2006/4/7


あんまり知られていないと思いますが、ヒロには動物園があります。
以前から行ってみたいとは思っていましたが、なかなか機会がなく、今年の2月にやっと行く機会がありました。
場所はヒロのダウンタウンからハイウェイ11号を火山国立公園方面へ向います。
Puainako交差点から約2.5マイルのMAKAKI St.の交差点を右折。
道なりに行けば動物園の門に到着します。
入場料は無料ですが、1ドル程度の寄付をお願いします。

その日は日曜日。お天気も良くて家族連れや観光客もちらほらと居ましたが、おおむね・・・ガラガラでした。いやはや、のんびりとした、動物たちもお客さんもぼ〜〜〜っとした雰囲気でした(笑)。
園に入ってすぐに出迎えてくれたのが、美しい孔雀たち。彼らは(オスばかり)悠々と園内を歩いておりあちこちで出会いました。人を怖がる様子もなく、ケーン!ケーン!と高らかと鳴いては、羽をばさばさと広げていました。
熱帯雨林を自然に生かした園の中を、遊歩道の順路に沿って歩きます。



サル、熱帯の鳥達、水牛、巨大なブタなどを順路に沿ってみて歩き、たどりついたのがこの園のメインの呼び物「ホワイトタイガーのナマステ」です。
テニスコートが3ぐらい入るようなフィールドの真ん中に、大きなバニヤンツリー。そして、バニヤンツリーの廻りには竹が生い茂り、まるでジャングルのよう。池には睡蓮の花が咲き、水鳥がさざなみを立てています。
しか〜〜し!!ナマステの姿はどこにもなく、尻尾の先さえ見えません。
周りにはナマステを一目見ようと、何人ものお客さんが待っていますが、動物の気配さえしないんです。きっと、竹やぶの中に隠れていてんでしょうね。
しばらく粘っていましたが、結局、ナマステの姿は見ることができませんでした。
午後3:30が餌の時間だそうで、いらっしゃる方はその時間を狙って行ってください。

ナマステは見られなかったけれど、植物はとても美しく、ジャングルの森林浴を楽しむにはいいかもしれません。
エキサイティングな動物達との出会いは・・・あんまり期待できないかも。
クリックすると元のサイズで表示します
でも水牛の「Arnie(アーニー)」は呼びかけると側に寄ってきます。
おでこをなでてあげると気持ち良さそうでした。
それはちょっとだけエキサイティングだったかな・・・・。


Panaewa Rain Forest Zoo 9時から4時 TEL:808-959-9233

ナマステの写真はこちら
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ