ノアノア noanoa chalkart works

チョークアーティスト・CAA日本チョークアーティスト協会認定講師として活動しています。
大阪市内の自宅で教室しています。
作品をドンドン紹介していけるように頑張ります♪
建築家との家づくり記録もあるよ。

 
「ノアノア」を登録 人気blogランキング にほんブログ村 美術ブログ チョークアートへ
にほんブログ村

CALENDAR

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ARCHIVE

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ノアノア
仕返しネ、m-louisさん、うまいこと言わはるワ〜。

>何しろこれらの用語は施主予備軍
にとっては最高の撒き餌ですからね。

うん、だから施主予備軍の人が読んだ時、物足りな
さを感じるのでしょうね。期待していた言葉が一つ
も出てこないって。

それにしても、早く他のみなさんの感想も聞いてみ
たいですね。私達だけで盛り上がるのはもったいな
い(笑)

http://pink.ap.teacup.com/noanoa/
投稿者:m-louis
それじゃー私はハウスメーカーのイケ面営業担当者で
もやりましょうか〜(冗談)
ともあれ、何だか今回のノアノアさんの焦らし戦法は
それこそ本のなかでジンが桂子に対して散々やってた
ことをまんまと仕返しされたような形となりましたね
(笑)

しかし、朝妻さんが言い訳されてる「構造躯体、断
熱、空調、仕上げなどを一切書かないと決めていた」
というのは本当に御苦労でしたし、勇気のいること
だったと思います。何しろこれらの用語は施主予備軍
にとっては最高の撒き餌ですからね。

誤植については私のブログのコメントで朝妻さんに注
文フォームとは別に本のことで1本エントリーしては
どうか?(トラックバックがレビューとなるような感
じで)と書きましたが、そのページの追記スペースな
どに誤字脱字の追加分もすべて挙げられては?と思い
ます。ついでにコメント欄で新しい間違えを受け付け
ててもいいかもしれませんね。

それでは私も言い訳編、楽しみにしてます。

http://yanaka.m-louis.org/blog/
投稿者:ノアノア
お忙しい中、感想つけていただいて、ありがとうご
ざいます。

予告通り、言い訳編も書こうと思っているので、今
回は簡単に。

ナマイキでスイマセン。
だけど、持ち上げることなく、遠慮することなく、
感嘆も批判も自分の思ったままを書きました。

皆様、脇役立候補、受け付けてます。

http://pink.ap.teacup.com/noanoa/
投稿者:asazuma
どうも!朝妻です。

感想の感想

>家づくりを経験した人には、・・・そこの部分をサラッと読み過ごすか、「ん、待てよ?」ととどまるか、それが家づくりの成功・失敗を分ける分岐になるかもしれない。

(そのとおーり!さすがよく分かってらっしゃる)

>ただし、私だったらこんな言い回ししないなぁとか、・・・その辺の表現に今一度再考する余地アリだからか。
(これもそのとおーり!
でも、ちょっと言い訳。
具体例:構造躯体、断熱、空調、仕上げなどを一切書かないと決めていたので実は少し大変でした。)

重箱の隅をつつくように読んだので、誤植も目に付いた。オシイぞ。
(うん、オシイ。いや、著者としては悔しい&情けない)

>まだまだこれから家を建てようとしていて、・・・だからそういう人達の為にも、この本を広く世に出していかなければイケナイ。
(そうだ!いけないのだ!)

>さあ、みんなで流行らそう!朝妻本!
(オー!!)

>ベストセラー、業界ナンバーワン、建築業界に一筋の光、朝妻本!
そして、「家づくりは、はじめてですか?」映画化決定!
(オー、そうだ。いけいけ! ってそれはナイナイ)
>・・・てなことになったら、配役は
 ジン・・・朝妻さん
 桂子・・・私
(これはもっとナイナイ)

>コレ決定。あと脇役も若干アリ。
皆さん今から立候補してはいかが?
(だから、決定してないって。
でも、立候補は受け付けます。)

まずはここまで、次につづく

http://www.asazuma.com
投稿者:asazuma
ノアノアさん

どうも!朝妻です。

感想文、本当にありがとうございました。

もんのすごく嬉しいくて、
もんのすごく恥ずかしい感じです。

すみません。
ちょっと時間がないので、また後ほど
改めて、書き込みいたします。

まずはお礼まで。

http://www.asazuma.com
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ