かに平成ウルトラは
平然とクリーチャー系のヤツとか
リトルグレイタイプの宇宙人まで
出てきて一気に成田デザインべースの
コンセプトから怪獣の外観として
間口を広げましたものね。ヨーロッパ
発祥の悪魔系の怪獣もいたような気がする。
同じマーミットさんのバスターバンクス
ダイのキャラだと思って話題にし、通り
過ぎていったアンちゃん2人組も居ました。
会場でアスタロスの反応を見ていると
千差万別。まるでキャラクターを見せて
ロールシャッハテストでも
観察しているようでした(笑)

成形色のレッドを
生かすのはこのキャラですと難しそう。
包みしかないだろうか。。。

サメクジラの写真は自分&メガたぬさんの
検討用にアングルに気を配りました(笑)。劇中でもあった2足歩行状態も再現した
仕様になったのはファンが一番こだわる
ところだろう、と配慮されたからのようで
うれしいですね。結構人気怪獣であるとの
感触もあったようなので、サメクジラの
ファンて多いんかもなあ。これでウルトラの
第二次までの最終回怪獣は
全部出たことになるカナ?

>女の人のソフビ
歓楽街の持つメランコリックな
場末感をくすぐるという意味ではソフビの
昭和感が良く出たアイテムではないで
しょうか。古道具屋のショーケースでも
見たことがあるんですけど不思議な隠微さが
ありますよね。メメメラとかFETISH−MODE
さんのソフビのルーツ的アイテム
みたいなものでしょうね。こういう変てこな
ものを見つけ感受性をくすぐられるのも
スーフェスの持つ闇鍋パーティー的
醍醐味って気がします。


投稿者:メガたぬき
アスタロスは良いですね〜
丁度翼のバランスもとれていて、
正統派神話モンスター(?)といった感じ
なのですが、これがバトラとかスフィンクス
の並びにあると平成ウルトラ怪獣にも見えて
きて、なんか不思議です。
赤色の成型色に彩色するとなると、意外と難しそうですね。やっぱりメタリックカラー主流で包んで成型色がチラッと見えるとかそういう塗装パターンが合いそうな気が。

サメクジラは裏側をみることが出来て、自分的に確信が持てました(笑)。こういう遊び心のあるトリッキーなソフビが増えるといいですね。

しかしスーフェスっていろんな物がありますね〜
女の人のソフビなんて、どっかの国のネオンライトでクラクラしそうな横町の露店にさりげなく並べられているようなイメージがあります。

http://moon.ap.teacup.com/megamegatanuki/
投稿者:タコペッティ
>ともっぺさん

ただ普通にふき取るだけだと
風合いが出にくいんですよね。
根幹の部分でコツがあるん
かもなあ。こういう表面に細かい
ディティールがあるものだと
食いつきがいいでしょうけどね。
やはりベースが肌色というか
象牙系乳白色の成形だとやりやすいかも。

>宇宙恐竜
怪奇な造形、か〜。前にも書いたけど
ステゴラーはTIKIの彫刻をやってる
人が恐竜作ったみたいな勘所の
妙さ加減にたまらんものが
ありますね。もちろんデキもいいし。
昭和の玩具は本来怪獣人形
という造形の正道が職人さんの脳裏に
認知されてない状況で、日常で手がけている
作業の範疇で、マルブル等の作風など
意識しない怪作ソフビがひしめいているのが
魅力ですね。ヨネザワの首ふり怪獣なんかも
民芸品のソフビみたいだし。
第二次怪獣ブーム頃の連中はIKBといい
三浦トーイといい宇宙恐竜といい
どの角度から観察しても百花繚乱ですね。

職人が長いといえない
納期までに作り出した拙速や勢いの
産物であることや、怪獣人形を作ることに、
現代のように作家意識も無いまま進めた
(いきあたりばったりというが早いか)で
生まれた偶然の産物としての計算のない
魅力というんでしょうか。
こんなバックボーンは情報過多な
現在では環境整備しえない、作り手の
精神下で故意に作り出しえない
状況ですよね。
ちょうど年末は生活での散財も多いので
今回はあの2匹に少し魂が引っぱられて
やきもきしているくらいでも、かえって
いいタイミングだった気がします(笑)
投稿者:ともっぺ
>乾いた後に ふき取っていく ・・・

塗装方法のヒントをいただき ありがと〜ございました! 塗料が乾いたのちに拭取るとは眼から鱗っした! 自分的には 塗料に浸漬したのち 乾く間もなく凹部にのみ塗料を残して拭取っているのかと考えてたもんで ・・・

>アスタロスをどういう方向で塗るか ・・・

たしかに ・・・ 赤い成型色に 汚し塗装タイプの塗装が映えるとは 誰にも言い切れませんもんね ・・・ 多分 前例も無いのでは ・・・ 僕だったら 頭抱えちゃって 多分 お手上げでしょうね ・・・ タコさんの柔軟な発想力に期待してますぜ! 僕は そのうち アイボリーか G.I.D タイプの未塗装版が出たら その時 考えることとします ・・・

そぉそぉ〜 宇宙恐竜の現物 早く手にしたいですよね! 背中の骨質板等の影響で前半分が かなり複雑かつ怪奇な造形してるから 金型から抜けないのかな? でも現に 40数年前 一度ならずも製品化してるわけだし ・・・ なんとかなりますよ〜 ソフビの神様にでも祈りましょ ・・・
投稿者:タコペッティ
>ともっぺさん
そう、浸漬するか塗布して乾いた後に
ふき取っていくようです。ただ
ふき取りに使うウェスの使い方とか
溶剤も表面に均一に残るように
うまくあつかうという
ことらしいんですよね。。。
昭和のドクロキングの頃は
まだノウハウがなかった
のかもしれないのですが最近は
ツールも色々あるんでしょうね。
もう少し調べてみようと思います。

まあアスタロスをどういう方向で塗るかも
あるんですけどね。増山努さんとか
塗ったらオッソロしい質感のが
仕上がりそうだなあ。アメリカの
オーロラプラモとかも箱絵まんまに
塗っておられる人ですから。
いうなればカルトスキラーですね
(もうなんでもカルト化)

>カルト
結局80年代にカルトムービーとか
呼称された「限られた人の間で
熱狂的に愛好されている対象に
使われてきた商業上の惹句が、
最近はあらゆる
興味ジャンルがお客に届く際に
情報面でも供給される消費材の価値自体も
ニーズに見合って均質化しているから
お客の側の価値の受け取り方でコントロール
するために再稼動させられた言葉、の
ような気がするんですよ。最近カルトという
シールを貼った、80年代頃の映画の
リバイバルリリースDVDソフトとか
けっこう見かけますものね。
ソフビにも「カルト」って言われる分野の
ものがあると思いますね。数が少ないとか
そういう流通サイドの問題ではなく、
皆が騒いでないけどある嗜好のお客は
絶対視して長く愛好している、
みたいなモノ。ソフビそのものが
本来カルトジャンルのトイなんでしょう
けどね。

宇宙恐竜ってともっぺさんに言われて
また思い出しちゃった。
別にすごい抽選の難関を
かいくぐって入手できたとかでも
ないんですけど、
早く来ないかな〜(笑)。
投稿者:ともっぺ
>この種のディティール塗装について ・・・

アスタロスの鱗や尻尾の部分なんて ど〜やって塗装してるのか教わったんでしょ〜か? ソフビ業界全体で漏洩禁止とか マーミットの企業秘密とかでなければ 教えて欲しい ・・・ ちなみに ドクロキングの塗装なんかを見てみると 布などで拭取ったとゆ〜よりは もっと大胆に 素体を塗料にドブ漬けした後 5本の指で弾いて塗料を剥ぎ取ってるような気がする ・・・ 残ってる塗料は濃い〜し 粗雑感があるとゆ〜か無骨とゆ〜か ・・・

>カルトって ・・・

今後 数ある インディーズ・ソフビの中でも こいつはっ! って思へる奴 ( 役者が違う奴とか 別格なやつ ・・・ ) を 個人的に ハイパーカルト・ソフビと呼ぶことにしたいと思います。 最近のでは バジラや 宇宙恐竜や ガメルドンあたりかな ・・・
投稿者:タコペッティ
>くらげさま

こんばんわ!まいど読んでいただき
ありがとうございます。
昨日は休みだったんですね、
世間的に。なんだか街が静かだと
思ってたら(笑)

スーフェスといえば
いちおう年の最初にたくさんの
メーカーさんが参集するイベントなので
少し粘って写真を集めてみました。
楽しんでいただければ幸いです〜。
しかし、またメーカーさん増えてるなあ。
実は衰退知らずじゃないか、ソフビ業界
(業界というのかわからないけど)は。
お客は増えてるのかな。長年来ていた
人で、見なくなった人もちらほら居る
ような気もすると、マニア歴長い
知人たちも口をそろえて言ってましたが。
イベントの製品写真とか見て、
なんか行ってみたくなったなと
思ってくれるといいんですけどね。

>イベントの時に買う

必ず現物と画像とのズレって
ありますものね。特にソフビは「この手の
かん着を曲げるとどうなるのかな?」とか
実際にやってみたいですよね。
あと、大きさとかもけっこう写真
だけじゃつかみにくいですものね。
微妙なボリュームとか幅も。
見てさわってから買うほうが
気分的に自分の期待感が現物と
異なるかすりあわせられますものね。
そうだ、あと副音声で作った
ご本人から特徴なども聞けるし。
製品を販売店に委託するケースでもいいん
ですが、お客にとっては
そういう確認の機会が
イベント以外でも出来ていいでしょうね。
投稿者:くらげ
スーフェス・レポ、お疲れ様でした。
見る度に画像や記事が増えるのを見てて、
内容の濃さを感じました。

でも何かふと思ったんですが、イベントの
時に買うのが一番正しい買い方かもなって。w
投稿者:タコペッティ
>バクラー?さま

会場では少しですがお話できて
よかったです。声をかけていただき
ありがとうございます。
極力、か。たのもしいですね。
見習わないと。
実際去年よりはイベントも少なくなると
思いますね。今回のスーフェスも
50回を超えて、さあ今度は
何をする?みたいな試行錯誤的な
ムードもあり自分は楽しめました。
変な言い方ですが、何か作って
おられる方にとっては、まだ方向性こそ
はっきりしないが、先に進む
覚悟が決まったような雰囲気も
ありましたね。新しいメーカーさんも
皆、立ち上げの気運に満ちて
楽しそうでしたし。作家として
やられるなら自分の好きなことが
できるのかもしれません。
イベントの数が絞られたぶん、
各催事で実がなることを期待したいです。

>メメクラゲ
これはねじ式の漫画にガッツンと
ヤラレた人にはつい手が伸びる
アイテムですね。で、ディティールも
たしかに漫画に出てくればこんなだろう、と
前から知っていたように妙に納得
できました。森さんもマガイドウさんと
いっしょのテーブルで
売っておられましたがこういうアイテムを
楽しむ人なんでしょうね。
やはりメディコムのゼンマイ人形と
ならべたくなりますよ、これ。
わかるわかる。

>ナイトドール
中央通路の洋物おもちゃとかサイン会を
やっている辺りでアンティークおもちゃを
露店みたいにならべて売ってるところに
ありました。ほかにもカオQくらいの
キューピーサイズで
隠微な顔の女の子のソフビもありました。
前にこのナイトドールと同じものを
水槽ショップで見て、探していたんですが
けっこう出回っているものだと思うので
在庫があればまた持ってきてくれるかも
しれませんね。でも
あるメーカーさんに見せたら、すでに
きみは怪獣のセカイではフォローできない
ところにまで行ってしまった、と
言われました(苦笑)
投稿者:バクラー?
こんばんは
スーフェスお疲れ様でした
やっぱイベント=祭りはいいですね
今年も玩具系イベントは少ないようなので
極力(全部w)参加しますので見かけたら
声掛けてくださいませ
僕は今回はメメクラゲ購入しました
あの狂ったフリクションの動きする奴。初期メディコムの逸品ですね!「ネジ式」の人と並べてニヤニヤしてます。モヤモヤが出現するのも或る意味このイベントの醍醐味と言う事で!私は満足できました。ナイトドールは何処で売ってた?大人のオモチ屋w&ソフビファンとして見逃した事が残念です
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ