Kirokuroの毒吐き空間

鳩山政権、こりゃ駄目だな。

 
不思議な生き物図鑑

生物名:ノーシャ
学名:キョーモタムラデタダボンヒロイ
生息地:神田神保町、秋葉原など
鳴き声:「ドートクドートク、チテキセージツ」
特徴:野Qの生き霊が野Qのマウスパッドに憑依して誕生した現代の妖怪。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kirokuro
保守派が「格差」問題を論じるようになったのは、参院選自民党大敗→社保庁年金問題→安倍政権崩壊という流れと、「蟹工船」の再評価に代表される左翼ブームが大きいと思う。
投稿者:名無し
格差問題は、保革の立場を問わず、政治が取り組むべき問題です。額に汗した人間が報われる社会の実現。イデオロギーの如何に関わらない課題です。真面目に働いて、少ない収入から所得税や年金を天引きされてしまう人々がいる一方で、親から貰った小遣いで古本や美少女アニメのキャラクターグッズを能天気に買い漁っているニートがいる。世の不条理に強い怒りを禁じ得ません。
投稿者:kirokuro
なるほど、そうなんですか。参考になりました。
ただ「正論」を初めとする保守系オピニオン誌の論調も、安倍政権発足当時とはだいぶ変わってきましたね。
あのころは、いわゆる「格差」問題も左翼の陰謀とするか、「北朝鮮よりはマシだ」論でお茶を濁していたのに、最近では「格差」批判もチラホラ載るようになりましたね。
投稿者:名無し
産経本紙は親米路線で、基本的に反米保守には発言の場を与えない。それに比べて、「正論」はまだ編集者の人脈が生きていて、反米保守も書くことができる。「正論」は本紙の部数拡張で営業が企業まわりをした際に「『正論』なら購読しますよ」(笑)と言われるくらいの優良利益媒体だから、読者を獲得できる論者なら誰にでも書かせるところがあります。論理だ道徳だ言う以前の、極めて現実的な算盤勘定が誌面を賑わせているのです。
投稿者:耕
小林よしのりは最近「正論」に寄り添ってますからあり得るかもしれませんね。
少し前までは「米論」とか揶揄してたのに…。私は小林よしのり氏の著書にも教えられたところがありますからあんまり悪く言いたくありませんが以前左翼が小林よしのり批判本で「ヒステリー」認定していたのはどうやら正しいようですね。

http://blog.livedoor.jp/k60422/
投稿者:kirokuro
そういえば、小林よしのり氏が「ゴー宣」の欄外で「皇室バッシング」について批判的に書いてたから、「正論」編集部は今度は小林氏を起用するかも知れんな。
投稿者:名無し
さて、「正論」の上島編集長は謝罪するのかな。
投稿者:kirokuro
今日、書店で「正論」の読者投稿欄を立ち読みしてきた。
松原論文に言及した投稿は二件。松原氏とほぼ同世代の方々で、二件とも松原氏を手厳しく批判してました。
投稿者:読者A
 あんなの立ち読みで十分ですよ。

 西尾氏が新かなを旧かなに勝手に直すなと書いてました。基本的には同感だが、世の中には旧かなを新かなに勝手に改めた本があふれているんだからそんなことまで書かなくていいのに。

 それとも引用の間違いだけではページが足りなかったんでしょうか。
投稿者:名無し
読者Aさんの言うとおりですが、物心両面で余裕のない産経に校閲担当者はいないに等しいのでしょう笑い。「朝の詩」の盗用も、文学に詳しい記者や編集者がいないのを象徴しています笑い。しかし、大本は松原正その人の錯誤ですよ笑い。あの愚かな信者どもはどう擁護するのかな笑い。仲間や身内に甘いのは、さて誰なのかな笑い。
1|2

Kirokuroの姉妹サイト

喜六郎の電脳アーカイブス
新たに「野嵜健秀に関するガイドライン」をアップしました。
Kirokuroちゃんねる
Kirokuroの掲示板です。
KirokuroのTwitter
調子に乗って始めてみました。

QRコード

カレンダー

2018年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

郵政民営化凍結TB

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ