2017/12/22  23:04

【速報】東電の毒牙から赤城と県土を守れ!…住民約30名が前橋市役所前で抗議集会!市に要望書を提出!  東北関東大震災・東電福島原発事故

■本日午後2時30分に、当会が支援している地元住民団体の皆さまやその支援者ら約30名が前橋市役所ロビーに集い、前橋市環境部へ要望書の提出と打合せを行いました。打合せは40分程度行い、その後、市役所前で抗議集会を行いました。さらに市役所の記者クラブを訪れて上毛新聞小泉主事に集会の主旨を説明しました。関電工が5月連休中に突然大音響とともにボーリングを開始したのを端緒に発覚した前橋バイオマス発電計画。突如降りかかった生活環境面での脅威を排除すべく立ち上がった地元住民団体の皆様の活動も900日を超えました。当初は、誰もこれほど長い道のりになるとは想像できませんでした。ここまで粘り強い活動を支えたものは、安全で安心な生活環境を守りたいという、基本的な欲求に他なりません。それを踏みにじる東電グループの関電工やトーセン、そして官業癒着で忖度する行政に対して、あらためて怒りが湧いてきます。
クリックすると元のサイズで表示します
市役所前で関電工の亡国事業に反対の意思表示をする皆さん。


 前橋市環境部で提出した要望書は次の内容です。

*****要望書*****PDF ⇒ osv20171222mc.pdf
バイオマス発電事業について 前橋市への要望事項    2017—12—22
               赤城山の自然と環境を守る会   横川忠重
               赤城南麓の環境と子供達を守る会 井上 博

クリックすると元のサイズで表示します
      2017‐11‐30 12:00  前橋バイオマス発電所の煙

 日頃より市民の生活環境改善にご尽力いただき御礼申し上げます。上の写真は前橋バイオマス発電所の試運転と推定されます白煙状況を撮ったものです。
 2017‐12‐06 山本市長へ“白煙で困っています。”と手紙(メール)を差上げました。
 2017‐12‐20 山本市長から回答を頂きました。“2017‐12‐07現地へ確認に行ったが白煙は確認できなかった。”とのことでした。

 山本市長及び環境政策課と私ども住民との間にこれほど極端な認識の乖離があることは、痛恨の極みです。そのため要望書として以下の内容を提出させて頂きます。
               〜 要望事項 〜
1.事業者・行政・守る会の三者による環境配慮計画について打合せをアレンジして頂きたい。
  これは2017‐10‐30の打合せ時の環境政策課との約束事項であり、必ず実施願いたい。

2.環境配慮計画及び事業者が約束した事項を担保するよう取り決めを締結して頂きたい。

3.発電所からの白煙、騒音、工場排水の地下浸透等々について環境影響調査を環境政策課が主体となって実施すると同時に、地域住民の安心・安全な生活環境の保全を担保して頂きたい。

 大変恐縮ですが平成29年末日までに要望事項の回答を頂きたくお願いします。
*********

 なお、本日と明日の2日間にわたり、関電工による前橋バイオマス発電施設の見学会が開催されています。遺憾ながら、関電工は我々の見学会参加申し入れについて、まだ回答をしてきません。完全に黙殺するつもりかもしれません。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ