2018/2/2  22:13

【読者からの情報提供】アカハラ処分と公表にかかる木更津高専と群馬高専の校長の対応の違いに関する考察  群馬高専アカハラ問題

 この度、当会のブログのメッセージボックスに次の内容の情報提供がありました。提供された情報は、木更津高専におけるアカハラによる教員の処分2件に係るものです。情報をお寄せくださった読者のかたに、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
QUOTE
木更津高専ではハラスメントをはたらいた教員の処分が2年続けて出ています。
http://www.kisarazu.ac.jp/wp-content/uploads/2017/02/407576ab063a3533a7fa496b61bf3f07.pdf
http://www.kisarazu.ac.jp/wp-content/uploads/2018/01/ee26e0546f9fc915a4c5d23735ea4579.pdf
UNQUOTE


 当該懲戒処分通知書2件の内容を見てみましょう。

*****懲戒処分通知(1件目)*****PDF ⇒ 20170228_kisarazu_kosen_choukai_shobun_nituite.pdf
                         平成29年2月28日
        本校教員に対する懲戒処分について
 このたび、本校において下記のとおり懲戒処分を行いましたので、公表いたします。
               記
1.処分年月日  平成29年2月28日
2.被処分者   教員(50歳代・男性)
3.処分の内容  停職1月
4.処分事由の概要
 被処分者は、ハラスメントにより学生に苦痛を与えた。これは、本校及び独立行政法人国立高等専門学校機構の名誉及び信用を著しく傷つける行為である。
5.校長コメント
 本校の教員に対して本件懲戒処分を行う事態になったことは、誠に遺憾であり、関係各位へ大変ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。
 今後は、このようなことが起こらないよう、教職員に対する一層の意識啓発を行い、ハラスメント防止に向けた取り組みを推進するとともに、本校の信頼回復に努めて参ります。
                  独立行政法人国立高等専門学校機構
                  木更津工業高等専門学校長
                         前 野 一 夫

*****懲戒処分通知(2件目)*****PDF ⇒ 20180105_kisarazu_kosen_choukai_shobun_nituite.pdf
                         平成30年 1月 5日
        本校教員に対する懲戒処分について
 このたび、本校において下記のとおり懲戒処分を行いましたので、公表いたします。
               記
1.処分年月日  平成29年12月31日
2.被処分者   教員(50歳代・男性)
3.処分の内容  停職6月
4.処分事由の概要
 被処分者は、ハラスメントにより学生に苦痛を与えた。これは、本校及び独立行政法人国立高等専門学校機構の名誉及び信用を著しく傷つける行為である。
5.校長コメント
 本校の教員に対して本件懲戒処分を行う事態になったことは、誠に遺憾であり、苦痛を与えられた学生はじめ関係の皆様へ大変ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。
 今後は、学生への心のケアに努めるとともに、このようなことが起こらないよう、教職員に対する一層の意識啓発を行い、ハラスメント防止に向けた取り組みを推進するとともに、本校の信頼回復に努めて参ります。
                   独立行政法人国立高等専門学校機構
                   木更津工業高等専門学校長
                          前 野 一 夫
*********

■木更津高専のアカハラ事件の詳細は、つまびらかではありませんが、2年立て続けに発生したことは、大変悲しいことです。そのことは勿論重大事ですが、当会では、この情報提供において、アカハラ発生にともなう危機管理の観点から、校長の対応について着目しました。

 取り急ぎ、この処分を行っている同校校長の前野一夫氏について調べてみました。

 同氏は、東大工学部を出て以降エンジニアリングの研究者として転々と奉職している教育・研究のプロパーで、さらに大学教員としてのキャリアが長いため、「高専」の枠に絡め取られず、しっかりと大学=高等教育機関としての視点を導入できていることが伺えます。
※参考URL「Publications & Histories of Maeno Laboratory」
http://wave.ap.teacup.com/publications/1.html

■翻って、深刻なアカハラ事件の起きた群馬高専の場合はどうでしょうか。

 改革を担当していた高専プロパーということで当初はめざましい改革を期待された山崎誠校長ですが、その期待は見事に裏切られ、西尾前校長より劣悪かつ強硬な徹底抗戦方針を貫いています。

 西尾前校長の敷いたレールを走っているだけでなく、遂に自ら控訴を行うという手段を選択したわけですから、彼は自らの意思でアカハラ情報の完全隠蔽を決めたことになります。一線を越えたわけです。

 プロパーにも関わらずこの惨状はどうしたことか、と考えて山崎校長のキャリアを再度確認してみました。すると、名古屋大を出て以降、群馬高専校長に就任するまで30年以上長岡高専に奉職していることが分かります。

 文科省・機構の下僕である高専の教員として長期間在職し、それしか知らないようになってしまったことで、そのアイデンティティが文科省や機構へのポチに染まりきったものになってしまったのかもしれません。もっと根本的で重要な学生教育や教員の福祉は忘れ去られたまま……。

 キャリアといえば、官僚出身の西尾前校長の経歴が今一つよく分かりません。いわゆる「キャリア」官僚として入省したのでしょうが、ハッキリしないのです。経歴や年齢すら明かさぬまま校長の椅子に座る本人の、或いは校長の椅子に座らせた機構=群馬高専の神経がわかりませんし、このような一切得体の知れない人物が高専の校長をやっていたという時点で寒気を禁じ得ません。

■西尾前校長に関して、文科省からの天下りである事実すら、当初インターネット検索でかつての記録があったことから判明しただけであり、群馬高専は校長の生年月日(年齢)、出身大学、経歴等について一切公表していません。

 教員に関してはその出身大学から経歴に至るまで全てを公表させているにも関わらず、校長に関して年齢も出身校も経歴も一切明かさない群馬高専の姿勢はまったくもって、謎としか言いようがありません。西尾前校長以前は言うまでもなく文科省からの天下りだったので、書く必要もなく自明ということでしょうか。

 またもちろん、経歴だけで人格までもが決めつけられていい訳ではありません。しかし、その人物の発言や行動などが常軌を逸したものであった場合は、そうした「結果」に呼応する原因として、その人物のバックグラウンドに疑いの目が向けられることは、むしろ自然なのではないでしょうか。

 西尾前校長は文科省のキャリア官僚としての、山崎現校長は高専に長らく奉職したプロパーとしての、重い責任と名誉を背負い任に就いたわけですから、軽々しくその名誉を傷付ける行為に及ぶことは、まさに自分の誇りとするバックグラウンドそのものに泥を投げる行為に他ならないということを、強く自覚していただきたかったし、自覚していただきたいと考えます。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
3



2018/4/28  21:01

投稿者:読者

他の高専では、(氷山の一角でしょうが)ハラスメントの発覚に対して懲戒処分が下されています。少なくとも広島商船高専、長野高専、明石高専で懲戒処分が公表されています。
これを見ると、群馬の事例のほうが悪質にも思えますが、なぜ群馬高専はそこまでして隠蔽をはかろうとしているのでしょうか。倫理観に疑問を感じます。

2018/3/1  22:56

投稿者:りんごの県のものです

前に書いた慣例や不文律は、りんごの県以外の方からも聞いているので考察されても大丈夫かと思います。こちらの推測ですが、群○高専の現校長は教員〜校長になったので、裁判や貴オンブズマンなどの対応方法がわからないのもあって、事務○長に頼り切っている気がします。そうなると頑なになるのも納得が出来ます。

2018/3/1  16:12

投稿者:ひらく会情報部

>>「りんごの県のものです」さんへ
 貴重な内部情報を提供していただいたことに厚く御礼申し上げます。
 つきましては、貴殿の貴重なコメントを元に新たに考察記事を書いても良ろしいでしょうか?
   市民オンブズマン群馬事務局より

2018/3/1  0:52

投稿者:りんごの県のものです

聞いた話ですが高専機構本部の課長になると、どこかの高専の事務部長になる慣例があるそうです。校長についても、高専の教員から校長になるときはごく例外を除いてしがらみを無くすため他校の校長になる不文律があるみたいです。ごく例外的に自校から校長になったのは、官僚時代の贈収賄で校長が逮捕されて急遽自校から校長が選ばれたのが唯一みたいです。特に校長になってすぐときは、校長に近い副校長や事○部長に助言を求めることが多いみたいです。りんご県の校長は、在籍出向の役人なので事○部長に助言を求める(助言に従う)傾向が顕著です。

2018/2/28  10:03

投稿者:ひらく会情報部

>>「リンゴの県のものです」さんへ、続きです。
 そして猿田事務部長が機構の意向を踏まえて山崎校長に助言しコントロールしていたとみるべきですね。そして中央法卒の桜井課長に指示して、機構の意向に沿った裁判資料の素案を作らせ、機構課長時代に起用したことのある銀座の弁護士に声をかけ、群馬高専の公金をつかって訴訟代理を依頼したことが伺えます。そのためか、本件請求事件では、東京地裁での一審判決以外、だれひとりスタッフをつけることなく、オンブズマンに対峙してきたというのが実態だと思われます。
 引き続き、群馬高専のアカハラ事件の今後の推移をご注目くださり、適宜適切なアドバイスを賜れれば幸甚です。
 今日は午後1時半から東京高裁における控訴(+附帯控訴)審の第1回口頭弁論があるので、これから東京まで出かけます。今日の弁論に機構からスタッフが同行し傍聴するのかどうか、よく観察してきます。
  市民オンブズマン群馬事務局より

2018/2/28  10:02

投稿者:ひらく会情報部

>>「リンゴの国ものですが」さんへ
 節目節目に貴重なコメントをお寄せくださりありがとうございます。
 さっそく、群馬高専の猿田事務部長の経歴をチェックしてみましたが、確かに長野高専総務課長を経て、機構の総務課長、群馬高専の事務部長となっています。
 猿田事務部長が機構の総務課長、群馬高専の事務部長になったことについては、高卒枠就職でのスタートでありながらの蛍雪の功の賜物だというふうに解釈していましたが、確かに、機構本部からわざわざ定年も近いこのタイミングで群馬高専に送り込まれることは、言われてみれば不自然さを感じます。
 となると、ご示唆いただいたとおり、猿田事務部長は、機構の意向を反映させるため、群馬高専に送り込まれた人物ということになります。
 「経験の浅い」山崎校長にかわってオンブズマン対応等の実務を担い、かつ、山崎校長の一挙手一投足を監視することによって、群馬高専が万一にでも機構の思惑から逸脱した行動をしないようセッティングしているということでしょう。
 今から思えば、昨年6月6日の群馬高専でのオンブズマンと山崎新校長らとの会合で、山崎新校長をさしおいて、猿田事務部長がずいぶん丁重な口調で、しかし当会の質問のポイントは適当にはぐらかし、予め用意した無難な内容の回答を読み上げるなど、この事件を実質的に取り仕切っていた感があります。
〇2017年6月7日:【速報】群馬高専のアカハラ等問題について4月に着任の新校長ら幹部とオンブズマンが1時間に亘り会合↓
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2337.html#readmore
 また、猿田事務部長が桜井総務課長に対して、あれこれ指示することもなくそっとしておいているかのごとく、そのときは気遣っていたかのように見えたのは、実は自らが本件を取り仕切るために、桜井課長には後ろの席で会話記録を筆記させておき、単に上から目線で、下働きをさせておくだけだったように思います。
    市民オンブズマン群馬事務局より

2018/2/28  1:19

投稿者:りんごの県のものです

これに騙されてはいけません。過去の類似事例をみながら高専機構と相談しながら決めているようです。控訴の件も高専機構と相談しながら進めているでしょう。ここの事務○長は、過去りんごの県で課長をしてました。上昇志向が強く、下へのあたりが強いので評判よくなかったようです。その後、高専機構の課長になって昨年4月から現職です。貴オンブズマン対策のために機構から送り込んだ可能性もあります。山○校長は、まだ1年目で群馬高専の事情を知らないので、事務○長から助言を受けて決めている気がします。校長もですが事務○長も調べても良さそうです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ