2017/3/13  17:25

ueda yamato  上田毅八郎

クリックすると元のサイズで表示します

昨年、他界された浜松市の画家(船舶画家)上田毅八郎氏のご家族より、昨年お仕事部屋の資料をいただいたのを思い出し時間のある時にアーカイブしようと整理を始めました。今月になり中身を確認しながら整理していましたところ・・・「宇宙・・ヤマト」のスケッチに水彩で着彩したコピー用紙が出て参りました。イラストボードに描かれたもの存在は確認していました(現在、東京の戦傷者資料館「しょうけい館」に寄贈されたことは、記憶しているのです)が下書きのペン画に着彩したこの資料も中々の出来栄え!発見です!(^^)
「宇宙船艦」と!「戦艦」が「船艦」になっているところが先生らしい・・・。
0

2016/9/21  9:45

上田毅八郎追悼展  デザイン

父親が昨年末に他界しバタバタ忙しく過ごして半年、6月に模型メーカさんより上田毅八郎先生の訃報の連絡が入り2重の悲しみでした。どことなく父親と上田先生の気質が似ていたこともあり上田先生にはとても親近感があったのです。
(年齢は上田さんの方がはるかに年上ですが)長生きしてもらいたかったです。

ご家族とも「100歳になったら記念の展覧会を企画しましょうね、私が企画しますから」とお会いするたびにそんな話をしていました。

今回短い会期(2016年10月1日〜9日)ですが上田毅八郎先生の偲ぶ会と追悼展の企画をさせていただき、短いお付き合いでしたがご恩返しのつもりで今日に至ります、いよいよ!もうすぐ開催というところまできました。

上田先生自身が所有していた作品約4000〜6000点原画は東京の戦傷者の記録を保管する博物館「しょうけい館」(東京千代田区九段)にご家族が寄贈した経緯で作品はすでに国有化され、追悼展のために作品を貸しを願う家族や私達の申請も残念な事に叶わぬ結果となり(対美術館レベルでないと貸し出しできないそうです。人情味の無い国の施設に怒りすら覚えます)憤慨した私ですが、株式会社タミヤさんはじめ静岡模型教材協同組合さんのご協力のもと、静岡駅前の静岡ホビースクエアを会場にお借りすることができました。現在上田先生の模型用の箱絵(ボックスアート)を一番所有しているのが静岡の模型メーカ各社(タミヤ、ハセガワ、アオシマ)で各社より150点程の作品郡をお借りすることができ、加えて我々上田先生と交流のある関係者とご遺族からも、ゆかりの品々を展示させていただく予定です。
クリックすると元のサイズで表示します
↑追悼展のポスターデザインができました。
オレンジの夕日の大和の原画は現在は「しょうけい館」所蔵となり貸し出しが不可能なため複製原画の作品出展になりますが是非見に来てください。
上田先生が自慢げに来客者にいつも観せていたお気に入りの作品なんです。


クリックすると元のサイズで表示します

↑青空バックの大和の作品は株式会社タミヤさん所蔵で現在のウォーターラインシリーズのボックスアートに使用されている物だとお思います。
0

2016/4/6  20:40

プラント模型製作に初挑戦  デザイン

ヤマハ発動機の仕事をしている友人の会社より依頼があり。人生初ジャンルの仕事、「プラントの模型を製作」をさせていただきました。汚れた水を綺麗な飲める水にする浄水装置(YCW-008A)でアジアやアフリカにて使われているものです。事実上1ヶ月で仕上る急な仕事でしたが、専門で請け負っているプロの皆様のご苦労が身にしみて解りました。とても良い勉強をさせて頂き関係皆様に深く感謝いたしております。4月から約1け月?は東京九段のJICAさんにて展示されているそうです。


http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/movingyou/001/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/2/6  17:58

アニメーション監督増井壮一さん講演会  静岡文化芸術大学

クリックすると元のサイズで表示します

昨晩の静岡文化芸術大学のメディアデザインウィーク講演4回目はアニメーション監督の増井壮一さんのお仕事のお話をお聞きしました。私自身もアニメーションを観るのが大好なのですが、あまり監督さんや制作に携わる人のお名前まで見ていなかったので本当に申し訳ない気持ちでしたが。監督の携わったアニメーション結構観ていました。(^^)昨日の講演では増井さんが監督を務めた、ボンズ作品の「棺姫のチャイカ」の絵コンテ、台本、設定資料を見せていただきながら一つのアニメーションがどのような流れでどんなスタッフの元、制作されていくのか?「P.A.WORKS」さんの「SHIROBAKO」のアニメのような制作現場の仕事の役割をお聞きすることができました。ちなみがウチの大学の学生が2名ほど「P.A.WORKS」さんに就職しているらしいのですが、増井さんにアドバイスいただいたというエピソードもあったそうです。アニメーション監督の仕事道具を持ってきてくれたのですが・・・「ストップウオッチ」が必需品だそうで!演じるキャラクターごとにセリフの秒数なども違い、20分の作品に300カットに収めるために秒数との駆け引きが計算されているという深い話もお聞きできました。明日からアニメ番組を観るときに何カットで一つの作品ができているのか?数えてみようかな?増井壮一さんの講演また次回もあるのでは?という雰囲気の元講演は終了しましたが、お時間があれば次は浜松に泊まりで来て欲しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/2/2  9:48

社会のために少しでも自分にできること  デザイン

クリックすると元のサイズで表示します

 尊敬する先輩グラフィックデザイナーの福島 治さんより数ヶ月前に依頼がありエボラ出血熱から子供たちが感染しないように様々な支援するユニセフに協力するために、デザイナーにTシャツのデザインを募りそれを販売して応援するプロジェクト「ギフトホープ」2月の活動テーマに参加しました。今までTシャツを購入することはありましたが、私自身がデザインを提供してそれを販売し利益を支援する形は・・始めでで売れなかったら責任を感じてしまうのですが・・グラフィックデザイナーとして、ささやかながら今すぐ協力できることは、この活動のためにデザインを提供し少しでも私の関係の皆様に宣伝もし・・・一枚でも多くTシャツを購入していただき結果それらがユニセフへ寄付されるように働きかけたいと存じます。

http://gifthope.jp/1502select/s1502019/?fb_action_ids=748382045238008&fb_action_types=og.comments
0

2015/2/2  9:29

メディアデザインウィーク講演会  静岡文化芸術大学

昨日より始まりました静岡文化芸術大学のメディアデザインウィークですが2/8までの様々なプログラムが展開されていきます。昨日は最初の講演で映画俳優の香川京子さんをお招きしての講演でした。大学側の宣伝が足りず来場のお客様は少なかったもののお集まりいただいた皆さんは本当に映画の好きなお客様たちが集まり撮影当時のエピソードを含め、香川さんの出演映画の様々な映画監督さんのお話など貴重なお話をお伺いすることができました、あっという間に時間が経過してしまいい、急いで駅にお帰りになるところを、司会進行の的場教授と3人で記念写真をお願いして撮影していただきました。また是非浜松にいらしてください。本当にありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/1/8  13:11

本年度もよろしくです。  RC

本格的に仕事に入ったのは実は昨日からでして・・・
今年も忙しくなっていただきたいものです。

昨年度お世話になった皆様方!本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

尊敬する某模型メーカーの会長様より今年も直筆のサイン入り年賀状が届き
一年間事務所に飾らせていただくことにしました。

なぜか?写真の絵柄がシロクマ・・・・・わかる人にしかわからない・・・



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ