2018/1/20

失われた十二支族  

古代西洋史は、聖書からひいておられますよね。

かつてイラン南西部辺りにユダ王国というのがあったけれど、バビロン捕囚に行っている間に国を取られてしまったという話が出て参ります。世界史もこのあたりから教えます。

ユダ王国にあった北イスラエルと南ユダの人民は十支族、もしくは十二支族。

十二支...干支...偶然ですかね。

西洋歴紀元がキリストが生誕。イエス・キリストも元々ユダヤ人だったけれど、ユダヤ教を否定し、キリスト教を立ち上げユダヤ教徒迫害が始まったという。

欧州世界のこの争い。そこへアラブ系のイスラム教も立ち上がって宗教戦争が延々と2000年も続いていますよね。ほわい?なんでそうなるのですか?

ユダヤ・ユダヤというけれど、自称でしかありませんよね。国が亡くなって2600年なのだから、おかしいでしょうが、そんな主張。キリスト教徒が迫害するとわかっているのに、何故わざわざユダヤ人だと名乗りでなければならないのか、さっぱりわかりません。言わなきゃわからないのにね。

欧州にはユダヤ人なんていないのではないの?ユダヤ人はすべて日本に来て、縄文人と協力して日本国を建国し現在に至っています。ユダヤ教って実は神道だったのです。縄文人が稲作をはじめ天候を読む必要に迫られたのですのでした。それが神道の始まり。そこからユダヤ教が生まれたのだと思うのです。最初は反対かと思っていましたが、新しい発見でそう確信しました。

日本が国家として最も古いという事で、次のベルギーですら1000年の歴史しかない。しかし、人類は何万年も前から存在するわけです。国を作っては壊し、作っては壊してきたのが地続きの大陸で、国がなくなってしまった人たちの総称がユダヤ人なのでは?聖書記載の、最初のユダヤ人とは少々趣が違ってきて、国籍のない人がユダヤ人と呼ばれただけなのではないのですか?

国を奪った方もキリスト教徒とは限らないのではなかろうか。国を奪いながら虐めてきた訳ね。そういう事でしょうね、奴隷など産んだ人たちだもの、欧米人って。下るぞ、天罰が。

欧州世界のキリスト教徒とユダヤと教徒の争いなんて実はなかったのでは?欧州世界ではカミュが「神は死んだ」とまで言っていたくらいだから。

日本は国がなくなったことがないから、無国籍者というのは、基本、密入国者ですね。在日南北朝鮮人などほとんど密入国者です。祖国から迄棄民されるのも自業自得。



古い奴だとお思いでしょうが、日本列島は、伝説では沈んだと言われる「ムー大陸」の一部で、旧約聖書はムー大陸の記録ともいわれているってご存知?

荒唐無稽でもなく、そう考えると色々な事象がストンと五臓六腑に落ちます。な〜んでか。

2018/1/19

死海文書  



死海文書ってご存知ですか?20世紀になってクムラン洞窟あたりで発見されたらしいのですが、古代ヘブライ語で記述されていたので、解読に時間がかかっていたのでした。それがスーパーコンピューターの出現で、一気に解読されたと20年くらい前に報道されていたでしょう?

その死海文書に日本について触れてあるそうな。

いやはや、またですか。日本人は最古の民族ですが、日本は関係ありませんてば(^^;

義和団の乱や、マルタ島での戦いでなどはコリゴリです。


2018/1/18

広辞苑の罠  

画家ミレーの描いた絵画に「種をまく人」というのがあります。

「種をまく人」という言葉自体が聖書から引かれたものです。たとえば、マタイ福音書13章。

イエスはこう言われた。
「見よ、種まきが種をまきに出て行った。まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。すると、鳥がきて食べてしまった。
ほかの種は土の薄い石地に落ちた。そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。
ほかの種はいばらの地に落ちた。すると、いばらが伸びてふさいでしまった。
ほかの種は良い地に落ちて実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳のある者は聞くがよい」。

相変わらず翻訳がいまいちで心に響きませんにゃw

ミレー自身がこの聖書の言葉を借りて、描いた絵の題名にしているのですが、ミレーの「種をまく人」をシンボルマークにしているのが岩波書店。相変わらず災いの種まきまくり(^^;

岩波書店の国語辞典「広辞苑」は台湾を中華人民共和国の一部として表記し、共産党支那から支持されています。お金でも貰っているのでしょうかね、不思議な感性です。

台湾は、支那共産党が一方的に、支那の領土だなどと世迷いごとを言っているだけで、事実はそうではありません。台湾に不法滞在している支那国民党人民は、もともと大清が治めていた地域に住んでいた漢民族ですが、台湾族はそうではありません。台湾族は支那の支配を受けたことなどありません。

2018/1/12付日本経済新聞 夕刊

【台北=伊原健作】12日に発売された岩波書店の国語辞典「広辞苑」の改訂版(第7版)を巡り、台湾を中国の一部として紹介した表記が波紋を広げている。改訂に当たり台湾側は「断じて中華人民共和国の一部ではない」として従来の表記の修正を要求したが、岩波書店側は拒否。中国が岩波書店への支持を表明するなど国際問題の様相を呈している。(以下略)

最近は岩波の校閲も使わない(w...)広辞苑が、岩波書店から発売されたと、反日マスコミが大宣伝。マスコミ(朝日新聞・NHKも?)も使っていない広辞苑。一体、誰に売りつけようとしているのだろう?

広辞苑は間違いが多いという事で知られます。2008年には「在原行平」伝説ネタでフェイクを書きました。記述は間違いだらけです。一体どんな人が書いているのか。特に歴史の記述など間違いだらけ。実に恥ずかしい。

今まで一方的に、作為的に垂れ流してきた誤記は糾されねばなりません。記述者よりも詳しい、現場の写真をも持った直接かかわった人を知る人が多くいるので、ウソがばれてきました。

「広辞苑」の罠-歪められた近現代史-祥伝社新書-水野翩

〈推薦のことば〉記述の偏向を糺(ただ)す、鋭くかつ正しい著者の指摘 渡部昇一

改版ごとに日本が悪玉になる『広辞苑』の不思議 〈「南京事件」についての記述の変遷〉

第一版(「南京事件」の項目の中で説明) 「日本軍が南京攻略の際に行った暴行事件」
第二版「同上 」
第三版「日本軍が南京攻略の際に行なった大虐殺事件」
第四版(「南京大虐殺」という項目が別個に独立) 「日本軍が投降兵・捕虜および一般市民を大量に虐殺し、あわせて放火・略奪・強姦などの非行を加えた事件」
第五版「同上 」
第六版「同上 」

どんどん良くなる法華の太鼓。どんどん悪くなる広辞苑の南京。

私は親が持っていた第二版までしか読んでいないので、NHKや朝日新聞が騒いでいたのが不思議でした。南京に当時いた人の話も聞いた事がありますが、あまりにも広辞苑第三版以降の記述とに、違いがありすぎます。大東亜戦争終結時、南京はきれいに整備された町だったと聞いています。

黒幕が支那共産党だとカミングアウトしているようなものですね。日本からのODAでこんな捏造をやっているのですね。毛沢東も蒋介石も南京事件などなかったと言っています。江沢民と言い、習近平と言い、真っ当な死に方はしないと思われますね。人はそう傲慢であってはならないのです。Amen.

Amenはかくあれかしと訳しませう。そういえば、宗教はマルキニストのかくれみのであるというマルクスの言葉を信じて疑わない共産主義の支那は、キリスト教教会を破壊していましたね。そんな共産主義者がユダヤ教信者であるユダヤ人など助けるわけないではないか。

いかにも「人権派」にみえて、実は娼婦や韓国人を蔑視する自民族中心主義だと批判される吉見義明が書いたとんでも本『従軍慰安婦』も岩波書店から出版されました。ホントにこの人もろくでもないなぁ。広辞苑にも嘘八百書いてあるのだろうなぁ。強制連行など一切ありませんからね。

朝日・岩波よりA.I.。人工頭脳は知識の蓄積で誤魔化しが効かないから、これからはインチキ知識人の出鱈目言説より、正直A.I.。A.I.は、支那人民は支那共産党が嫌いと正直に告白していましたw



1年以上前から米国FOXとCNNがついに『慰安婦は韓国の捏造』と全世界一斉報道。Newyork Timesも慰安婦の真実を暴露しています。

2018/1/17

愛国者と国際金融資本の戦い  

「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (馬淵睦夫

「中国(共産党)による尖閣奪取の表明や、韓国の日本敵視外交、このような両国の反日行動を阻止しようとしないどころか、逆にわが国の歴史認識を批判する同盟国・アメリカ。

日々のニュースは、まるで米中韓三国による日本封じ込めを彷彿させるようなトーンで満ちている。なぜ、そうなるのか?

その根本を理解するには、戦後東アジアレジームへの理解が欠かせない。それは、端的にいえば、中国(共産党)・韓国を利用したアメリカの日本封じ込め策に他ならない。」

うん、知ってる。そういう形でしか威厳を保てないし、対照的な国家である日本を壊したくてやっている事だって知ってる。日本が朝鮮半島や支那と組まれたら困る事も知ってる。支那や南北朝鮮も、米国に対峙するよりも米国を敵に回さない方が楽だからやっている事も知ってる。

『ソ連の解体→民営化を推し進めたのが国際金融資本。
ゴルバチョフ→エリツィンの傀儡政権が主導。その目的はロシアの天然資源の奪取。新興財閥が天然資源の国外ルートを作っていった。

それを阻止しようと立上ったのが愛国者プーチン。次々に新興財閥の追放、逮捕→投獄を成し遂げ、最後に残ったロシア石油王をも排除し、天然資源の国外流出を食い止めた。

そして、これまでのアメリカとの自作共演の冷戦は、国際金融資本との一騎打ちの熱戦に挑み、現在ではほぼ勝利を手中に収めている。

同じ共産主義国家である中国(共産党)は、天然資源がなかったので、世界の工場としての労働力確保がターゲットとなった。その管理のためには中国共産党は好都合とのこと。』

もともと日本はグローバリズムからもっとも遠い国です。UnitedでもUnionでもありません。日本国はそもそも独立した一個の文明です、縄文人がいた太古の昔から。

紀元前6〜7世紀、時を同じくして国を失ったユダ王国と建国された日本国。ユダヤ民族が極東の日本にたどり着いたのか、縄文人がイランの南西部にたどり着いたのか不明ではありますが、縄文人とユダヤ人とで今の日本国の原型が出来上がったのは確かなことのようです。


2018/1/16

自立心なんかございません、てか(^^;  

読売新聞世論調査によれば、韓国政府からの追加要求には応じないとする日本政府の方針を「支持する」83% 韓国を「信頼できない」78%
〜ネットの反応「韓国と外交をするなってのが民意ですわ」「大人の対応、冷静な対応を促す自称識者の孤立っぷりwww」「朝日毎日涙目」

ネット情報によれば、TBSの反日番組「サンデーモーニング」のアンカー関口宏までが、文在寅以下韓国政府を批判したらしい。当然でしょうね。元々慰安婦問題など存在しておりません。慰安婦はいたけれど、強制的に日本政府がそこら辺のお嬢さんを慰安婦にしたという事実はないという事です。

日本軍慰安婦の業務代金の未払金があっても、既に1965年の日韓基本条約で解決済みというのが一貫した日本政府の立場です。済んだ話を蒸し返したのは、確かにオバマ政権でしたが(北朝鮮核疑惑で。それもオバマが再選目的で仕出かした事)、今回、非公開密約を一方的に公開したのが韓国政府なら、その非公開事項には「不可逆的」の文言を入れるよう要請したのも韓国政府。密約には慰安婦像の撤去も韓国側が言い出し盛り込まれていたというから笑えるというか。適当に約束しておいて、言質採れれば、後でひっくり返しゃいい、ってなもんですかい?

日本人はもう韓国人など信用していませんから、一切関わりを持たないようにしてほしいと考えているのですが、米国がなんだかんだと関わろうとし、しかも日本を巻き込もうとするので実に迷惑。李承晩に騙されて70年余、米国って...

そもそもあの像は米軍批判の像を転用したものだし、儲かるのは銅像製造元の北朝鮮ばかり。

更に言えば、10億円を日本側が拠出するよう要請したのは自分だと、韓国の尹炳世外相(当時)が自慢気に言っていた。それを何故今になって韓国が出すというのか。ならば最初から韓国が出せばよかったのだ。日本はもうすでに日韓基本条約で代金未払分は支払い済みなのだから。

日韓合意の時には、自称慰安婦の方々から何一つクレームは出ていませんよね。8割がたお金を受け取ったらしいけれど残りは、もうないのでは?幹部がごそっとやめて、韓国がいまさら意味不明に10億円拠出するというところを見ると、財団幹部が持ち逃げしたのかしら。いつものパターンとでもいうか(^^;

かつて、主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性との語彙で用いられている慰安婦というのは正しくは戦時売春婦です。性の相手をさせられたという「受動態」は間違いで、お相手をした、春をひさいだという「能動態」が正しい表現です。

無理やりではありません。いやなら拒否すれば済みました。働かなければ当然のことながら代金はもらえませんでしたが、働かない自由はあったようです。当然ですね、ただの商売ですから。奴隷として買われていたわけでもなんでもない。単なる雇用契約。年齢確認に戸籍謄本提出が義務付けられていたし、親の承諾も必要でした。

1966年の韓国最高裁判所判決ででも慰安婦は売春婦であるという判決が出ています。コリアン慰安婦への米軍調査公式文書にも、慰安婦は売春婦に過ぎないと書いてあります。



慰安婦の人の名誉の回復って、一体、何の事か考えてみましたが、売春稼業が恥ずかしいという事ですか?自分はやりたくなかったけれど、日本軍が無理やり慰安婦にしたから、自分は悪くないと言いたいのですかね、もしかしたら。別に悪い事をしたわけではないのに、変な理屈ですね。韓国女性は売春させろと政府に詰め寄っているようなお国なのに。

慰安婦に強制的にしたという唯一の証拠が、日本名吉田清治(在日朝鮮人)の著書のみ。それはフィクションだと本人が言っているのだし、それ以外に何の他者証言も文書も証拠になるようなものは一切出てこないのですから、自称被害者とやらがいくら被害にあったといえど、そりゃ、通りません。

日本人はいくら恥ずかしいことでもやった事はやったと認めますよ。強制連行はやってない。

日本が欧米の要請を受け、義和団蜂起(支那での在外国人排斥運動)鎮圧に駆り出されたまま帰国できない状態に陥り(ヒトラーにそそのかされた蒋介石側がちょっかいをかけてきたから)、とうとう日中戦争が勃発。上海辺りで強姦事件が起きたという。

それで、プロの女性の力を借りたというのが慰安所設立の動機だと聞いています。

戦時性暴力で圧倒的に辛いのは強姦でしょうが?慰安婦稼業は応募してこなければ、そういう行為に及ばなくてもいいのですから、本人の覚悟こそが問われるわけです。あの慰安婦の女性たちはめそめそして自身の意志ではない、自立していたわけではない、誰かの言いなりに慰安婦になったと言っているわけですか。ちょっとかっこわるくないですか、それ。半島出身女性より何倍も多くいた日本人慰安婦の女性を見習ってもらいたいものです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ