Kirokuroの毒吐き空間

鳩山政権、こりゃ駄目だな。

 
不思議な生き物図鑑

生物名:ノーシャ
学名:キョーモタムラデタダボンヒロイ
生息地:神田神保町、秋葉原など
鳴き声:「ドートクドートク、チテキセージツ」
特徴:野Qの生き霊が野Qのマウスパッドに憑依して誕生した現代の妖怪。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kirokuro
森英樹は人様の掲示板に寄生してないでブログでも開設して読者自慢なり西部批判でもやりゃいいんだ。
他人への依存心強すぎだ。
投稿者:kirokuro
>この時期の福田はカトリックというよりピューリタンだね。
言い得て妙ですね。
投稿者:名無し
「一匹と九十九匹と」の「一匹」は、端的に言えば「宗教」でしょう。この論文もそうだし「近代の宿命」もそうだが、この時期の福田はカトリックというよりピューリタンだね。
投稿者:kirokuro
ただ森英樹が言う福田を「保守」という枠組みで見るないう主張は同意してもいい。
「近代の宿命」読むと余計そう思う。
投稿者:kirokuro
以前にも書いたけど、何で文学と道徳が同一視されるのか分からない。全然別物でしょうに。
投稿者:名無し
初期の「九十九匹と一匹と」と晩年の渡部昇一批判、底流は同じだ。政治で解決できないものはないとする日本共産党やその同伴文学者と同様のものを、経済的繁栄に酔い夜郎自大な発言を繰り返す渡部に見たのだ。ただし前者は、敗戦後の「政治と文学」論争の中で発言されたものだから、「一匹」に「道徳」を当てはめて、おなじみの「峻別」議論に持っていくのは、少々無理がある。

Kirokuroの姉妹サイト

喜六郎の電脳アーカイブス
新たに「野嵜健秀に関するガイドライン」をアップしました。
Kirokuroちゃんねる
Kirokuroの掲示板です。
KirokuroのTwitter
調子に乗って始めてみました。

QRコード

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

郵政民営化凍結TB

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ