2014/5/12

母の日  


病床の胸中は?


母の日は、年中行事の中でも大きなイベントですね。

商業的にしろ、あちこちで紅いカーネーションが目にとまります。

私も母ですが、私にも、病床に伏して数ヶ月の母がおります。。

私から下の世代は元気にしていますが、母はこの「夏を越せるかどうか??」

生命が危うい状態で闘病中です。


物忘れがひどいと感じていた昨年暮れに突然倒れ、

その後は会話が出来たり出来無かったり、痛々しい程様子が変わりました。

入院して以来、ただただ静かに横たわる母の胸中は??と、

思っても見ますが、語らぬ人の覚悟の深さを感じることは出来ても、

人生の述懐を母から聞くことはできません。

静かに耐えている姿が、かえって寂しくもあるのです。



今日は母を見舞った後、目を閉じている耳元で「又来るからね、帰るわね」

と声をかけると、「もう帰るのね?・・・」と意外な返事が来て、

(面会を喜んでくれている)・・・私の方が慰められたような思いでした。


おまけ

ところでこの頃は、代理ママ業がおおくて、病気の時の付き添いとか

クリックすると元のサイズで表示します


幼稚園お休みの時の遊び相手とか、

クリックすると元のサイズで表示します


楽しいお役ですが、代理ママは体力勝負です。

この先何があるか分かりませんが、人生をありのままに受け止められるように

一生懸命生きていかなければと、たまに思うことがあります。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ