2008/1/17

はな  

我が家の二匹の兄弟猫くんの女の子の方“ハナ”が深夜に痙攣を起こして吐血した。
どうしたらよいか分からず動物救急ダイヤルに電話したが深夜3:00頃、診てくれる病院は遠くにしかない。

症状が落ち着いたので朝イチで病院に行くことにして久しぶりに一緒に寝た。

子供が産まれてからアレルギーや毛を避けるため、寝室には入れてあげなかったんだよね。
結婚する前は子供なんかいらない、猫の方が全然可愛いも〜ん!と10年以上猫くん達と6畳1間で一緒に暮らしてきたのにごめんねって思った。

病院に行ったら心臓が悪いことがわかった。
細かい検査も含めて5日間の入院。

普段は仲の悪い男の子猫“スケ”。
頭のいい子だがハナには嫌われぎみ。
近付かなくていいのにちょっかい出していつも嫌がられている。
ストレス溜まるから隔離してあげたほうがいいよ、と医者に言われた。

ハナの発作の後、スケは寝室の外で朝まで泣きながらドアをカリカリしていた。

いつも当たり前のように一緒に暮らしてきた猫くんたち。
ハナがいないだけで空気がいつもと違う。

早く元気になって帰ってきますように。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ