思い出の巨乳  10周年

さて、本ブログのタイトルは「おっぱい星人 PURE」。おっぱい星人とは、一般的におっぱいは好きな野郎の事を言うが、おっぱい好き=巨乳好きというイメージだろう。

男が女性のおっぱいが好きなのは当り前。好きで何が悪い!(逆ギレ)

・・・わたしの巨乳好きがかなり激しかった時のお話をしたい。

それは1994年〜1998年位の事。94年に私はある漫画家のアシスタントをする事になった。2年程その先生の所で厄介になり、線の引き方等基本的な事を教えて頂いた。中でも背景の描き方(目線を決めてからの描き方)は大変勉強になり感謝している。
そのアシスタント時代に夢中になったのがアイドルグラビアの模写である。元々先生がポーズ集の模写を活かした漫画制作だったので、それに釣られたわけではないがデッサンの勉強も含め、気に入ったアイドルや広告モデルを模写しまくった。

折しも当時は第何期目かの「巨乳アイドル」ブーム。グラビアアイドルという言葉が定着したのもこの頃では無かったか?コンビニに行けばどの雑誌の表紙も巨乳グラドルという、今考えると夢の様な時代であった。

そんな中、私の眼に止まった一人の巨乳アイドルは「水野真樹」さん。93cmGカップというド迫力バストと隣のお姉さん的色気に夢中になりました。その後に起こる巨乳インフレ以前のこの大きさは当時としては大迫力であった。
そして、都会に住んでいた事もあり彼女が掲載された雑誌はほぼ網羅した(と思う)。ネット環境が無かった時代にこれはかなり幸運な出来事だと思う。

そして、彼女をモチーフに模写をしまくり、描く漫画の登場人物にも同じ読みの名前を付けたりした。かなりの入れ込み様だったと今でも思う。
現在ここまで入れ込む娘は正直居ない。サイクルが早い為、そこそこ追い掛けると次の娘次の娘とキリが無いのだ。そう考えると、好きな娘を時間を掛け追いかける事の出来た当時は幸せな時間だった。人生の中でも漫画を一生懸命描いていた時期と重なる為余計に思い出が深くなる。

忘れられない女性だ。

尚、「水野真樹」は同名女優の漢字違いという事だった為か(?)後に芸名を「沢地優佳」として活躍。2000年代に突入しても活躍していたのだから、グラビアアイドルとしては息の長い活躍をしていた。
沢地優佳 a delusion [100cmの妄想]  [DVD]

沢地優佳 Vivid Night [DVD]

乱舞 [DVD]



ブログパーツ
0



2013/3/8  14:36

投稿者:竜騎士

まみむさん>
コメントありがとうございます!
嬉しい情報ですね。結婚引退されたのかな?

2013/3/7  2:46

投稿者:まみむ

彼女は芸能界引退したけど、イベコンでたまに出ているようです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ