2017/12/22  0:55

高崎市議による自家製野菜の選挙民への配布・・・今年の寒さでレタスなど葉物野菜が急騰  高崎市の行政問題


■大竹隆一・高崎市議が地元の有権者世帯数十軒に対し、12月に入って議員の肩書と顔写真が入った名刺を袋に入れ、レタスやこんにゃく玉などを配布していたとういう情報が12月16日に当会にもたらされたため、当会では公職選挙法の曖昧なボーダーラインをはっきりさせる必要があると考えて、12月20日付で群馬県警捜査2課にこの事件を告発しました。同市議は自家用野菜なので選挙民に配布しても公選法に抵触しないと思ったと釈明していますが、配布された側では市議の名刺と共に、食べ物が入った袋を年の瀬にもらえば、お歳暮と思い、投票依頼を受けたと考えるのは無理からぬことです。今回は、同市議が配布した食べ物の価値について、食料品相場に詳しい当会会員からレポートが寄せられたので、ご紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します
「レタスが高級食材に?価格高騰で“鍋野菜”がピンチ」2017/12/06 18:05 テレ朝News画面より。


*****市議による食料品配布とその価格面での分析結果*****
今年の寒さで葉物野菜が急騰

 12月に入ってから野菜が急騰しています。
 その筆頭がレタスで先日の農水省の発表では、レタスの小売価格は1キロ1046円でした。
 今年の10月では1キロ378円でしたので如何に高いか分かります。
 これは例年の2倍の高値ですが、それでも品薄状態です。
 原因は台風や長雨とのことですが、今年12月の異常な寒さが要因だったのかも知れません。

 大きさですが、中サイズのレタスは300gほどで、Lサイズだと400から500gくらいです。
 大竹隆一市議が選挙民に寄附したレタスを見るとどう見ても大玉Lサイズなので1玉500円から600円くらいでしょうか?
 手づくりこんにゃくと合わせると店頭価格で約1,000円から1,200円相当と考えられます。

 また、カロリーゼロの手づくりこんにゃくと野菜の中では圧倒的にカロリーが低いレタスを寄附したということは、お歳暮の気持ちと共に、特に選挙民に対し「ダイエットをして健康維持」を推奨していたのでしょうか?

 とても選挙民思いの優しい市議会議員だったのかも知れません。
 もちろんその見返りを期待してのことでしょうが。

<参考情報>
**********2017/12/20 19:00 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24859020Q7A221C1QM8000/
レタスなど5品目、小売価格が上昇 農水省調べ
 農林水産省が20日発表した食品価格動向調査(11〜13日、全国平均)によると、レタスやハクサイといった対象の野菜5品目全ての小売価格が平年(過去5年平均)に比べ上昇した。
 レタスは1キロ1046円と平年に比べ2倍だ。10月下旬の台風で作物に被害が出た。また10月中旬以降の長雨で生育も遅れた。JA静岡経済連によると「出荷量は前年に比べ4〜5割減り、平年比でも少ない水準だ」。
 ハクサイは1キロ250円と平年に比べ76%値上がりした。ダイコンも同216円と62%高い。
**********

■選挙民の高齢化傾向を勘案して、配布物を吟味した大竹市議の心配りが、結果的に、選挙という公明性、公平性、透明性を求められる制度の規範となる公職選挙法に抵触しかねない事態を招いてしまいました。

 当会では、こうした公職選挙法に抵触しかねない行為を把握した場合、出来る限り告発をしています。なぜなら、そのことにより、警察の捜査の結果、立検され、検察に送検され、検察で公職選挙法に照らして犯罪の態様を分析検討し、その結果、起訴ないし不起訴処分という判断がなされるため、今後、そうした法的に見てグレーな行為が、公職選挙法に照らしてアウトかセーフなのか、どちらに相当するのかが、ハッキリするからです。

 これまでの当会の実績としては、少なくとも安中市においては、清酒2本を地元有権者に配布しても起訴されないことが分かっています。また、なりすまし投票についても、2人であれば、起訴されません。その他、商品券(1万円以上)、羊羹、化学雑巾、候補者の写真とネーミング入りカレンダーなどもセーフです。

 詳しくは、この市政をひらく安中市民の会のブログ記事をチェックしてみてください。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ