2018/2/3  12:17

【速報】群馬高専の一般学力試験出願者数が確定!   群馬高専アカハラ問題

■群馬工業高等専門学校(群馬高専)では平成30年度入学者選抜日程として、推薦選抜の願書受付を1月5日(金)〜1月10日(水)に行い、1月24日(水)に試験を実施し、1月29日(月)に内定を通知しました。そして、一般学力選抜の願書を1月29日(月)〜2月1日(木)まで受け付けていたところ、郵送(簡易書留速達郵便)による2月1日消印分も含めて2月2日(金)の夜、今年の学力試験出願者数が次のとおり確定しました。
※平成30年度 一般入学者選抜願書受付状況(平成30年2月2日現在)
PDF ⇒ gunma_kosen_general_applicant_selection_status_as_of_2feb2018.pdf
※参考URL:群馬高専HP「入学案内:学科(本科)」
http://www.gunma-ct.ac.jp/cms/nyugaku/gakka.htm


 このあとの予定は、学力選抜試験日が2月18日(日)、全体の合格発表が2月21日(木)となっています。

 確定した、今年の学力試験出願者数を見てみましょう。

 予想を“上”回り、最終日の出願者数は、なんと、「ゼロ」でした。昨年は締切り日に5名程度、簡易書留速達郵便で願書を提出していたので、よもや、と思ったのですが、同校のHPをチェックしたところ、日付が「平成30年2月2日現在」となっていることから、間違いないことが確認できます。

 つまりこれで、群馬高専の学科試験受験者は139名と、これまでの最低記録147名(H24)を下回る、とんでもない数字を叩き出したことになります。

■では、一般学力試験の志願者数について、データの確認できる平成23(2011)年から学科ごとに列挙していってみましょう。ちなみに機械工学科(M)、電子メディア工学科(E)、電子情報工学科(J)、物質工学科(K)、環境都市工学科(C)を示しています。

**********
年度   М/E/J/K/C  合計
2011  58/41/58/61/46  264
2012  22/26/39/31/29  147
2013  41/25/69/47/31  213
2014  33/29/62/22/20  166
2015  62/30/42/47/48  229
2016  42/31/67/42/26  208
2017  35/27/42/26/26  156
2018  29/20/40/30/20  139
(なお、一般学力試験定員は25+1名)


*****参考資料「歴年の出願者数」*****
●2011年(H23年)
PDF ⇒ gunma_kosen_genegral_applicant_selection_status_as_of_4feb2011.pdf
●2012〜2014年(H24-26年)
PDF ⇒ gunma_kosen_h2426_teiin_bairitu_no_suii.pdf
http://gunma.koukounyushi.net/highschool/chumo/maebashi/gunmakogyokosen/
●2015年(H27年)
PDF ⇒ gunma_kosen_genegral_applicant_selection_status_as_of_30jan2015.pdf
●2016年(H28年)
PDF ⇒
●2017年(H29年)
PDF ⇒ gunma_kosen_general_applicant_selection_status_as_of_3feb2017.pdf
**********

 上記のとおりとなり、全体の出願者数で見ても過去8年間のうちで最低、しかも大幅な最低記録更新であることが明瞭に読み取れます。

 しかも、2012年の低水準は、前年(2011)に志願者が殺到してあまりに高倍率になりすぎてしまったため、受験生が揃って出し控えをした結果であることが読み取れる一方で、今回の低水準は、4年連続の出願者減少、しかも去年の段階で2012年に次ぐ低水準にも関わらず、それでも出願者減少が止まらなかったことを示しており、紛れもない「異常事態」であることがここから読み取れる訳です。明らかに、単なるブレで説明できる事態ではありません。

 群馬高専の入試願書の集計者は今頃さぞ口をアングリと開けていることでしょう。集計最終日は願書が届いてくれと神にも祈る気持ちだったに違いありません。しかし、無情にも集計最終日の出願数はゼロとなってしまいました。

 さらに、アカハラの本丸である電子情報工学科も、その人気力をもってしても無傷とはいかず、出願者数が過去最低水準(40名)にまで落ち込んでいます。

■更に悲惨なのは、一連の事件による群馬高専の評価そのものの凋落のあおりを受けて、大幅な定員割れにまで至ってしまったアカハラと無関係・かつ人気度でそれほど上の方にはなかった学科です。

 推薦試験も定員割れ(E科13、C科12)の憂き目に遭ってしまった形の電子メディア・環境都市の両工学科ですが、確認されている限りでアカハラも寮生自殺も一切関係無い訳で、西尾・山崎両校長の悪行による群馬高専の凋落の余波をまともに浴びる形になってしまったことは、もうトバッチリもいいところかもしれません。

 特に環境都市工学科は、1年生開始時点で32名と、定員41名のたった四分の三しか充足していないという、あるまじき事態に陥ってしまった訳ですが、果たしてこれから一体どうするつもりなのでしょうか。

 群馬高専は、明石高専に並び、旧帝大や東工大をはじめとした名門国立大学への編入をウリにした「進学高専」であり、それだけに群馬のみならず埼玉や栃木からも優秀な学生が集まってきていたわけです。

 しかしながら西尾前校長の一連の行いによって、その実態は、進学・就職をエサに学生や保護者を恫喝し、あるいはなだめすかし、正常な倫理観や権利すら奪っていくまさに全体主義の権化のような異常な組織であることが明るみに出ました。

 いや、アカハラと寮生連続自殺の真相究明に携わって来た当会として敢えて一言付け加えさせてもらえるのであれば、かつての「全体主義」は国家全体としての利益の追求という正義のもとに自由が奪われ、少数者が迫害されたものであったのに対して、無辜の学生・教員をアカハラ被害に遭わせたことも、寮生の自殺を隠蔽したことも、保護者・学生・当会の声を封殺していることも、それ自体何の正義も無いものですから、むしろ全体主義に失礼かもしれません。

■こうした状況を敏感に察知した保護者・学生らが、群馬高専への出願を回避し、そのことがこうして如実に数字に表れはじめたと捉えることができると思います。

 オンブズマンとして去年度から出願者数減少を把握し、アカハラ隠蔽などにリソースを注がず即座に学校改革に取り組むよう警鐘を鳴らしていたのですが、それは届くことなく、更なる惨事を招いてしまいました。
※当会の昨年の警鐘記事は次のブログをご覧ください。
〇2017年2月10日:アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・物質工学科アカハラ事件の調査に関する公開質問に依然未回答
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2233.html
〇2017年2月13日:アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・不祥事件の影響と出願者数の相関性についての考察
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2235.html

 悲しいことに、オンブズマンとして、この状況はいまだ何一つ改善されていないと断言せざるを得ません。いや、山崎校長に変わってからというもの、むしろ短慮で横暴な形へと悪化してしまったとすら言えます。

 もはや、偏差値のさらなる下落は避けようがなく、「進学高専」としての維持がついに不可能となりかけています。

 こうなる前に、群馬高専の教員や保護者が声を上げて群馬高専の改革に挑まなければならなかったのですが、絶望的な全体主義を前になす術もない状況になっています。というより、教員はその進退を、保護者・学生はその進学・就職をアメとムチに上層部の意のままにされており、倫理観すら麻痺してしまっていることが伺えるため、今の状況に危機感すら抱いていないのかもしれません。

 目先の個人利益を追求したところで、泥船と化した群馬高専自体の沈没を早め、結局目先の利益以上のものを一切合財失うだけになるということに、彼らはいつ気付くのでしょうか。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
2



2018/2/12  12:31

投稿者:Anonymous

第2希望制で人材が流動的になっているということは、むしろ全体としての倍率低下が直に影響してくるということでは?

2018/2/6  11:26

投稿者:ひらく会情報部

>>「匿名」さんへ
 情報ありがとうございます。
 なるほど、最終的には第2希望で調整して、定員不足をカバーするわけですね。当会のような外部のものには、なかなか群馬高専の内部事情がわからないものですから、今後とも引続き当会の知見不足を補っていただけますようよろしくお願い申し上げます。
   市民オンブズマン群馬事務局より

2018/2/6  10:20

投稿者:匿名

一般学力試験は第二希望の学科が選択できますので、現時点で定員を割っている、学科も補われると思われます

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ