2018/2/16 | 投稿者: 中田雅喜

家にこもって「漫画の手帖」の原稿書いてた。
今回はモブシーンについて。
東映のモブはエキストラと違って、演技のできる大部屋&ベテラン&ニューフェースがコラボしてるので面白いという話。
参考資料に『丹下左膳』(1958)を見直した。


〇『丹下左膳』 (1958/松田定次)−−原作:林不忘。撮影:川崎新太郎。カラー。100分。
大友柳太朗の丹下左膳、大川橋蔵の柳生源三郎、ひばりちゃんの萩乃、ちょび安は松島トモ子。
丹下左膳を演じてきた歴代スタアの大河内傳次郎、月形龍之介、団徳磨らも共演。東映若手のオールスタア映画で、ひばりちゃんもしっかり歌って楽しめる。
物語は−−、みなさんご存知もの。
【コケ猿のツボに秘められた百万両を狙って敵味方入り乱れての奪い合い。】それだけ。
目新しさは何もなく、観客はみな知っている物語だ。見どころは別のところにある。

なにしろ「東映シネマスコープ一周年記念作品」だから、その両端の空いたスペースを何かで埋めなければならないwwそんな強迫観念に駆られたのか、「その他大勢」がやたら出てくる。
冒頭の大名行列(はっきり言って、いらない)。大広間に集まった数百名の家臣と大名(いらない)。そこに金魚鉢をもってやって来る数十名の腰元(いらない)。
お琴のBGMが悠長に流れる中、これから事件の発端となる「金魚くじ」がいよいよ始まるというシーンだ。

いまどきの映画ならこの最初の15分は全部カットする。
これだけで何百人使ったと思う? どんだけ人件費かかると思う?
柳生対馬守が「金魚くじ」の罰ゲームに大当たりして、国元で大慌てしているところから始めれば十分だ。
こんな無駄なこと、東映黄金期の松田定次しかやらない。
しかし、この無駄な豪華さがこの作品の価値を高めている。東映京都に優れた大部屋があったからこそできる技だ。
クライマックスは何十人単位の大チャンバラシーンで、そこに捕り手が何百人もやって来るww

高度成長期で人が溢れていた時代の東映黄金期の娯楽映画だ。
いまとなっては「老後の楽しみ映画」と言うべきか? 夫も子供の時に映画館で見たと言った。
うん、楽しんだよ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/2/4 | 投稿者: 中田雅喜

立春・・・らしい。
今年は異常な寒波で体調ガタガタ。ポケモン狩りもお休みだ。

ベランダのチューリップにラップをかけて霜よけをしてやったら一週間ほどで芽が出てきた。
ラナンキュラスも室内に入れてやったら二週間でわさわさに茂ってきた。

あまりに寒くて、脳ミソも身体も全ての機能が停滞している。
しかし締め切りはやって来るので、DQ11をしばらく休んで描き始めるしかない。

春よ来い。早く来い!

クリックすると元のサイズで表示します
白いシクラメンも美しい。だがこれ買ったときはピンクだった。肥料をやったら少しだけ色づいてきた。
クリックすると元のサイズで表示します
ラナンキュラス5代目。アネモネは三代目。果てしなく増える。
0

2018/2/3 | 投稿者: 中田雅喜

中野サンプラザへ。家族会の新年会。
先週から風邪が胃に来てお粥しか食べられないので、食事会はパスして講演だけ視聴させてもらった。

講演の内容は例によって「自衛官候補生募集」
とにかく人手不足。
高卒の男子やフリーターで失業中の27歳未満の男性なら誰でも応募できるので声かけてくれとのこと。

そんなに人手不足なら何で不景気の時、競争率50倍でうちの娘を落とした!?
男子はそんなに簡単に受かるのか!?
もう女子の応募は締め切ったから男子を探してくれとのこと。
いま好景気で倍率が大幅に下がって、かなり受かりやすいようだ。

自衛官の給与は公務員レベルなのでまったく高くはない。
しかしボーナスはしっかり出るし、寮生活の衣食住付きなので孤独にはならないし貯金は出来る。
仕事は言われたことさえやっていれば良い。滅多なことではクビにならない。
うちは公務員一家だから、そういう点では自営業や一般企業より楽だとつくづく思う。そこらへんで不安定なバイトしてるよりは、はるかに良い。それだけは確かだ。
すくなくとも親は安心できる。

そういうわけで「自衛官候補生募集」チラシを貰って帰ってきた。
フリーターの方や自宅警備の息子さんのいる方はふるってご応募ください。
詳しくはこちら。http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/2/1 | 投稿者: 中田雅喜

皆既月食。
予報よりも雲が少なく、きれいに見えた。

先週から風邪ひいて寝込んでいるのにベランダに出て写真撮ってたら、風邪悪化した!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/24 | 投稿者: 中田雅喜

酷寒の中、私の後期単位認定試験は終了。
「日本文学の名作を読む」はAプラス間違いなし。
「人口減少社会の構想」は・・・、まあ合格しているだろう。

二科目とも面白い内容だった。
勉強は嫌いじゃないが、テストは嫌いだ。
どんどんカタカナ名称が覚えられなくなってきた。

DQ11も後半に突入したが、カタカナの地名が全く覚えられない。
なんでもっと日本的な、場所を連想できる名前にしてくれなかったのか?
地図は小さすぎるし、街も城も表示されない。他は初心者向けの試飲説設計なのだが、しこたまお使いを頼まれるのに地名表示が無いのがネック。

ともかく試験が終わったので、夕方から指がしびれるほどDQ11をやる。
明日も一日中DQ三昧だ。



0

2018/1/12 | 投稿者: 中田雅喜

銀座三笠会館へ。さいとうプロ新年会。
今年は13日が土曜日なので12日の開催になった。会場は大盛況だ。

まずは、さいとう・たかを大先生に御挨拶して、お土産のDVDを渡す。
センセは喜んで、「お前らバンツマなんか知らんやろ!?」と周りに見せびらかしてくれる。
それから林家木久翁さんに御挨拶。今度、坂本頼光さんとコラボのライブするとか。――ぜひとも行きます!
藤子Aセンセが乾杯の音頭を取って、食事しつつ、年に一回しか会えない劇画関係諸先輩方に挨拶して回る。

やまざき十三さんと話していると側の方に「奥さんですか?」と訊かれた。
「まあ、そうだったらステキ!」と返事したら、池上遼一&武論尊、両センセだった。
「え!?あの名画の池上遼一さんですか?」と訊き直すくらい、池上氏は若々しかった。
それから映画の話など。
意外だったのは池上センセがド・メジャー好みだったこと。メジャーな作品とメジャーな主役の話ばかりする。
「陰と色気の漂う池上遼一目!なのに、メジャー志向なんですか?」と訊いたら、
「ムリにメジャーな映画見てるんじゃなくて、本当に普通に好きなんだ」とのこと。
トム・クルーズのちょっと不満げな唇も参考にしているとか。あの「池上遼一目」も日本人の目ではなくて欧米人の目を参考にしていたとか。
いろいろお話してもらったが、まったく私の映画の趣味や観方とは正反対だった。
昔みやわきさんが、「池上遼一は映画の話題では仲間内でちょっと冷たい扱いを受けるんだ」と笑っていた。その意味が初めて分かった。
池上センセは心の底からメジャー好みなようだ。
武論尊センセは穏やかな紳士風なので、「もっとカルトな感じのイッちゃってる方を想像してました」と御挨拶すると、
池上センセが、「一週間ほど付き合ったら、そのとおりだと分かりますよww」と。


毎年ビッグな方々と出会う。エネルギーを感じる。
みなさん70〜80代なのだが、魅力的な殿方はいつまでたってもオーラが漂っている。てゆーか、なんでこんなに若々しいの?
私も頑張らなくっちゃ。
0

2018/1/11 | 投稿者: 中田雅喜

で、正月終了。
すべて正月グッズを片付け、14日はどんど焼きに持って行く。

娘が帰って正月終了と同時に試験勉強開始だ。
すべに単位認定試験2週間前。
「人口減少社会の構想」と「日本文学の名作を読む」の二科目。持ち込みOKなので何とかいけそう。

恐ろしく寒い日が続く。
冷蔵庫の中でポケモン狩りをしてるようだ。

それでもチューリップの芽が出始めた。盆栽の梅が咲き始めた。
一輪だけでもいい香り。春が近いと教えてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/4 | 投稿者: 中田雅喜

朝から公園に行って走る。
3000メートルを15分以内に走らないと娘は昇進試験に受からないのだ。
受からないと肩たたきが始まる。娘のタイムは18分30秒。朝練しないと試験に間に合わない。国家公務員は全然楽な仕事じゃない。

さて、今年の初映画だ。
クリックすると元のサイズで表示します
娘がまだ『エイリアン(初代!)』(1979)を未見だったのでDVDで鑑賞。
横で夫が実況中継。これは着ぐるみ、これはミニチュアetc。娘は、コンピュウターがブラウン管でDOSなことに驚き、「こんな宇宙船で飛ぶな!」と、二人でやかましく突っ込み合いしながら見てる。
クライマックスでは「猫が〜!猫が〜!」と喚きっぱなし。おまけにエイリアンが怖くて夜寝られないと。
何の予備知識もなくロードショーで見た夫は、どんだけ怖かったか!(私は三番館)

クリックすると元のサイズで表示します
帰り際に『2001年宇宙の旅』(1968)もさわり″だけ見る。
【猿人がモノリスに触れ、賢くなって骨の武器を持つようになる。その骨がぽーんと空高く舞い上がるとそれは月に向かう宇宙船となる。
月では新たなモノリスが人類を待っていた。モノリスは信号を発し、人類はその謎を解くために信号の指し示す木星へと向かっていく・・・】
−−−長い導入部はここまで! あとは人類を出し抜いて進化しようとするコンピューターとの死闘になる。

夫と娘は、「モノリス触ったよな? 2001年のSF大会で」などと話している。
「有名な♪デイジーデイジーまで見て行ったらいいのに〜」と私。
だが、時間だ。娘は寮に戻って行った。デイジーはまた今度。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
娘が帰って、一家三人庶民の正月は終了した。
私は脱ぎ散らかした着物を、夫は正月セットを片づける。

娘は、2月の酷寒期に屋外での仕事が何週間も待っている。
風邪ひくなよ。元気でな。
0

2018/1/2 | 投稿者: 中田雅喜

娘が帰省しなきゃ誰が正月の支度などするものか。
帰省する子供がいるからこそ、仇のように掃除して正月の飾りつけをし、ごちそうを用意し、着物を引っ張り出すのだ。

大晦日まで仕事だった娘は元旦の昼前に帰ってきた。
急いでお昼に白みそ雑煮を作り、お節を広げ、お屠蘇を注ぎ、さあ正月開始!だ。

お腹いっぱいごちそうを食べて、初詣に行き、写真を撮って、アニメを見て一家三人穏やかな正月を過ごす。
娘よ。私が死んだ後も、ちゃんと日本の伝統を受け継ぐんだよ?
クリックすると元のサイズで表示します

娘がニコン一眼レフで撮った正月風景↓さすがに美しく撮れる。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

撮影中の娘。
クリックすると元のサイズで表示します
着物なんだから一眼レフなど首から提げないで座って観てなさい!
クリックすると元のサイズで表示します

今夜はスーパームーン。撮った写真を見ながら三人であれこれ会話は尽きない。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/1 | 投稿者: 中田雅喜

初春のお慶びを申し上げます。

旧年中は皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もご指導の程宜しくお願い申し上げます。

新しい年が皆様にとって佳き年でありますように!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/12/30 | 投稿者: 中田雅喜

娘の「ルパン原作ファン本」のブースに立ち寄ってくださった方、本を買ってくださった方。
ありがとうございました。
まだコミケは大晦日までやってるんですね。スタッフの方々、本当にお疲れ様です。

娘はコミケ会場から寮に戻って、明日も仕事です。
私は家で大掃除のラストスパート。
まだ洗面所と私の部屋と床のワックスかけが残っているけど、とりあえず花を活けました。

クリックすると元のサイズで表示します
ベランダで種から育てた千両がやっと正月に使えるようになった。これもほとんど鳥に突かれて食べられた残りもの。
育てた松も、やっとこさ使えるように。
買ってきたのはロウバイだけ。(ロウバイは娘のリクエスト)
ロウバイも育てたいけど、これはたくさん蕾をつけるのはプロでないと難しい・・・。

そのうちすべての素材をベランダで育てた花木で補えるようにしたいです。
ああ・・・ あと残り一日ですね。

みなさま良いお年をお迎えください。

0

2017/12/29 | 投稿者: 中田雅喜

娘も友人も、知り合いはみなコミケだ。
ちなみに娘のブースは30日の「ヤ38b」。「ルパン三世 原作資料本」で、私は漫画とエッセイを寄稿している。(印刷に間に合っていればだが)
クリックすると元のサイズで表示します

娘が大掃除を手伝ってくれないので今年は手抜きだ。障子の張り替えをパスした。
コミケに行くみんなは正月の支度どうやってるんだろうか?

私は年賀状作成するだけで最短二週間はかかるし、大掃除と雑煮やおせちの下ごしらえで年末は動くことなどできない。
ましてや同人誌を売りに行くことなど不可能だ。

みなさん掃除はプロに外注しているのだろうか?
さすがに年を取ったせいか、窓ふきと台所掃除とベランダ掃除をしただけで足腰にガタが来た。
うちも来年は外注しようか・・・

大根と人参と子芋を茹でた。あちゃらを作った。
指に柚子の香りがしみ込んでいる。
もう2017年もあと二日だ。毎日が飛んでいくようだ。
0

2017/12/26 | 投稿者: 中田雅喜

賀状制作・・・なんとか妥協する。あとはプリントするだけだ。

アップリケを額装する。
ちょっと額が小さかったが、まあ正月の間だけだから。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/12/22 | 投稿者: 中田雅喜

リボンを付けた。可愛くなったかな?
アップリケも結局立体と同じだけ時間がかかった。

餅花飾は時間が無いので100円ショップのありもので済ます。

写真撮影して、あとは構成するだけだ。
なんとか元旦に間に合わすよう印刷するぞ!!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/12/21 | 投稿者: 中田雅喜

今年は天候不順だ。秋を飛ばしていきなりの真冬になった。
そのせいか都会の鳥たちは食事に必死だ。
うちのベランダにも何をついばみに来るのか毎朝ヒヨドリの糞だらけだ。

マンションのキンカンも毎日鳥の食事場になっている。
樹の下も梢も糞だらけだ。こんなことは今まで無かった。このまま実らせておいても鳥に喰われてしまうだけなので間引く。

10リットルバケツにいっぱい獲れた。
まだ青いし甘くない。生では食べられないのでキンカン酢やマーマレードにする。

近所のうりさんちに持って行って1キロほど押し付けた。
ひなちゃんが赤ちゃんを連れて帰ってきていた。ふわふわしてて、とっても可愛い(はあと)

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ