ソフビブログ

電鋳槽より愛をこめて…ヴァイナル・オーバードーズの渦を抜けスローソフビライフを考究してみたりするブログ

 

カレンダー

2017年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タコペッティ
地底に棲むせいか
自分も砂場が似合う怪獣、のように
思ってたんですが、たしかに
スコップのような頭部の構造ゆえ
そう見えるんですね。
地面を掘り進む場面は劇中に
ないですが、生物としての機能から
発想したデザインと思わせます。

>じわじわと愛着
ブルーメタリックを吹いた
シンプルな塗装、体表に少しだけ
着ぐるみの表面に出るっぽいしわっぽい
線を入れているんですが、それが的確で
テレスドンを見慣れた人ならでは
やりすぎていないのが手にして
心地よいですね。
頭と尻尾が長さ的に上下で対になっている
全体のバランスのとり方が
なかなか図抜けていると思います。
そうだ、マーミットさんのビニパラの
ガボラとかマグラとかに近い
ある程度戯画化された
ボディバランスなのも愛着をかもし出す
要因かな。
投稿者:メガたぬき
このソフビは、じわじわと愛着が沸いてくる感じで良いですね。
テレスドンってものすごくシンプルなデザインの怪獣なのに、他のレッドキングやゴモラに負けない存在感があるなぁ〜と思ってました。よくテレスドンの頭部を見てみると、公園の砂場に転がってそうなスコップのようにも見えて、日常的な道具が怪獣のモチーフになっていることによって、より親しみが持てるデザインになってると思ったりしますね〜。

http://moon.ap.teacup.com/megamegatanuki/
投稿者:タコペッティ
>バクラー?さま

こんばんわ!自分はなんだか
ワンフェスの疲れがまだ完全に
とれないです。
そうなんですよ。とにかく頭部の
ボリュームはこういうイメージが
サンガッツさんの頭の中にあったようで
たしかにテレスドンのデザインの
肝はこの部分かなと。デフォルメモデル
ですね(微笑)。顔を見ても、こういう
怪獣、オリジナルでサンガッツさんが
これまでやってる怪獣にもいたんじゃない
かな?とソフビクリエイターとして
円谷怪獣の影響の大きさを思いました。

ブルマァクテレスドンの
インプリンティングが強い人でも、
何かうなづける要素がありますね。
あと思ったことは、逆柱いみりさんが
個人で好きな怪獣を作っていたときに
ギララとかドラコといっしょにテレスドンを
作っていたのを見たことがあったんですが
それも逆柱さんのオリジナル怪獣、という
感じに咀嚼して作られていたんですよ。
有名な怪獣でシンプルなのに
個々の造形家の個性がちゃんと出て立体化
されるというのが面白いですね。


投稿者:バクラー?
こんばんは
僕は買いはしませんでしたが、会場で現物を拝見しての印象は「こりゃでかいなぁ〜」です。STでリリースすることは知っていたのですがボリューム感がSTの枠を超えていて(笑 なんとも楽しいテレスドンですね
タッチも雰囲気もサンガッツらしさに溢れていますね!今までにないソフビのテレスドンだとおもいました。家に帰ってブルのテレスドンとサンガッツさんのを脳内で見比べて
思わず・・・・あれもアリだな(笑 でした
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ