申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2006/7/22

不忠者  新作吟味

ストーカーに似た心なり御心にそふたつもりの荒くれたちの

自分へのご褒美つてかいつだつてご褒美ばかり差し上げてゐるさ

0

2006/7/22

母の最後の作品  北限

 せっかくの機会なので母の最後の作品を紹介しておきたい。病床でノートに書いたり、僕の耳元で詠んだりしたものを書き留めて投稿した。夏休みのことだ。パーキンソン病の薬の副作用で認知症的症状が出て、そのあげくに入院させた病床での作品だ。秋に療養型の病院に移り、最終的にそこで亡くなった。

  病舎にて
                   新谷美恵子

山なみを肩くみながらやってくる春の風なり札幌の夏

昼食の係の声が華やぎて新献立にわく月曜日

死ぬまでの儀式と思う病院の朝夕の食事みとられながら

我念力掻き寄せしごとく娘来る待ちに待ちたる面会日午後

待たざるに病院食の運ばれて親子二人の夕食となる

六月の空青ければ心ぬくし面会の妹まつも楽しも

白き空ペン字すらすら描きたし友への手紙父への手紙

病舎の窓にまだ読めるよと文字を書くガラス戸白し秋長けるかも

病廊を行き交いをする病人の笑声にぎやかに盆休み来る

思い出の母の貝爪われが受け爪切るごとに母を偲びぬ

窓際に蠅が一匹棲んでおり昨日も今日も三日目もまだ

見舞い来るる子の手の熱し点滴のわれに酷暑の辛くもあるか

血液検査わが血は赤く子別れの朝を染めをり入院ベッドに

歌ありて吾の老年ぼうたんの花のごと華やぐ病床にありて

青い光校舎を染めて遊ぶ子ら元気に見ゆる羨ましきかなや

               (『北限』75号 2005.11)
0

2006/7/21

母の死  新作吟味

 6月29日深夜、母が亡くなったと義弟(妹の夫)から電話があった。享年79才。僕の短歌の先輩であり、目標でもあった。昨年5月に入院し、年末には胃に穴を開けて食事を摂るようにした。身体は不自由なのでほぼ寝ている生活であった。昨年の夏にはかろうじて短歌を詠んでいた。その歌を母の属していた『北限』誌に掲載したのが絶筆となった。葬儀から初七日を過ぎるまでは何も思いつかなかったが、しばらくたって少しは整理できたのかも。


母の死を報らされし夜から未明まで締切過ぎし原稿を書く

母逝きし日に届きたる『北限』が枕の傍に添へられてをり

『北限』を開けば白き母の手がこつちに寄こせと動きさうなり

亡骸は扉の向かう弟と語れば母がたしなめさうな

淡淡と葬儀屋の指示に従ひて母の葬儀を我が仕切りぬ

妹の名が何処にも出て来ない母を看取りし妹の名が

まだ若き母が遺影として見詰め下手くそな吾の施主を嗤へり

葬式のやうなときしか会はぬから親戚たちの大切な時

抑揚にやや癖のある母の声耳元にあり骨になりても

香典の返しの作法がそれぞれに違ひたり子は散り散りに住む

朝食が終はれば親も子も嫁も薬を飲めり初七日の朝

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ