2018/3/26  22:07

6千人余の反対署名よりサンパイ業者の言い分を認めた前橋地裁の判決後1年半で安中市民の懸念が現実か?  全国のサンパイ業者が注目!

■先週、某テレビ局の報道部の担当者から当会に連絡がありました。連絡の内容は「リサイクル施設の諸問題について興味を持っており、安中市のリサイクル施設『共和化工』(東京)の参入について訴訟があり、その後の訴訟の結果、事業を行うことになったようですが、現在はどのような状態になっているのでしょうか」ということです。そこで、都市整備課のかたに現状を尋ねたところ次のことがわかりました。
クリックすると元のサイズで表示します
Google Mapで見た共和化工のサンパイ中間処理施設の計画予定地(中央から左上)は、松井田のサンケン工業の関係会社の豊洋ベントナイト鉱業の掘削跡地。掘削でできた大穴は得体の知れない残土で既に埋め立てたれ、その上に施設設置が計画されている。


(1)安中市の敗訴後1年余りが経過したのに、共和化工は当該中間処理施設(発酵菌を使った食品残渣の分解プラント)の建設にまったく着手しようとする気配がないこと。

(2)2年以上にわたり、あれほど法廷で激しく争ったにしては、まったく不可思議であること。裁判中は、東京から顧問弁護士ら3名が毎回前橋地裁までやって来ていたので、勝訴したらただちに工場の建設にとりかかるのかと思いきや、一向にその気配がないこと。

(3)地元住民は、いぜんとして中間処理施設の設置にかかる工事や完成後の臭気や汚水などの周辺への郭さんと搬出入トラックによる地元生活道路の安全性確保に不安をいただいているので、市としては敗訴したものの、住民側によりそって事業者に対応していく予定であること。


 以上の現況を伝えるとテレビ局担当者のかたは「共和化工に、住民が安心できるような、プラントを建設できる能力があるのか非常に気になります。食品残渣のプラントで成功事例は少なく、特に居住地が近いところでは目立った実績を耳にしません。安中の場合、止まっているということで、不気味ですが、ひとまず状況はよく分かりました。」と感想を述べられました。

 この問題については、次のブログ記事を参照ください。
〇2017年1月5日:安中市民6500名の署名を踏みにじり、安中市に引導を渡した前橋地裁が産廃業者に認めた権利とは一体何?
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2199.html#readmore

■一方、地元住民の方にも確認をしていただこうと市内松井田町小日向に在住の会員の方に連絡を取りました。「最近は現場にいってみないけど、目立った動きななさそうだ」と言っておられましたが、先日の日曜日の朝、電話あり「今朝、言ってみたらブルドーザーなどの重機が何台か動いており、確かに造成工事をやっている様子を報告して頂きました。

 そこでさっそくその日の夕方、現地に行って様子を見てきました。確かに報告の通りの状況がそこには繰り広げられていました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
現場周辺に掲げられた建設反対の看板。
クリックすると元のサイズで表示します
共和化工の中間処理施設建設サイトに入ってゆく坂道。
クリックすると元のサイズで表示します
道の右側の草むらにある共和エコファームの古びた看板。「農業生産法人共和エコファーム株式会社安中事業所 試験農場」と描いてある。
クリックすると元のサイズで表示します
さらに進むと2つの看板が道の左側に立っている。
クリックすると元のサイズで表示します
手前が林地開発許可標識:
●許可の年月日及び番号:兵士絵21年1月15日群馬県指令高環森第30208-3号
●開発行為に係る森林の所在場所:安中市郷原字菅ノ沢2522番地外19筆
●開発行為に係る森林の土地の面積:7.2913ヘクタール
●開発行為の期間:平成21年1月15日から平成32年6月30日まで
●事業主:住  所:安中市松井田町五料甲2509
     氏  名:豊洋ベントナイト鉱業株式会社
     電話番号:027-395-2641
●開発行為施工者:住所:安中市松井田五料甲2509
         氏名:豊洋ベントナイト鉱業株式会社
       電話番号:027-395-2641

クリックすると元のサイズで表示します
奥にあるのが岩石採取標識:
●事務所の名称:豊洋ベントナイト鉱業
    所在地:安中市郷原字二メ田2762-1
    電話番号:027-385-7211
●登録年月日:昭和60年9月26日
●登録番号:第391号
●採取許可年月日:平成29年6月26日
●許可番号:安土26001-2号
●採取する岩石の種類及び数量:ベントナイト 24,234t
●採取の期間:平成29年7月1日〜平成32年6月30日
●掘削の方法および土地の面積:露天掘 階段採掘法
●岩石採取のための客類の使用の有無:なし
●岩石採取のための機器の種類および数:ブルドーザー2台 パワーショベル5台
●業務管理者の氏名:田島猛
↑  ↑
クリックすると元のサイズで表示します
さらに進むと広大な敷地が開けていた。
クリックすると元のサイズで表示します
↑一番奥では土砂の山をブルドーザーが均している。日曜日の夕方なのに作業中とは。↑
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
埋め土にしては、いろいろな性状のようだ。出所の知れない残土かもしれない。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
現場工事事務所がある。
クリックすると元のサイズで表示します
建設業の許可票:
●株式会社ワイ・ジャスト(高崎市栄町1番1号、代表取締役:長川洋久、監理技術者:廣瀬信男、土木工事業/とび・土木工事業、群馬県知事許可番号(特・29)第21715号、平成29年12月14日許可)※ヤマダ電機グループの土木建設工事請負会社
●株式会社トーイコーポレーション(代表取締役:伊藤とみ枝、監理技術者:江口勝、土木工事業/とび・土木工事業、群馬県知事許可番号(般-27)第23620号、平成27年6月26日許可)
※群馬県安中市東上秋間373に所在し、残土処分業をメインとする会社

クリックすると元のサイズで表示します
労災保険関係成立票:
●保険関係成立年月日:平成30年1月15日、労災保険番号:10101803043-004、事業の期間:平成30年1月15日から同年10月31日まで
●事業主:株式会社ワイ・ジャスト
●発注主:株式会社ジー・アンド・ジークリエイションズ(代表取締役:久保悟朗)※群馬県甘楽郡甘楽町金井882-7に所在する太陽光発電システム施設

クリックすると元のサイズで表示します
建設業の許可票:
●株式会社トーイコーポレーション(代表取締役:伊藤とみ枝、監理技術者:江口勝、土木工事業/とび・土木工事業、群馬県知事許可番号(般-27)第23620号、平成27年6月26日許可)
※群馬県安中市東上秋間373に所在し、残土処分業をメインとする会社

クリックすると元のサイズで表示します
先ほど一番奥の現場で見たブルドーザーの作業風景。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
造成工事現場サイトの様子。境界杭が置いてある。
クリックすると元のサイズで表示します
現場工事事務所前に置いてあるトーイのパワーショベル。
クリックすると元のサイズで表示します
とにかくだだっ広い。中間処理施設を作るのか、それともメガソーラーなのか?

 なお、共和化工の建設予定地の付近には、いろいろな会社が進出しています。

クリックすると元のサイズで表示します
ファームランド郷原嶺発電所。発電開始2016年12月19日、出力1.94メガワット。
クリックすると元のサイズで表示します
カイエー共和コンクリート郷原工場仮設事務所。「共和」とあるが共和化工とは無関係のようだ。コンクリートブロック会社。
クリックすると元のサイズで表示します
平成オプトロニクスは、金属切削加工の会社。
クリックすると元のサイズで表示します
中山石英株式会社。小規模多機能ホーム・認知症対応デイサービス・居宅介護支援事業所「ごうばら」
クリックすると元のサイズで表示します
株式会社日本バットグアノ。フィリピンのミンダナオからコウモリの糞を輸入し、リンを豊富に含む有機肥料として販売している会社。

■以上の現場状況からすれば、発注者が太陽光発電システムを手掛けている事業者であることから、メガソーラー施設設置のための造成工事のかたちになっています。

 ということは、共和化工は、サンパイの中間処理施設の建設計画をあきらめたのでしょうか。
 
 あれだけのエネルギーを費やして、安中市との行政訴訟を展開して、毎回3名の弁護士を前橋地裁に繰り出してきたのですから、当初の計画をそう簡単にギブアップしたとは思えません。引き続き、慎重な監視が必要だと思われます。

 なお、安中市に対しても、事業計画をサンパイ中間処理施設からメガソーラー施設に計画変更したという情報もいまのところなさそうですので、この観点からも予断は許されないと思われます。

 また、住民6千人余りの反対署名があったのに、これを軽視して事業者側を勝たせた裁判長に判断も重大な瑕疵があると思います。その裁判長も、3月末で前橋地裁から異動していなくなる、という情報もあります。前橋地裁にはどうしてこのようなおかしな裁判官がはびこるのか、これまた重大な課題でもあります。

■なお、この郷原地区における共和化工の産廃中間処理施設計画に見られるように、安中市にサンパイ場の計画話が急増したのは、中島・前々市長と岡田・前市長の時代です。それまでは、お隣の吉井町奥平地区に多数のサンパイ場が稼働中による(実施的には現在は、長野県佐久平のイー・ステージの一般廃棄物管理型処分場と、大和建設の中間処理施設が稼働中です。このほか、数か所のサンパイ施設が計画申請中です。また、北野殿地区には東邦亜鉛安中製錬所が鉱山法改正のどさくさに紛れてサンパイの管理型処分場を5年前に作りました。

 いったん、ごみ処分場を作られてしまうと、その地区は、利権に弱い地区だと見られて、全国のサンパイ業者から注目されてしまいます。懸念された通り、安中市には、岩野谷地区だけでなく、松井田地区の山間部でもサンパイ業者があらたな処分場や施設をつくろうという話が絶えません。

 当会は引き続き、全国の産廃業者が注目する地元安中市や群馬県の環境行政を注意深く監視し続けてまいります。

【ひらく会情報部】

※参考情報1「共和化工と安中市の訴訟にかかる裁判資料」
**********
01 判決文/前橋地裁(2016年9月28日判決言渡)
 PDF ⇒ 01_hanketu_20160928.pdf
02 報告事項/安中市建設部都市整備課
 PDF ⇒ 02_annakasi_hanketu_houkoku.pdf
03 訴状(甲1-16)/原告共和化工(2014年12月1日)
 PDF ⇒ 03_kyowakakou_sojou_20161201_with_kou0116.pdf
04 答弁書(乙1-20)/被告安中市(2015年2月10日)
 PDF ⇒ 041_annnakasi_toubensho_with_otu0107.pdf
042_annnakasi_toubensho_with_otu0812.pdf
043_annnakasi_toubensho_with_otu1220.pdf
05 原告準備書面(1)(甲17-20)/共和化工(2015年4月17日)
 PDF ⇒ 05_kyowakakou_junbishomen_no.1_20150417_with_kou1719.pdf
06 被告準備書面(1)(乙21-24)/安中市(2015年6月12日)
 PDF ⇒ 0611_annakasi_junbishomen_no.1_20150612_with_otu21.pdf
0612_annakasi_junbishomen_no.1_20150612_with_otu21rs.pdf
062_annakasi_junbishomen_no.1_20150612_with_otu21.pdf
063_annakasi_junbishomen_no.1_20150612_with_otu2124.pdf
07 原告準備書面(2)(甲21)/共和化工(2015年6月12日)
 PDF ⇒ 07_kyowakakou_junbishomen_no.2_20150612_with_kou21.pdf
08 被告準備書面(2)/安中市(2015年8月6日)
 PDF ⇒ 08_annakasi_junbishomen_no2_20150806.pdf
09 被告準備書面(3)/安中市(2015年8月6日)
 PDF ⇒ 09_annakasi_junbishomen_no.3_20150806.pdf
10 原告準備書面(3)(甲22-24)/共和化工(2015年8月7日)
 PDF ⇒ 10_kyowakakoujunbishomen_no.3_20150807.pdf
11 被告準備書面(4)/安中市(2015年8月18日)
 PDF ⇒ 11_annakasi_junbishomen_no.4_20150818.pdf
12 原告準備書面(5)/共和化工(2015年10月21日)
 PDF ⇒ 12_kyowakakou_junbishomen_no.4_20151021_with_kou2224.pdf
13 被告準備書面(5)/安中市(2015年11月27日)
 PDF ⇒ 13_annakasi_junbishomen_no.5_20151127.pdf
14 原告準備書面(5)/共和化工(2015年12月4日)
 PDF ⇒ 14_kyowakakou_junbishomen_no.5_20151204.pdf
15 被告準備書面(6)(乙25-49)/安中市(2016年2月1日)
 PDF ⇒ 151_annakasi_junbishomen_no.6_20170201_with_otu2529.pdf
152_annakasi_junbishomen_no.6_20170201_with_otu2945.pdf
153_annakasi_junbishomen_no.6_20170201_with_otu4648.pdf
154_annakasi_junbishomen_no.6_20170201_with_otu4849.pdf
16 原告準備書面(6)(甲25-26)/共和化工(2016年2月1日
 PDF ⇒ 16_kyowakakou_junbishomen_no.6_20160201_with_kou2526.pdf
17 被告準備書面(7)(乙50-51)/安中市(2016年2月24日)
 PDF ⇒ 17_annakasi_junbishomen_no.7_20160224_with_otu551.pdf
18 原告準備書面(7)(甲27-28)/共和化工(2016年4月26日)
 PDF ⇒ 18_kyowakakou_junbishomen_no.7_20160426_with_kou2728.pdf
19 被告準備書面(8)(乙52-56)/安中市(2016年5月11日)
 PDF ⇒ 191_annakasi_junbishomen_no.8_20160511_otu5254.pdf
192_annakasi_junbishomen_no.8_20160511_otu55.pdf
193_annakasi_junbishomen_no.8_20160511_otu55.pdf
194_annakasi_junbishomen_no.8_20160511_otu55.pdf
195_annakasi_junbishomen_no.8_20160511_otu55.pdf
196_annakasi_junbishomen_no.8_20160511_otu5556.pdf
20 安中市の裁判記録
 PDF ⇒ 20_annakasi_no_saibankiroku.pdf
21 都市計画法32条の規定に基づく協議・同意申請書/共和化工
 PDF ⇒ 21_tosikeikakuhou_32jou_no_kiteinimotozuku_kyougidoui_sinseisho.pdf
22 開発行為の施工等の同意書/共和化工
 PDF ⇒ 22_kaihatukoui_no_sekoutou_no_doisho.pdf
23 資金計画書/共和化工
 PDF ⇒ 23_shikin_keikakusho.pdf
24 預金残高証明書/共和化工
 PDF ⇒ 24_yokin_zandaka_shoumeisho_.pdf
25 申請者の資力および信用に関する申告書/共和化工
 PDF ⇒ 25_sinseisha_no_siryoku_ni_kansuru_sinseisho.pdf
26 納税証明書/共和化工
 PDF ⇒ 26_nouzei_shoumeisho.pdf
27 決算報告書/共和化工
 PDF ⇒ 27_kessan_houkokusho.pdf
28 設計者の資格に関する申告書/共和化工
 PDF ⇒ 28_sekksisha_no_sikaku_ni_kansuru_sinkokusho.pdf
29 排水放流同意書/共和化工
 PDF ⇒ 29_haisui_houryuu_douisho.pdf
30 流量計算書/共和化工
 PDF ⇒ 30_ryuryou_keisansho.pdf
31 擁壁工安定計算書/共和化工
 PDF ⇒ 31_youhekikou_antei_keisansho.pdf
32 写真撮影位置/共和化工
 PDF ⇒ 32_shasin_satuei_ichi.pdf
33 位置図/共和化工
 PDF ⇒ 33_ichizu.pdf
34 区域図/共和化工
 PDF ⇒ 34_kuikizu.pdf
35 S&K環境ワクチンセンターン中事業所建設工事計画/共和化工
 PDF ⇒ 35_kensetu_kouji_keikaku.pdf
36 公図集積図・求積表・計画図・平面図・断面図/共和化工
 PDF ⇒ 36_kouzu_shuusekizu.pdf
37 造成計画横断図/共和化工
 PDF ⇒ 37_zouseikaikaku_oudanzu.pdf
38 排水施設構造図/共和化工
 PDF ⇒ 38_haisui_sisetu_heimenzu.pdf
39 擁壁工構造図・公共施設新旧対照図・完成道路構造図/共和化工
 PDF ⇒ 39_youhekikou_kouzouzu.pdf
40 道路計画横断図/共和化工
 PDF ⇒ 40_douro_keikaku_oudanzu.pdf
41 流末水路横断図・給水施設平面図・道路計画横断図/共和化工
 PDF ⇒ 41_ryumatu_suiro_oudanzu.pdf
42 都市計画法第32条の規定に基づく協議・同意について/安中市(2014年8月28日)
 PDF ⇒ 42_tosikeikakuhou_32jou_no_kyougidoui_kaitou_20140828.pdf
43 都市計画法第32条の規定に基づく協議・同意について/安中市(2016年11月8日)
 PDF ⇒ 43_tosikeikakuhou_32jou_no_kyougidoui_kaitou_20161108.pdf

※参考情報2「共和化工勝訴に関する新聞報道記事」
**********毎日新聞2016年9月30日群馬版
産廃施設開発許可訴訟 産廃不同意取り消し命令 道路管理の裁量逸脱 安中市に地裁 /群馬
 安中市郷原で計画している産業廃棄物の中間処理施設について、市が開発許可に不同意とした処分は違法だとして、リサイクル施設業者が取り消しなどを求めた民事訴訟で、前橋地裁(塩田直也裁判長)は28日、「市の道路管理者としての裁量を超越している」として、不同意処分を取り消すよう命じた。
 訴えたのは「共和化工」(東京都)。判決によると、下水汚泥や動物のふんなどをリサイクルし、肥料を製造する産廃施設の建設を計画している。開発には、都市計画法に基づき、周辺の道路を管理する市の同意が必要で、2010年5月に許可を申請していた。市は14年8月、地元住民6481人分の反対署名が提出されたことや、騒音や悪臭、ちりの被害が危惧されることなどを理由に、不同意処分とした。
 しかし、判決は「市側の主張のほとんどは道路管理と関係がなく、市には同意を拒否できる理由はない」と判断した。
 一方、共和化工が、不同意で操業が遅れたことで求めていた損害賠償については、「将来の利益が得られなくなったとは言えない」として棄却した。
 共和化工の代理人は「基本的な主張は認められたと受け止めている」とコメントした。安中市は「判決文を精査して、今後の対応を決める」とコメントした。【杉直樹】

**********毎日新聞2016年10月15日群馬版
産廃施設開発許可訴訟 ともに控訴せず 安中 /群馬
 安中市郷原で計画されている産業廃棄物中間処理施設の開発許可を巡り、市に不同意処分の取り消しを命じた前橋地裁の判決について、被告の安中市、原告の共和化工(東京都)とも期限の14日までに控訴しないことを決めた。
 安中市は「控訴しても市の主張が認められる可能性は低い。6000人以上の反対署名を重く受け止め、住民ととともに地域の環境作りに取り組む」とコメント。共和化工の代理人は「判決が確定するまでコメントは控える」としている。
 判決は、市が、地元住民の反対署名が提出されたことなどを理由に2014年8月に出した不同意処分を裁量権の逸脱で違法とした。一方、原告が求めた損害賠償は棄却した。【杉直樹、増田勝彦】

**********毎日新聞2016年11月10日群馬版
産廃施設開発許可訴訟
判決受け、開発同意の文書を産廃業者に郵送 安中市 /群馬

 安中市は9日、産業廃棄物中間処理施設の開発許可の不同意処分の取り消しを命じた前橋地裁の判決を受け、開発に同意する旨の回答書を共和化工(東京都)へ郵送した。回答書は8日付。市は「6000人以上の建設に反対する署名が提出されており、開発業者と環境整備などについて協議をしていきたい」との意向を示している。【増田勝彦】
**********

※参考情報3「地元住民の苦悩」
**********「原市公民館だより」新年号(平成26年1月7日発行)
http://www.city.annaka.lg.jp/kyouiku_shougaigakushu/tayori/1401/haraiti.pdf
PDF ⇒ 20140107_haraiti_kouminkan_dayori.pdf
(前略)一方、原市地区を考えますと大きな課題が2つあります。
ひとつは、上毛天然瓦斯工業叶ユ地利用の課題です。平成25年5月27日、5,919名の署名を添えて、安中市に陳情して参りました。是非とも多目的運動公園をお願いしたいものです。
もうひとつは、共和化工(廃棄物中間処理施設)の課題です。平成17年から、約8年にわたり設置反対をしていますが、平成24年1月に「実施計画書」が県に提出されてしまいました。最近では「共和エコファーム梶vの企業名で土壌改良材を運び込んでいます。
何を行うのか重大な関心を持って見守っているところであります。
我々、原市区長会としては、平成26年もこの2つの課題に最大限取り組んで行く所存であります。
最後に原市地区の皆々様のご健勝とご多幸を心より祈念いたしまして、新年の挨拶と致します。
 原市地区代表区長 吉田 茂

**********2017年7月11日開催タウンミーティングP6/16
http://www.city.annaka.lg.jp/aisatsu/h29town-meeting.html
PDF ⇒ 20170711_haraiti_townmeeting_ikennyoubou.pdf
〇担当部署:建設部
〇意見・要望:「共和化工の問題について」ちょっと停滞している。その辺の理由がどうなのか、本当にもう共和化工があきらめたのか、市や県はどういう風に動いているのか、その
辺をちょっとお聞かせ願いたい。
〇地区:原市
〇市の回答: 裁判の経過はご承知おきのとおりだと思います。結果的に共和化工の動きがございません。市の方も注視をしている状況です。動きがあれば地元にお知らせしながら対応していきたいと思います。
**********
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ