申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2006/2/25

脳漿  新作吟味

 K米さんお気に入りの脳漿シリーズ。本日は二日酔いでいきました。

鳩尾を抑へてつきあふ梯子酒窓の外には赤き雪降る

脳漿が腐敗してゐる感触を頭蓋の中に感じてる朝

 次いで薬物系短歌。

酸性の痛みを患部に堪へつつこの薬物の反応を待つ
0



2006/5/24  19:06

投稿者:K米

3ヶ月遅れで、脳漿の歌です。

http://www.kumecchi.net/weblog/

2006/3/2  0:07

投稿者:休呆

 とんぼさん、その通りの赤い雪です。僕は酒は呑んでも胃腸が弱いのでダメージが大きいのです。そしたらネオンが映った雪が赤く、血を吐いたような感じがしたのです。
 Yuki-eさん、どんどん紹介してください。ありがとう。僕もYuki-eさんのブログをお気に入りに入れさせてもらいますよ。

2006/3/1  23:33

投稿者:Yuki-e

 こんばんは!春の雨が降っていると思ったら、北陸は雪になりました。

  薬物の添付文書に「アルコール併用は禁」もう遅かった

 このようなことはないと思いますが・・・、失礼。ところで、私のブログの「お気に入りブログ」としてこちらを紹介してもよろしいですか。また訪問しにきます。

http://plaza.rakuten.co.jp/yukietanka/

2006/3/1  0:17

投稿者:とんぼ

「赤き雪降る」というのは、赤い街灯に照らされて雪が降る、ということでしょうか。
街灯に赤く照らされ止まざりし雪の夜道の帰路急ぎ行く

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ