2021/2/6


クリックすると元のサイズで表示します

20-20

空も
海も
太陽も
いつもと同じなのに
あなたはここにいない

夕日も
波も
月の光も
昨日と同じに輝くのに
陽に焼けた頬は遠く

目に見えない 何かが
ときだけを奪っていく

私のまぶたが濡れたとき
紅葉のような手のひらが
そっと涙をぬぐうでしょう

さざ波が足をすくう時
大きな手のひらが
優しく背中を抱くでしょう

一緒に浜辺をあるきましょう
一緒に月をながめましょう
あなたの笑顔を思いながら
昨日と同じ今日が愛おしい

一緒に雲に名前をつけて
一緒に月に祈りましょう
何も変わらない明日が金色に輝く

待ちましょう
かけがえのない一瞬を
あなたと過ごせるその日まで

眠りましょう
遠くのあなたの優しい寝息が
私の鼓動に重なる日まで

11.11.2020
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ