2008/11/26

Liebst Du Um Schönheit  

クリックすると元のサイズで表示します
Liebst Du Um Schönheit/美しさのゆえに愛するのなら
13時2分前にマーラーの1番の録音が終わり午後からはChristianeSchäferでオーケストラ歌曲。僕と学生時代がだぶる彼女、当時から素晴らしい歌い手であっという間にベルリンフィルにソリストとして登場、今や世界的なスターと言ってよいでしょう(外見も雰囲気も昔のまんまですが、、)。最初の曲は「美しさの故に愛するなら」。マーラーのオーケストラ歌曲ってどうしてこんなに美しいのだろう?今までたくさんの歌手と演奏しましたがディースカウとB .ファスベンダーが一番印象に残ってます。そして昨日の彼女もそれは素晴らしかった。
クリックすると元のサイズで表示します
後ろ姿ですが、、。マエストロエッシェンバッハとトーンマイスター。このトーンマイスターも学生時代からの長い付き合いです。今はRBB放送で働いてるらしい。
クリックすると元のサイズで表示します
今日はあと2曲の録音、17時からです。僕らは一曲だけなのですがその歌声を客席で楽しんでくるつもりです。コンサートがないのが今回は残念(と、エッシェンバッハ氏もおっしゃってました)、リーダーと1番、CDと同じプログラムでコンサートもあれば良かったのになー!

クリックすると元のサイズで表示します
昨日は早めに帰宅して夕方は自分の練習。このところ5弦を探してるという問い合わせが多い。手放したくはないのだけれど5本も要らないのも事実。室内楽用にイタリアンのDespine ,オーケストラ用にベルギー製のHawkesPanormo、室内オケの仕事用にHillがあれば充分で、最近鳴りが変わって来たフランス娘のブルジェーと特大5弦のクレモナのCavalliの2本は、どうしても持っていなくても良いのは事実。どちらかを手放すべきなのか?と考え中です。
19時過ぎにクーダムへ。イルミネーションが点いてから走るのは初めてです。ここは昔から変わらない落ち着いた雰囲気の装飾でホッとします。Weihnachtsmarktも今週から始りました、べルリンにあるお薦めのMarkt、僕的には以下です。
コンチェルトハウスの前のジャンダルマンマークト、有料(でも1ユーロ)の御陰で通り抜け客が居ないから落ち着きます。
シャルロッテンブルク城前。ここは数年前から始ったのですが良い雰囲気です。
Zooというかウイルヘルム皇帝記念教会の周り、ここが一番の老舗の雰囲気。
AltstadtSpandauも混雑してる日に行けば雰囲気よし、空いてると規模が大きいだけに淋しい。
週末だけですがダーレムのDomäneのも良いです。
あとは国立オペラの周りかなー?
何度も行きたくなるのは最初の3つ、特に何を買う訳でもないけれど散歩が楽しいです。
ローテンブルクのクリスマスオーナメントの店K.ヴォールファートも上記のほとんどのマークトに店が出ます。

昨日はマークトじゃなくて他のお店へ。写真の黒いバックがかなり気に入ったのだけれど大きさが、、、。たんなるハンドバックになってしまい、僕は手ぶらが好きだから持たなくて良いときは持たない派。なのだけれど、かなり気に入ってしまいました。新しいMilanoシリーズだそうです(Bally)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
昨日は結局別のを手に入れました。

今朝もまた何とフレンドリーな雰囲気、陽射しが強いです。
13時からグレゴアと2時間シングルスして17時からCD録音の締めくくりです。

0



2008/11/29  17:12

投稿者:Toru-->伽羅さん

ヘリンボーンツイード、コートですから厚手で柄も大きめなんですが、
茶系もグレー系も濃いのがほとんど、これは色で気に入ったのです。
コートを着る期間が長いべルリン(10月から3月)、学生でも複数着は
持っていて、僕も昔から愛用のを入れると10数着あるのですがほとんど
が濃い色。で、比較的着用頻度が高いコートです。

木之下氏の写真は拝見したことがありました。
写真家の方でオーケストラの舞台を撮ってる方は多いのですが、奏者の
視点からの撮影というのが面白いと思っているのですが
弾かなきゃならないのでなかなか難しい。
G.Zimmermannさん、元ベルリンフィルの第二ヴァイオリンで写真家と
しても著名です。帝国オーケストラにも彼の撮影した写真が多く使われ
ています。カラヤンの傍に40年間ほぼいつも居た訳ですから。それでも
演奏中の写真はない。カメラマンが入った日じゃない、普通のリハのと
きの指揮者やソリスト、オケの奏者の表情をおさめたい。コンパクトさ
はそのままで精度の高いカメラを探そうと思っています。

2008/11/29  8:51

投稿者:伽羅

茶系でヘリンボンツィードとはステキですね。
テニス焼けのお顔には、正直、茶系が似合うと思います。

木之下さんは、あの映像や写真の撮影に極めてこだわりを持っていた
カラヤンに気にも入られた写真家です。
だいぶご高齢になられて、最近はもう あまりご無理は出来ないようですが。

http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=606050001

2008/11/28  3:57

投稿者:Toru-->伽羅さん

お褒めいただきありがとうございます。
写真は好きなので、「好きこそものの上手なれ」というとこも少しはあ
るかな?その写真家の方は存じませんが、舞台で写真を撮ることは写真
家の青柳陽一先生にも以前から薦められてます。一緒に演奏してる視点
での撮影、しかしこれがなかなか難しく、しかもコンデジでは限界があ
ります。

コートは写真では解りにくいですがヘリンボーンのツイードなんです。
以前はグレーや紺が主体だったんですが近頃歳を重ねた所為か、茶系を
好むようになってきました。

2008/11/28  1:30

投稿者:伽羅

文章もそうだけど、Toruさんのブログの記事は、写真が素晴らしいですね。
さりげなくアップしておられる写真が、世界の巨匠や歌姫だったりして・・・
イルミネーションもスピード感のある撮影ですね。
クラッシック音楽専門の写真家 木之下晃さんの昔の作品に、
こんな動きのあるフォトがあったなと思い出しました。


それにしてもToruさん、ベストドレッサーですね。
キャメル色のコートはカシミヤでしょうか?
マフラー、タートルセーター、ボトムスやシューズも
茶系でまとめられていてすごくステキです。


2008/11/27  3:30

投稿者:Toru-->Ceciliaさん

クーダムのは普通の大きさの電球、だから暖かい感じがしますね。

マークト、月曜から始まりましたよ。
まだ行ってません。
ちょうど今録音から帰ったところで、シャルロッテンブルグ宮殿の前
に行こうかとも思ってたんですが霧雨で断念しました。
まだまだ始ったばかりですから、、。

バック、この黒いのはそうとう気に入ったのですがいわゆるお洒落バ
ック、ジャケットなしのときの方が活躍するのかな?いずれ欲しいと
思ってますが(お揃いの手提げ鞄もあるのです)、昨日はもう少し大
きい縦長の茶色を買いました。

2008/11/26  21:29

投稿者:cecilia

今年もまた、私の大好きな季節がやってきました。
そしてドイツが、ベルリンがさらに恋しくなります(笑)
クーダムのイルミネーション、好きでした。
ちょっと大きめの電球で、なんとなくあったかいような。

Markt、始まったのですね。Toruさんがおすすめのところ(シャルロッテンブルク城のところは行ったことがありません)は私も大好きでした。Dahlemもいいですよね。
あ〜行きたいなぁぁぁぁ

バッグ、お似合いです。でも、これをお買いになったのではないのですよね?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ