申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2008/10/10

スパイダソリティア  とりあえず

パタパタとスパイダソリティアのみ働いて怠惰モードの今日が暮れゆく

人間がさびしくなつた日曜日古き映画を立て続けに見る

ドタバタが洗練されて深キョンの演技冴へたる下妻物語

もう少し世界が厭になったころ君の手紙を読み返すから

ぽつねんとロビーに誰を待ち居るか赤子を抱きし老いた女は

ちちふさのたわわなれるを誇示すごと立ちし女の背の高きこと

丸顔に帽子の似合ふ人であり似合うた帽子は今どこにある

サブちゃんがじつとおいらを見詰めてる。ああ明日から前売りなんだ

歩かずに地下鉄にせむと決めたからエスカレーターも左に立ちぬ

数日を無為に過ごせばそれまでの余裕とい消費しにけり

日曜の中洲の朝のけだるさを引き摺りわれは仕事場に行く

新渡戸さんの行方は知れず昨晩の飲み屋の釣りの足跡たどる

一歩一歩遠ざかりゆく君の影縋りついてもそれはただ影

耳元で囁き続けるまぼろしの声は確かに君の声なり

亡き母によく似た顔のわが娘気質の方はまったく逆で
0

2008/10/7

帰郷  とりあえず

生汗のじつとり滲む暑さなり秋はまだまだ遠くにありぬ

鈍色の空雨台風は逸れてゆき不機嫌な気が街に満ちをり

雨台風君の筆跡置き手紙名詞で切れる冷めかけの仲

日は翳りつつあるのかや北国の滑走路には長き影あり

ゆつたりと鶴が翼ををろすごと五一一便は故郷に降りる

遠くにて君想ふ日の空の色厚き雲間の高き青なり

ぴつたりと寄り添うやうに戦闘機二機が降り来るふるさとの空

優先席に座る老婆が日本国憲法のテキスト開きけり

飛行機のドアを開ければひんやりと秋の故郷の風のやさしさ

似合わぬを承知でロック飲み乾してボギーのやうに呟いてみる

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ