ソフビブログ

電鋳槽より愛をこめて…ヴァイナル・オーバードーズの渦を抜けスローソフビライフを考究してみたりするブログ

 

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タコペッティ
こんばんわです!というか
ワンフェスおつかれさま。
自分は道中が遠くなったけど比較では
ビッグサイトよりも幕張は
過ごしやすいです。

>エヴァ
ビーストモードのコンテって
樋口氏なんですね。それすら初めて
聞いたんですけど(笑)。最近は
エンタメ映画のプロデュース・監督が
メインワークだったけど樋口氏は
特撮・アニメ方面でのセンス抜群だな。
やっぱりこっちの畑にかえってきて
ほしいのココロ。まあいろいろやって
新たに見えてくる境地もあるんかも
しれんが。そういえば樋口氏が
ひさびさに怪獣映画に関与したゲハラ
byマーミットさんが
この週末にはたぶんウチにも到着だ〜。
(ダメージVER.購入したの)
エヴァはあくまで積極的に見はしないで
極限まで映像未視聴にて飢餓感をあおり
人からの伝聞をたっぷり楽しもうと。
まだ見てないのか!といわれるのが
楽しいですw

>ドグちゃん
本作も自分の住む地域では
視聴がかなわず、ネットの
いろんなところで面白い、と
聞いていたのですが、現物は
期待以上でした。記事にも書いたけど
6話の昭和の有名な作品の換骨奪胎ぶりは
なかなか堂に入っていて、過去作品の
記憶のひきだしを並べたのでない
オリジナリティも感じとれました。しかし
CGのおかげで特撮作品もそこそこの予算で
いろんな表現が可能になったなあと
尚更、感じるところです。

>モザイクの回
世にも奇妙な物語とかみたく
昨今の行きついたテレビの放送倫理への
皮肉?とか混じっていそうで
それ、面白そうですね。
毎回スタッフさんによって
テーマに沿ってキャラのテイストが
微妙に違うのも昭和の特撮作品的であり
テレビドラマとしての語り口の豊穣さに
つながったと思います。新シリーズも
あるといいんですが。

>こういうものがあったのか〜

こういうイベントルポって写真で見ても
これをじかに見たかったなあと思う
ときが多いですね。
モデラーの連中と歩いたので、
組む時はこうかな、とか脳内モデリングを
副音声で聞いてたり、ためになりました。
メガたぬさんだって
ひとりワンフェスみたいに
(笑)常日頃から年間でもエライ数の
造形物を作ってる人だから、今回
かなりモチベーションあがったん
じゃないですか?そうそう、ピッコロの完成
楽しみにしてます。
投稿者:メガたぬき
どうもこんばんわです。
ワンフェスで、自分はひそかに会場に潜伏していたのですが(笑)タコペッティさんのルポを読むと、こういう物があったのか〜気づかなかった!と改めてイベントを再発見したような気分になりました。

ビーストモードのエヴァの登場する場面は、樋口氏が絵コンテをきっていて、
背中に、はえているのが制御棒という設定なんですね〜。怪獣の背びれみたいな感じでカッコよくて印象に残ってます。破では、綾波の団地が70年代の特撮によく出てきたお化けマンションみたいになってたり、とにかく使徒やエヴァが変形するという視覚的な面白さがありました。
ソフビでは、ドリームロケットさんのへドラ等立体になりまくってるキャラが意外と新鮮に見えたりしました。サンガッツさんのボリュームのあるテレスドンも目に止まりました。
あと、よくできたマットアローの模型や、本物そっくりで羽が動き目が光るモスラが印象に残ってたり。

そうそう、このドグちゃん一応リアルタイムで一通り見てました(笑)。最初は深夜のギャグドラマなのかなと思ったのですが、その回独自のテーマ性と雰囲気があって、特に安達裕美がゲスト出演している回で、世界がどんどんモザイクで拘束されていくというお話があるのですが、その回が個人的に一番おもしろかったような。

http://moon.ap.teacup.com/megamegatanuki/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ