申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2006/5/24

仔猫  その他の雑誌

 『短歌研究』6月号に一首載りました。

ひゆうるりとすり抜けていく猫のごと君は微細な存在感で



 掲載にならなかった作品を再掲する。何が悪くて何がいいのか。

人類を蔑むやうにせせらせら世界を知らぬ仔猫は嗤ふ

抱き寄せてみればあなたはやはらかき仔猫のやうな感触を持ち

チロチロと猫がミルクを舐めるごと君の愛するメロディがある

標的を確かむるごと君の瞳は冷たい熱を帯びて佇む
0

2006/5/20

どらいぶ  新作吟味

地図上で三糎ほど移動せり愛車を駆っての広島への旅

driveは衝動のことハイウェイでわが欲望は満たされていく

0

2006/5/20

塔8月号締切  

 『塔』の締切です。今月は全然出来てないので、どさくさというやつです。広島大学のキャンパス内ポストに投函しました。

疲労感の漂ひてゐる日暮れ時の国境越える船室の中

あやかしの炎の燃ゆる高圧線中空に浮く残像黒く

三越の包装紙にこそ価値あると社会主義者が礼状に書き

それぞれの苦悩が一行で記された退学理由の一覧を見る

歌用のノートは仕事のメモだらけ歌の作れぬ日々ぞ恨めし

本日は開店休業宿酔ひが眼窩の奥にしがみついてる

しなければならぬ仕事を遠ざけて退屈するまで雑用をする

邪な想像力をふくらませ君の予定を聞き出してをり

ブリトーの熱きチーズと口づけし恋でもないのに火傷しにけり

生き方を選べぬ老母の生き方は医師のルールで決められていく




0

2006/5/8

宿酔ひ  新作吟味

本日は少しめげてる体調がやや不良なりゆうべの酒で

運動は控えておかうか宿酔ひが眼窩の奥にしがみついてる

深酒はたいがいにせいと罵られ一日おきに反省してる

0

2006/5/7

赤煉瓦5月歌会  赤煉瓦歌会

 本日は赤煉瓦歌会の5月例会でした。連休だったせいか参加者は4名。でも、今日はA田さんがなんと和装で来ました。すごくすてきでした。4人だったけど、投稿は七首。たっぷり意見交換できました。殊にこういう日は欠席するとたいへん…。
 僕の作品はこんなもの。

  題詠 包

三越の包装紙にこそ価値あると社会主義者が礼状に書き


  自由詠

それぞれの苦悩が一行で記された退学理由の書類一片

 自由詠はちょっと説明が足りなかったかな、という感じ。題詠のほうはけっこう皮肉が効いているでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/7

連休  新作吟味

携帯の電源を切り連休のモードに入るこれみよがしに

携帯の電源を入れ連休が明けたと朝のコーヒーを飲む
0

2006/5/6

知るか  新作吟味

ペチャパイは親父のせいだと娘らにわが遺伝子をなじられにけり

0

2006/5/4

014:刻(新谷休呆)  題詠ブログ

着々と刻まれていく年齢といふ残酷な人生の傷
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ