2018/7/8  1:30

台湾フェアin群馬2018・・・初日に続き二日目も大盛況  国内外からのトピックス


■既報のとおり台湾フェアin群馬2018が7月6日(金)から群馬県庁1階の南北のホール全面を使って本日7月8日の日日曜日まで開催中です。
 昨日は午前11時半に県庁1階ホールの会場を訪れました。開場から1時間が経過していましたが、すでに県庁前の交差点は県庁内の駐車場に入ろうとする車で長い列が続いていました。そこで、県警の北側にある屋外駐車場に入れましたが、奥のほうにいくつか空きがあるだけで、ほとんど満車状態でした。
 徒歩で県庁1階の会場に向かいましたが、玄関前のキッチンカーの前にもすでに長蛇の列。中に入ると、大勢の人がすでに会場にひしめいていました。その様子を写真でご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します
初日の台湾フェアの様子を報じた7月7日の地元紙朝刊社会面。


クリックすると元のサイズで表示します
台湾フェアのノボリ旗がなびく県庁前。
クリックすると元のサイズで表示します
県庁玄関前の屋外のキッチンカーによるダージーパイ売り場。このとおり長い列ができていたが、残念ながら本場の味には程遠い、というのが自称、台湾通の筆者の感想。
クリックすると元のサイズで表示します
お隣のグアパオ(台湾風角煮サンドバーガー)売り場。
クリックすると元のサイズで表示します
県庁1階正面の模様。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
オープン1時間後に早くもマンゴーが完売。
クリックすると元のサイズで表示します
北ホール会場の入口脇で販売中のマンゴーかき氷は期待どおり。初日は520個売れたとか。
クリックすると元のサイズで表示します
お昼時だったので、会場内のルーロー飯売り場にも長蛇の列。味は文句なしだが、500円にしては量がいまいちとの声も。
クリックすると元のサイズで表示します
台湾出身のシェフによるビーフンがうたい文句だが、筆者がこれまで食した台湾ビーフンのうち最も期待外れのしろもの。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
大人気の台湾茶の体験コーナー。
クリックすると元のサイズで表示します
ウーロン茶販売。
クリックすると元のサイズで表示します
台湾の「創作」地ビール販売。
クリックすると元のサイズで表示します
台湾酒類販売。
クリックすると元のサイズで表示します
装飾品販売。
クリックすると元のサイズで表示します
日本人が戦前指導して生産が始められた台湾紅茶の販売。
クリックすると元のサイズで表示します

台湾台中発祥で今や世界的ブランドとなったタピオカドリンクの販売。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
抽選会場。
クリックすると元のサイズで表示します
台湾観光紹介コーナー。
クリックすると元のサイズで表示します
似顔絵コーナー。
クリックすると元のサイズで表示します
足もみ体験コーナー。
クリックすると元のサイズで表示します
台湾習字コーナー。
クリックすると元のサイズで表示します
ダルマ寄せ書きコーナー。
クリックすると元のサイズで表示します
午後1時から熱演する勢多農の和太鼓部の皆さん。
クリックすると元のサイズで表示します
県内の自治体と交流関係のある台湾自治体マップ。県内で台湾と交流関係のある自治体は、県、前橋市、みなかみ町、沼田市、渋川市、桐生市、東吾妻町、上野村など。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
県内各自治体による台湾との交流事業を紹介するパネル展。
クリックすると元のサイズで表示します
願い事を描いて夜空に飛ばす熱気球式のランタン(天灯)。台湾フェアの成功を祈念して県台湾総会のスタッフが寄せ書きしてある。

【群馬県台湾総会からの報告】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ