2018/7/11  18:21

【速報】タゴ51億円事件から23年目・・・安中市長に103年ローン解消に向けた動きの有無を情報開示請求  土地開発公社51億円横領事件


■安中市土地開発公社を舞台にした巨額詐欺横領事件が1995年5月に発覚してから23年が経ちました。先日、1995年3月に地下鉄サリン事件を起こして日本国民を恐怖に陥れたオウム真理教教祖ら幹部7人の死刑が執行されましたが、報道によれば来年5月に新年号制定を控えて「平成の総括」がその背景にあるとされています。このことからも、当会では、群馬銀行に対する和解金の支払いは、平成最後の年となる本年12月25日の20回目の支払いをもって総括すべきだと考えます。そこで、安中市長に対して、和解20周年まであと165日と迫るこの時点で、本日、情報開示請求をFAXで発出しました。
PDF ⇒ 180710ssjis20nj.pdf


 開示を請求した情報は次の2点です。

@ 公社の連帯責任を負う安中市の市長として群馬銀行に対し、昨年12月からこれまでに、群馬銀行に対して、20回目以降の和解金の取り扱いに関して交渉をした一切の情報。

A 10年前に安中市は和解10年目の節目として、群銀への和解金の取り扱いについて住民説明会を市内複数個所で開催しましたが、今回はいまのところまだ市民には説明会の動きが見えてきませんが、昨年12月以降における群銀との和解20年目の節目に向けての庁内(公社を含む)での協議や打ち合わせなど、一切の情報。


 2週間後、何らかの反応が市からあれば報告します。

【市政をひらく安中市民の会事務局からの報告】
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ