2010/7/25

韓国岳  山・・山
雷・ヒョウ・雨で危機一髪

宮崎市内はひりひりするような日差しが続き

高原の涼やかな風が恋しくなり、アルプス遠征の足慣らしを兼ねて

小露ちゃんを誘って、霧島山系「韓国岳 1700m」登山に向かいました。

小露ちゃんに乗り物酔いが有るので、道中がゆっくりです。

クリックすると元のサイズで表示します


正午くらい〜えびの高原駐車場出発!! 登山開始〜♪

宮崎市内は晴れ、えびの高原曇り、真っ青な青空が欲しいですが、

ま良いでしょ*^^* 日焼けも少しはましだし〜

登山から離れていた割には・・・出だし快調〜♪

小露ちゃんは、韓国岳3回目くらいでしょうか?!

登山を同行すると、成長が目に見えますね*^^*

泣きながら登った頃を思い出しながら、折れそうに細い足で

結構ガンバッテ登っていたことを褒めてあげました。

クリックすると元のサイズで表示します


何人かの方達とすれ違ったり追い越されたり、

「霧島ネーチャークラブ」で、登山道整備のボランティア活動を

しておられました。「お疲れ様でした〜*」

クリックすると元のサイズで表示します


9合目辺りに来たとき向こうから「可愛い〜 可愛い〜 見とれるほど可愛い」

「山ガール」さんに出会いましたら・・・

○○さん??と私を呼びますよ・・・え?あれ? なんと!

「山ガール」さんは、お知り合いさんで、

「ま〜ま〜こんな所で〜」世間は狭いですね〜*^^*と挨拶し、

あんまり可愛いので、後ろ姿を撮させてもらいましたよ。

小露ちゃんと山ガールさんの話しをしながら、頂上に到着してパチリ!!

クリックすると元のサイズで表示します


雲行きが怪しいので、食事を後にして下山開始です。

状況を見回すと、なにやら怪しい雲が頂上を覆い

辺りが暗くなり・・・ポツリ ポツリ大きな雨粒が落ちてきました。

小露ちゃんはカッパ装着、きのこはビニール袋をかぶり、

雨対策をして9合目辺りに来たとき・・・

バリバリー バラバラ〜っと 恐ろしい爆音が響き渡りました@@”

思わず土がえぐれて斜面になっている登山道にうずくまりました。

小露ちゃんの上に覆い被さってすぐそば目をやり、氷の粒がバラバラ

転がっているのを見ると、大きな物で私の親指大ほど有りました。

クリックすると元のサイズで表示します


雨もかなりひどくなってきましたが、寒さは感じないので

それは何とかなるでしょう。

ところが、雷はいっこうにやむ気配が無く、うずくまった背中を

バリバリピカピカ 雷が通過していくのが分かるほどで、

小露ちゃんがブルブル小刻みに震えて、一生懸命恐怖と戦っています。

「大丈夫 泣かないで頑張るのよ!! 」 

動かないでじっとしていれば何とかなりそうな気もしましたが、

この時ばかりは生きた心地がしませんでした。

雷に打たれるor打たれないは半々の確率でしょうか。

30分くらいはうずくまって耐えたと思いますが、

恐ろしい爆音が少し遠のいて雲の切れ目が出てきました。


恐る恐る立ち上がり、小露ちゃんの手を引いて、

ミヤマキリシマの茂みを目指しながら、雷の鳴るときは

斜面に寄り添いうずくまりながら、5合目より下の樹木地帯へ滑り込みました。

この時のホットしたことと言ったら・・・命拾いをした思いです。

クリックすると元のサイズで表示します


向こうの景色にもようやく日差しが戻りホッとしました。

小露ちゃんの顔を見ると、砂にまみれて唇が真っ青です。

寒くはないと言いますが、恐ろしくてふるえが止まらずにいます。

一刻も早く下山して近くの温泉でリラックスしないといけませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
  (無事下山した事を喜び合いました*^^*)


ほんの少し前の出来事を話しながら、温泉に浸かって出てくると、

満杯だった駐車場が少なくなっていましたが、霧島縦走の人達でしょうか?

数名下山してこられ、引きつったお顔から、いかに怖い思いをされたか!

「雷・ヒョウ・雨」との遭遇が見て取れました。

なんとも、恐ろしきは自然の猛威!!

山を甘く見たらいけないという「体験」をした韓国岳登山でした@@”


            *****おまけ****

クリックすると元のサイズで表示します

         えびの高原のヒメシャラ



2010/7/28  23:32

投稿者:きのこ
山ガ−ルさん こんばんは〜*

山をしているとは聞いておりましたが、まさか韓国岳でばったりなんて〜 本当に嬉しかったです〜♪
山の色々など話したかったのですが、急いで正解?! 手遅れ?? あの後のドラマは想像もしませんでした@@”

下山されたか?? まだだったか?? やはり!! あの災難に遭遇されたんですね!
怖かったですね@@!
小露ちゃんは必死で耐えてくれました。
無事に帰ったので「山の勉強」と言うことになりましたが、私も相当怖かったです。

>ガールと呼ばれる年齢ではないので

・・・何をおっしゃいますやら〜*^^*
貴女たちのような若い人がガールでなかったら・・・
きのこはいったい???・・・!!!
怖くて言えませ〜ん*^^*

又山で遭いましょう〜♪


http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~kinoko/index.html

2010/7/28  10:02

投稿者:山ガール???
久しぶりの再会が、まさかお山の中なんて!!
思ってもいなかったので、とっても嬉しかった
です(^▽^)/
無事に下山できたようで、よかった〜
本当に本当に恐怖の下山でした。
小露ちゃん、泣かずにがんばって偉い!
私はギャーギャー泣き叫んでました。
温泉に浸かってどんなにほっとしたことか!
山の怖さを実感した1日でした。
写真ありがとうございます!
ガールと呼ばれる年齢ではないので
恐縮ですが…m(_ _)m

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ