申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2007/5/18

牡蠣のやうな恋をして  新作吟味

大粒の牡蠣を開いてふるふるの柔肌愛でるあなたのやうに

銀色にぬめぬめ光る牡蠣の身を吸ひ込むやうに君のくちびる

脇腹につく贅肉をlove-handleと言ふのださうな彼の国にては

love-handlesをしかと握りて操作する年相応のdriveであり

三年も経てば熱など冷むと言ひくちづけをする二年目の夏

それぞれに捨つあたはざる荷を背負ひ妥協的なる恋に溺れる

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ