2009/6/19

!!重要!!おやじ会便り続編のお知らせ  

みなさまーっ!
ブログを移動する事となりましたので、こちらにご報告させていただきます。今後はこちらをブックマークして、アクセスのほどよろしくおねがい申し上げます。


「ミュンヘンおやじ会便り その2」
http://www.servusmunchen.blogspot.com/


これからもミュンヘンから会長の生ライブをどしどしお届けしますので、引き続き、ぜひ愛読してやってください。よろしくおねがいいたします。
1

2009/6/8

びっくり!トッティ近況  会長のせがれ成長記

じゃじゃーん!ミュンヘンに土曜日の夕方、無事到着しました。仏機さんの事故もあったので、ちょっとびびりながらでしたが、乱気流もまるでなく究極に平和な道中で、機長も乗客も口をとんがらして、ちょっとつまんないくらいでした。

空港には奥さんとトッティが笑顔で迎えにきてくれていました。まぁ、おったまげましたよー。3週間いなかっただけなのに、せがれが急ピッチで成長を遂げてました。3週間前の、あの幼くあどけない少年の顔が消え、食事も高タンパクを含むものにかわったため、足の筋肉やらもりゅうりゅうとなり、まさに青年になってました!かわいい息子のトッティ、でかいながらも、かいちょの姿をみかけると「ひぃっ、ひいっ」と甘えた感じで鼻をならしながら、嬉しさのあまり飛びかかってまいりました。3週間前なら、余裕で「えいやっ」と突き放せましたが、今回はパワー負け。でかすぎて突き放せず、涙の再会、そして抱擁どころか、あちらこちらを食いつかれました。到着そうそう、かいちょの腕には極道と勘違いされるほどの2本の爪痕が!トッティや、あんた、どこまで大きくなるんかいなー!?ひぃーっ!

トッティも親元へ里帰りしていたわけですが、ここでパパのフレッキィからいろいろ悪さを教わってきたようです。ガキ大将そのものだったみたいで、近所のシェパードにちょっかいをだして、けんかになったらしく、目のしたに2つ3つ、傷をつくって帰ってきました。男の勲章っちゅうもんです。わんぱくでもいいんです、たくましく育ってほしいんです。

クリックすると元のサイズで表示します
目の下の白いところ、けんかの傷あとです。大きくなったでしょ?

いやぁ、しかしもって長くミュンヘンに住んでしまうと、ここに帰ってきて実はほっとしました。こんなこというと、かいちょは非国民だ!ってみんなに思われちゃいそうですが、日本は大事な祖国なのに、ちょっと寂しいけど、まるでもう外国みたいに感じます。それだけ、会長がドイツ、それもミュンヘンに根っこを深くつけてしまったってことでしょうか。いやぁ、ほんとこれは難しいとこなんですよね、自分でも自分がようわからんです。中身もみかけも中途半端に日本人で中途半端に外人だから。また考えすぎるとうつがでちまって、やっとかかったエンジンがエンストおこしちゃうんで、あまり深く考えず、どーでもいーやー、勝手にしやがれ!ぐらいで、気楽にやっていきます。

とりあえず、ミュンヘンは6月のくせして寒いです。到着時なんて13度しかありませんでした。明日からふくかいちょとともに、視察旅行という名のもとの慰安旅行で、マヨルカ島へフィーバーしにいきます!毎年恒例行事である副会長との慰安旅行、ベイブをじっくり視察して、ワインとタパスをつめこんで、ビーチでごろごろ甲羅干し、地中海にざっぶーん、ひとあし早い夏休みをむんむんと満喫してまいります! 治癒力むんむんですよー!

4

2009/6/5

さよならニッポン、会長もデパーチャー!  会長のバカンス

楽しかったニッポン滞在も今日で終わり。明日の昼にはルフトさんに飛び乗って、ハンカチで目頭を押さえながら、奥さんとトッティとアウグスティーナの待つミュンヘンへ帰ります。ブログ上で失礼しますが、滞在中に忙しいなか時間をつくって会ってくれたみなさん、本当にありがとう!かいちょは、みんなと再会したことがとても嬉しく、心の救いになりました。生き生きとしたみんなに囲まれ、励まされ、かいちょもうつにばっかりひたってられんわいっ!と痛感しております。お国は遠くはなれてても、心はひとつ、また帰国の時は、こんなかいちょと遊んでくださいねっ!

さて「帰国」から無理矢理つなげるわけじゃないですが、先週、ずっと見たかった「おくりびと」を新宿ピカデリーに見に行きました。(かなり遅れた話題ですんません)2008年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品、ちょうど最近「departures」というタイトルでアメリカで上映されているようですね。(http://www.departures-themovie.com) あの元シブガキ隊のもっくんも、いまや立派な俳優さんになられちゃって。モッくん、ヤッくん、フッくんといえば、「Zokkon命(love)」か「スシ食いねぇ」か「100%そうかもね」で元気よく歌ってた姿しか思い浮かばんですよ。まぁ、こんな80年代の話はいいとして。とにかくこの映画はモッくんが納棺夫という仕事に深い感銘を受けたのがきっかけで、映画となったとか。かいちょも実際、納棺師という仕事自体、このような映画を見なければ、一生知る事なしに終わっていたと思います。モッくんが奏でるチェロの音色から、山形の素朴な田舎の風景、そして納棺師の仕事を大切にまた美しくありありと描いた、いい映画でした。ヒロスエちゃんのぶりっ子ぶりがあまりカイチョとしては気に入りませんでしたが。伝統的な日本の文化、ぜひ守っていきたいもんです。

本当は今渋谷で上映中の「非女子図鑑」もぜひ見ておきたかったのですが、あまりにも時間がなさすぎて、今回は見られませんでした。っちゅうわけで、かいちょも明日departureです。そういえば、小室のテッちゃんが引率してたGlobeにもdepartureっていう曲、ありましたよね!?いやぁ、ニッポン最後の夜になって、ひとつやり残した事はカラオケだーっ!と、もんもんとしております。

2

2009/6/2

明治神宮様、これからも、そしてこれからこそ。  会長のバカンス

梅雨もまじかなニッポンよりごきげんよーっ!
先週は宴会に忙しく夜光虫のようにでまわりながらも、奥さんとかいちょの思い出の明治神宮様へお参りにいってきました。これからも、そしてこれからこそ、二人の人生を導いてくださいな、っちゅう思いを込めて。

クリックすると元のサイズで表示します
原宿口からの鳥居をくぐります。トーキョーの雑踏のなか、ここにくると、緑があって静けさがありいつもホッとする会長です。

クリックすると元のサイズで表示します
本殿前にある夫婦楠という2つのクスの木。仲良くならんで、いいですよね。初心にかえる思いです。

明治神宮御苑は、花菖蒲で有名どころですが、見頃は6月10日あたりだそうです。先週せっかく来たので、門番のおばちゃんに「かいちょ、まだ全然さいてませんよっ」って言われたにも関わらず500円払って見学しましたが、まったく咲いていなくってがっかり。門番のおばちゃんの言う事を素直にきいとけばよかった。
ぜひ満開の花菖蒲をみなさま見に行ってみてください。


クリックすると元のサイズで表示します
御苑は年中無休ですが、入園料がかかります。でもこれも庭園の維持費のため!
花菖蒲が見頃のころ、ここも紫一面できれいでしょうな。

クリックすると元のサイズで表示します
御苑内にはうっそうとしげる熊笹や茂みの小道がくねくねと続きます

クリックすると元のサイズで表示します
ひっそりと咲いてた花菖蒲を激写!なんともいい紫色をしてます。

かいちょのニッポンでの滞在もあと数日。体力的にも肝臓的にも金銭的にももう限界っ。でもラストスパートかけて、ガッツだぜ!の会長です。
4

2009/5/27

ぎらぎらと、ドイツの誇り、ビルケンシュトック  

さわやかな風とまぶしい太陽のトーキョーでございます。適当な湿度もあって、いつも白い粉をふいてる会長の肌もしっとりつやつや、やっぱりアジアの湿気はいいですよね!乾燥しまくって、日射しだけが強いヨーロッパにいると、この湿気っちゅうのが恋しくってたまりませんですよ!

トーキョー到着からはや1週間、やっと時差ぼけもなおって、外国のような祖国ニッポンの生活にもなれてきました。最近はマテリアル王国ニッポンで、「あんなもの、こんなもの」のパワーショッピングに夢中です。会長の「こんなもの」の中で、足に優しい健康サンダル、ドイツが誇るBirkenstock(ビルケンシュトック http://www.birkenstockjpn.co.jp/)を購入しました。いやぁ、読者のみなさまには殴られますでしょうなー、なんでトーキョーまでいってドイツのもんを買うんかいなっと。そう思われる方のために、一言申しておきますが、ドイツでビルケンシュトックはおじいちゃんとおばあちゃんとお医者さんと看護婦さんのためにあるようなものです。つまり、やぼったい質素な色しかないのですよ。ところが、ビルケンシュトックジャパンでは、特別にデザインやカラーをドイツのほうに注文して日本用に作らせている、ということなんですね。
さすが、ニッポン!要求する事がちがいます!

ビルケンシュトックはかなり長い歴史がありまして、1800年代ごろより、シューマイスターであったビルケンシュトック氏によって創立されました。アメリカ時代のころからビルケンは愛履きしてますが、ほんとうに長くはけばはくほど自分の足にぴったりあってくるんですよね。ちょー、気持ちいんです。とくに会長は腰痛持ちなわけですから、足に優しいものをはかなくっちゃならないので、ビルケンさんには本当に長年お世話になってます。

今回購入したのは、草履タイプのぎらぎらゴールド!カイチョのなかで、今年の春夏は断然ゴールドが熱いっ!ので、即買いでした。お値段は、ドイツで買うのと比べると、約2倍〜3倍はしてしまいますが、ファッション性を考えたら、ドイツの質素なものよりもトーキョーで買った方が断然グー!!足にも腰にも優しい健康サンダル、今年の夏はぎらぎらビルケンで決まりでしょう!銀座、六本木、渋谷、原宿、新宿と、だいたいのエリアにはありますから、ぜひ足を運んでみてください。今日もぎらぎら履いて、恵比寿まで宴会に繰り出すカイチョでございます。トーキョー万歳、ニッポン万歳!!

クリックすると元のサイズで表示します
今年のかいちょのぎらぎらゴールドビルケンです。




6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ