申八歌壇俳壇例会情報
花冷えの嘘つきの日に報されし新元号のきもちのわるさ みんなのプロフィールSP

2009/1/30

引越という人生  新作吟味

人は生れ人は変はりてまた人は移り住みたり終ひの日までを

幾度目の引越なりや若き日の急かるるやうな烈しさはなく

生れし日より十三度目の引越と数え挙げつつ古里想ふ

引越が人生のごと思ゆると振り返りなば君と四度目

君が代を三種類ほど聴き比べ来たる日のため洟をかみをり

君が代やてふてふは舞ふしどけなく桜の花の栄ゆる御代に
0

2009/1/25

冬の雨  新作吟味

きやうだいの仲睦まじき宴なり母を送りし夜の居酒屋

君だけを頼りに生きて君だけを頼りに逝きし義母の晩年

日課の如く失せ物探すわたくしの脳のどこかが壊れゆく日日

改札で降りゆく人とすれちがふまにあわなんだと諦めるとき

逃したはパン屋のレジのミスなれど次の電車を待つ時うれし

乗り遅れひよいと生まれた十五分短歌のひとつも作つてみやう

駅までの君を見送る暗き道しんみり泣かす冬の雨かな

じじじじと足ばたつかせ泣く君の打算のごときしぐさもいとし
0

2009/1/19

千代子抄  新作吟味

満ならば八十七で数えなら八十九なり米寿ではない

百年になんなんとする人生の楽しきことはいくばくありや

葬儀にて君の介添え務めたり此の役割は二度目となりぬ

泣きながら電話してくる病院で何が起きつつあるのだらうか

いつになき泣き声が呼ぶ電話ゆゑまづ落ち着けとラーメン啜る

携帯に飛び来る君の泣き声の震への示す次の段階

大震災大恐慌に大空襲大きな歴史をあなたは生きぬ

手術後の痛みは辛き試練にて試練を超える甲斐に達せず

義母にして帰るところはあるまじやこの寓居のみ待ちてをりにし

「よしこちやん」だけが頼りの義母であり最期の時まで頼りきりたり

老人には過酷なりけるリハビリをただ帰る日を願ひつづけり

リハビリは辛き余生か余生のためか幸福な日を味わひたくて

これからの介護の日日が続くこと君はじつくり待ち構えしを

突然に義母は逝きたり介護する日日を待つ君に肩透かすごと

あつけなく訪れし此の別れの日しよぼしよぼと降る雨の冷たき

0

2009/1/14

切り忘れた爪  

約束を破つた君の大罪を咎むるように今日はどしやぶり

此の雨の中ではかなり寒からう警察車両がUターンしゆく

爪を切り忘れたことに気がつきぬパキスタンへの飛行機の中

諍ひの国の旅亭の窓際に小鳥の数羽争うてをり

猜疑の眼冷たく光る警備兵の銃の指すままわれら従ふ

所在なげに首のあたりを掻きてゐる麻薬探知犬は暇さうであり

戦争は避けるべしとふ良識を旅の終はりに良識となす

飛行機と車の好きなヤツのため買つてしまつた空港土産

不幸なる人のあるゆゑ幸福である幸福の罪深きこと

刺すやうな寒気が肌に心地よしふるさとの山しんと恋しき

0

2009/1/13

自棄になりつつ  新作吟味

此の雨の中ではかなり寒かろう警察車両の行方眺めつ

着メロに愛人なんか入れてみる叶わぬ恋に自棄になりつつ

君想ふ心の痛みか胃の奥に小さなこぶしのぢつと佇む

君のため土産となしたネックレス鞄の隅にぎゆつと押し込め

この街で舌にあらずはいかやうに喰われたりしや牛タンの街仙台

刺すやうな寒気が肌に心地よしふるさとの山しんと恋しき

幸運であることの罪深かりし運悪き人の運を踏みつけ

不幸なる人のあるゆゑ幸福である幸福の罪の深きよ

ヒコーキとエル・コーチェ(自動車)の好きなヤツのため買つてしまつたさういうセット

正確に馴れた手つきで黙黙とスチュワーデスの説明ショー

使い古された道具を入れ替えつスチュワーデスのショーが進みぬ

空腹を快感と思ふやうになり減量マニアの仲間入りをす

物喰えばついいちばんに手を出せりそういう性を如何にせむやら

賢治とふ人生のあり故郷にて学び働き早く死にたり
0

2009/1/13

イスラマバード  新作吟味

爪を切り忘れたことに気がつきぬパキスタンへの飛行機の中

まだ暗き空気を裂いてアザーンの声イスラマバードの夜が明けていく

アザーンを唱ふる声がひびくゆゑイスラマバードは寝坊できない

諍いの国の旅亭の窓際で小鳥が数羽争うてをり

最悪の危険地帯より来し人と子どもの夢を語り合ひし日

学びとは夢の踏み石その石を如何に置かうかこの紛争の地に

テロリストは特別な人であることを此の地の人がとくと語れり

午前零時日本時間で午前四時この機内食のなんと重たき

猜疑の眼と銃を持つ人近寄りてトランクあけろと顎で命ぜり

猜疑の眼冷たく光る警備兵の銃の指すままわれら従ふ

わたくしの今日一日のお仕事が飛行機に乗るそれだけらしい

一日を飛行機の中で暮らしをり食べて眠つてまた食べて寝る

ダマネコの丘より眺むる街並みの何処に邪悪な意思のありしか

臨戦の街にはあれどダマネコの展望台には人のあふれる

巨大なるモスクに降りし俄雨わが足もまた洗われにけり

銃をもて威嚇さるるとふ経験を持たずに済める者の責務は

関空の海の向かうに緑色の異空間見ゆあっ観覧車

所在なげに首のあたりを掻きてゐる麻薬探知犬は暇さうであり

戦争は避けるべしとふ良識を旅のおはりに良識となす

戦争とテロの危機に晒されしこの街に人は幸福に住み

他人には言ふほどのことはないけれど胃の奥あたり違和感覚ゆ

半数の子が学校に来ぬといふさういう土地に何をなさむや

諍いに子どもらの知と未来とが削がれてゐるをただ眺めをり

わたくしに何ができるか政情の安からざりし此の国に来て


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ