申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2008/4/28

パソコン  とりあえず

一日を始むる人らの物音を外に聞きつつパソコンを切る

パソコンの前で黙つて待つてゐる自分の顔の間の抜けたこと
0

2008/4/19

風聞  とりあえず

風聞はさみしかりしや君のこと悪しきことのみ人は語りぬ

天才は不幸なるかな欲望を満たすことなく此の世を去れり

画家とふは哀しき運命名作も生きてるうちは誉められもせず

つまらぬと言へばつまらぬ意地を張り若き日の傷まださすりをり



0

2008/4/15

点滴  新作吟味

点滴を受けつつ君は眠りたり澱む憂いを忘れたやうに

手のひらに君を包みてやはらかき恋の感触いくどもいくども
0

2008/4/13

古きレコード  新作吟味

八十周年迎ふ大学の一期生まだ現役にして医師をなせりと

立て続けに気まづいミスをしたといふ友の電話は暗き声なり

フロントの男に顔を知られぬやう君の背を押しエレペーターへ

フロントの男の視線逸らしてはスパイのやうに街へと逃げる

自省すれば仕事はしたくない我に気づいてしまふ何も書けぬ夜

春雨が桜の下の愛車をば花柄模様にラッピングせり

遠くにて暮らすことの寂しさに堪へ難きといふ君を抱き締む

桜花咲きて散りぬる間だけ離れてゐしがこんなに辛い

あんあんと隣の家でなく声に私の方も応へてみせる

戦争の映画を見れば気が塞ぎ恙なき日にまこと安堵す

人間はいのち以上にたいせつな何が欲しくて戦ふのだらう

血族は国家を超へてある今の私の価値は人類にあり

一枚の古きレコード手渡してなのにあなたは京都へ行くの

串揚屋の親爺は巧みに場を仕切り愚図なバイトに立つ腹も癒え

いやいやの仕事を残しパソコンのゲームの中に逃げ込みにけり

ホークスが負け続けてゐるきのふけふ試合経過の着メロ無視す
0

2008/4/7

妄信  新作吟味

陰謀で成り立つ世界と信じゐるその歴史観とはつきあひきれぬ

大国の欲望は限りなくありて小なる民は死に向かひゆく

かの国を憎しみ色に染め上げて根絶やしにする妄信者たち





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ