申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2008/6/17

こじれた心  新作吟味

こじれたる人の心の修復をあきらめたころ風が吹きをり

心地よい恋唄を書くつもりにて相聞歌など詠めぬと言はれ

延々と検診を待つ列のなか健康害する者はないかと

中途にて抜けていく人の多からん後ろの方が近づいてくる

ポスターに一度やらせてくださいと意味深な顔で男が笑ふ


0

2008/6/10

北限十五首詠  新作吟味

  バス停に人は屯し

しつぽりと雨に濡れてるバス停に家をなくした小犬が眠る

仲の悪さうな夫婦が三人の子どもを連れて臨時バスに乗る

制服を着た小学生と女子高生学生らしきが乗るバスに乗る

ざはざはと群れなしてゐる子どもらを一口で呑みバスは出たり

バス停にサラ金のビラ貼られをりタクシーならば知らぬこのビラ

高齢者優待パスを持つ人で病院行きのバスは混みをり

初夏の風吹き抜けていくバス停に吸い殻入りの空き缶があり

バス停の日除けの下のベンチにて缶ビール手にお昼寝をする

ふうらりと来たバスに乗り小旅行やつてみやうか行くあてもなく

「バスが好き」さう言ふをみなのあどけなき瞳の奥の小さな打算

「ニシジンハドノバスデイケバイイノデスカ」「コノバスデス」と我もカタカナ

初めての街で乗りたるバスゆゑに出口に近き場所に立ちけり

スペインの田舎町にてバスを待つ嫁ぎし娘をこの地に托し

時を経て字のかすれたる時刻表このバス停にいつバスは来る

バス停に君を見送るさみしさは肌に染み込む六月の雨


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ