2018/8/15  14:25

局地的な雷雨 ((゚m゚;)  My Life

今年の夏は、例年以上に厳しい暑さ 。(;°皿°)
梅雨明けも異常に早く、猛暑日の連続日数も A=´、`=)ゞ
台風も異様なコースを辿ったり…

そんな酷暑、天気予報では連日のように 『 局地的な雷雨 』って言って
いますが、局地的って ???

11日の熱海は厳しい暑さだったのに、12日には熱海や南伊豆は大雨、
そして 13日には南関東の広い範囲で雷雨となりました。

鎌倉材木座海岸の朝、8時30分頃

クリックすると元のサイズで表示します

東の逗子マリーナ方面には、雲がモクモクと
10分後には

クリックすると元のサイズで表示します

入道雲がだいぶ発達しています。
南の海の方向では

クリックすると元のサイズで表示します

立派な入道雲です。
でもこの後、雲は薄れて、厳しい暑さになりました。
11時03分に雷注意報が発令されました。
西湘方面から雲が湧いていました。
昼過ぎには鎌倉もだんだんと雲が増えてきて、15時半頃には

クリックすると元のサイズで表示します

真っ暗な空、雷も鳴り出しました。
すぐにでも大粒な雨が、ザ〜〜ッと来そうな空模様、
もちろん海水浴場は閉鎖となりました (。>0<。)

この日は都内でも大雨になった所もあったそうです。
ただ、家の周辺は… どうやら雨量は 1m/m だけ、
何だか雨雲にも見放された、限界集落のようです Y(>_<、)Y
0

2018/8/14  11:51

三嶋大祭りに向けて  伊豆箱根鉄道

軌道線カラーになった 3501F を無事記録できた為、他にも少し見ていました。
間もなく開催される 『三嶋大祭り』 そのPRに7000系にヘッドマークが
取り付けられています。
三嶋大祭りは 15日(水)・16日(木)・17日(金)です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

7501F を見送った後、

クリックすると元のサイズで表示します

いまもレトロ感充分な、三島広小路駅です。
さて、次にやってきたのは

クリックすると元のサイズで表示します

フェースが金色に輝く 7502F でした。
三島駅到着後に記録。
今日はタイミング良く、3501F も 7502F も8番線到着でしたので
記録しやすかったです。9番線に入ってしまうと…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ドアのラッピングもなかなかです。

クリックすると元のサイズで表示します

ドアのラッピングと言えば、こちらも

クリックすると元のサイズで表示します

2002F に行われている、『伊豆箱根鉄道100周年記念企画』 として
懐かしの写真が貼られています。

こちらは沿線ではありませんが、熱海駅にて

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

間もなく置き換えられてしまう185系特急踊り子号
上は5連のC4編成、下は7連のOM08編成、
7連ってB編成じゃ無かったんですね。あまり縁が無いので
気付きませんでした。

2018/8/14 11:51
0

2018/8/13  5:18

三島スカイウォーク  小さな旅

11日の 『山の日』 を特に意識した訳ではありませんが…
見晴らしの良い(はずの?)『三島スカイウォーク』 へ行ってみることに。
三島スカイウォークは、全長 400mの日本一長い歩行者専用の大吊橋
だそうです。
スカイウォークは愛称で吊橋の正式名称は『箱根西麓・三島大吊橋』
とのこと。
完成は 2015年12月ですが、私が存在を知ったのは昨年の秋のこと、
地元自治会のバス旅行で行かれたとのことで、なんだか先を越された
思いでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この日は雨こそ降らないものの、曇っていて視界は???
それでもお盆休み初日と言うこともあって、大勢の方がいらっしゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

吊橋の高さは、一番深いところで 70m なかなかの迫力です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天気が良ければ、富士山や駿河湾が臨めるのですが…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

400mの吊橋を渡った先の 『北エリア』 には、建設の展示の
スカイウォークミュージアムやレストラン・売店、アドベンチャー
コースなどがあります。またキッチンカーも揃ったり…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

吊橋を吊っているワイヤーはこんな感じです。
吊橋を戻り、エスカレーターで南エリア(無料)へ上り、
『SKY GARDEN』 へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天井からの花のシャンデリア、そしてお土産品コーナーなど。

クリックすると元のサイズで表示します

今度は是非、天候の良い絶好の眺めの時に再訪したいと思います。
さて、こちへのアクセスは、三島駅より東海バス箱根線の
「元箱根港」行、または「山中」行の利用となりますが、
途中には 『伊豆フルーツパーク』 もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは三島駅まで乗らず、「三嶋大社前」で下車することに。

クリックすると元のサイズで表示します

この日は、三島駅でバスに乗車される方が乗り切れない為に、
スカイウォークまでの特急バスが増発、このバスがそのまま
折り返し、「特急 三島駅」行となりました。
ところで、三島駅からスカイウォークまでのバスの片道運賃は
¥560、『みしまるきっぷ』 がお得とのことでしたので。

クリックすると元のサイズで表示します

下は、三島スカイウォークの入場券です。

さて、昼食は三島駅に戻って

クリックすると元のサイズで表示します

伊豆箱根鉄道三島駅そば処の、冷やしかき揚げそばです。
1

2018/8/12  6:13

軌道線カラーの 3501F  伊豆箱根鉄道

『伊豆箱根鉄道駿豆線開業120周年』のイベントで軌道線カラーとなった
3501F、6月から運行されていますが、ようやく『青春18きっぷ』を
利用して見に行ってきました。

ダイヤも未確認の為、当日は運行されているかちょっと心配でしたが、
東海道線が三島駅に到着すると、8番線にその姿が (ノ゚ο゚)ノ
ただ乗り換えの間に発車されては、1時間以上待つことになりますが…
無事、間に合いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

運行開始の日には取り付けられていた方向板風のヘッドマークは…
残念ながら、外されたままでした。

このカラーってやはり路面電車のイメージですよね。かつての都電も。
でもどう見ても、江ノ電って感じですよね (´艸`)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

塗り分けも妙にバッチリに感じてしまいました。
そしてやっぱり軌道線と言えば、狭い路地を走るイメージが…

クリックすると元のサイズで表示します

1駅乗車し、三島広小路駅にて

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、デジカメを換えてから使い難いところもありますが、意外と
簡単に綺麗に撮れるのも (^O^)
三島駅と三島広小路駅にて、短時間で効率良く記録できました。
0

2018/7/28  20:27

7月26日の記録  西武電車

新宿線の中井〜野方駅間の地下化工事による新井薬師前駅の周辺の
変貌を記録に向かう時の記録です。
所沢から乗車した準急は、2000系の4連、小平で先発となる急行に
乗り換えますが、その際の後ろの6両は、2021Fでした。

クリックすると元のサイズで表示します

先発の30000系で鷺ノ宮まで乗車、ここで各停に乗り換えます。
各停を待つ間、下りには 6102F が止まっていました。
夕日を浴びる元祖 6000系、やっぱりシルバーフェイスは良いです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この 6102F、最近パンタグラフがシングルアームに装換されたとのこと、
若干拡大して見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

さらにもう少し拡大してみますが…

クリックすると元のサイズで表示します

何とか判るかどうか… でも何かこれが本来の姿に感じてしまったり。
さて、後続の各停で新井薬師前に向かいますが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

沼袋にて、先ほどの 2021F 準急に抜かれてしまいました。
本当は新井薬師前で記録したかったのですが。

変貌する新井薬師前駅周辺を記録している時、中井7号踏切にて

クリックすると元のサイズで表示します

もう1本の 6000系、6101F が来ました。逆光になってしまっていますが
シルバーフェイスはやはり。
こちらはパンタグラフが装換されていませんので、ほぼ登場時の姿の
ままです。

しばらくこの踏切で待機、

クリックすると元のサイズで表示します

この春から運転されている、拝島ライナー 40006Fです。
いずれ地下化により沈む線路、この部分での踏切、跨線橋、拝島
ライナーの記録が出来たのも嬉しいものでした。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ