ソフビブログ

電鋳槽より愛をこめて…ヴァイナル・オーバードーズの渦を抜けスローソフビライフを考究してみたりするブログ

 

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タコペッティ
>メガたぬさん

こんばんわ!
製品名は「2代目」でしたっけ?
タロウ方面の怪獣をリリースする流れで
気がついたらリカラーして出たりしないか?
でもベロクロン2世と改造ベロクロン2世の
違いってそんなにありましたっけ(汗

そう、石堂脚本は土俗と豊穣民話から
材をとった準日本的エピソードが
多い中に、再びキリスト的アイコンを
引いてくる市川ウルトラストーリー
体系が楔を打ち込んだ格好。といっても
能のお面が出てきたり、狂女は着物
姿だったりとモチーフはやや
チャンポンで配置されていますけどね。

>Q歯科のシャッター
何年か前にもう改築しちゃったけど
銀座にあった旧ニッタビルだと思います。
仕事で何回か入居してる企業を
訪問してて、あっ!この旧式の
モダンなエレベーターは
Q歯科のビルじゃんと気づきましたw
たしかリアルで歯医者も入ってたような。
レッドスパークはことさらに
超獣っぽかったですね。ゾーンは
円谷以外で超獣的な過剰のデザイン美学を
根付かせるかのように
過激なデザインが多く当時の怪獣ブームの
テンションがそのままビジュアル化
された番組だったと思います。

板野さんはメビウスでも大活躍ですが
ミサイルの飛びでみれば
ネクサスのほうがすさまじいです。
話がハードなのでナイトレイダー隊の
怒りのスパイダーミサイル乱射とか、
すごく引き立ってましたね。
そう、最近メビウス見返してるんですが
オンエア当時は豪華すぎてもなんとなく
流してたところ、自分もありますね。
あまりに痒いところにまで
手が届くほどのサービス過剰だと
ありがたみって確かに薄れるんでしょうね。

>土管と標識
なぜかどうしても画面に土管入れないと
最近気がすまなくなってきました。
土管、あまりいいサイズがなくて
ガチャポンとか探しまくりましたよ。
画面に土管あると不自然な空間も
「空き地」に見えて
落ち着きません?セットの
作りこみがコマい「タロウ」が好きな
メガたぬさんならきっとそこは
わかってくれますよね(笑)
投稿者:メガたぬき
たしか、商品名は
ベロクロン2代目でしたね。
これは、2世でも改造ベロクロン2世
でも扱えるようにという
マーミットさんの有り難い心遣い
なんでしょうね(笑)

A後半のこの頃になると石堂脚本の
独特で怪しげなお話が多くなりますが、
そんな中にあって、このベロクロン2世
が登場する回は大人の雰囲気(なんかスパイ物みたいな感じで)があって、
印象が強いですね〜。
本編に出てくるQ歯科のシャッター式の
エレベーターも演劇の舞台装置
みたいで良いな〜と思います。
超獣ってやっぱり怪獣ブームの花形だったんだな〜と思います。
井口氏が流星人間の方に行ってしまった
こともあると思いますが、
タロウの怪獣はカッコイイというより
おもしろい怪獣が増えましたね。
アストロモンスVSレッドスパーク
だったらデザイン的にはレッドスパーク
の方がカッコイイと
思うかもしれませんね〜
メビウスを見ている時期は、
ミサイルの演出が板野氏だった
なんて全然知らなかったです。
今になって、ええ!そうだったの!
って驚いています(笑)
思えば、メビウスはシリーズまるごと
「ご存知怪獣宇宙人登場シリーズ」でしたね。見てる当時はなんか毎週豪華すぎて
あまりありがたみが無かったような(笑)

今回も土管と標識がソフビをひき立てて
いますね〜

http://moon.ap.teacup.com/megamegatanuki/
投稿者:タコペッティ
こんばんわ。

そう、ぜんぜん色違うんですよ。
昭和の頃のお客というか子供さんは
店頭でまったく違う色(場合によっては
ジェロニモンみたいに形さえも
似ても似つかない人形だってある)
のソフビを見つけて、
買ってから脳内補完してテレビで見た
印象にポワポワ脳内から雲を浮かべながら
必死で近づけないと遊びに入って
いけなかったんですよ。
で、当時からソフビにタマシイを引かれた
ままの人々はいまだにその術に
長けていることで、当時モノに
囚われてしまう、という。じつは
このベロクロンミニもディティール
自体はしっかり入ってるので、
劇中色に塗り替えたら
どうじゃろうと思ったんです
けど、ふと思うとこの色がぴったりじゃん
とか思い販売状態同様にりぺした次第で。
成型色自体、なんだか
植物の怪獣とみまがいますよね、
この色だと。まあそういうのが
当時のソフビの味なんでしょうね。

でも現行の製品はやっぱりというか
もちろん劇中色採用のほうが
手に取った時に気分でますね(微笑)。
投稿者:マンガ
しかし、昔のおもちゃって、
なんで似ても似つかない彩色しちゃうんで
しょうね。
多分、小さい方のベルクロンは、
単体でポケットから出して見せられても
ぼくにはなんだかわかんないだろうな。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ