2006/6/1

クリックすると元のサイズで表示しますヒロに向うアロハ航空は、現在はFree Boarding-つまり、座席指定がありません。乗ったもん順に好きなところに座ることができます。ホノルルをテイクオフするとき、ワイキキの風景やダイヤモンドヘッドを上空から眺めたければ「進行方向左側」に、逆にマウナケア山頂の天文台群、ワイピオ渓谷、ハマクアコーストラインなどのビッグアイランドの壮大な風景を眺めたければ、「進行方向右側」に席を取りましょう。
ハワイアン航空はシートが決まっていますので、希望が出せるなら窓際の席をもらいましょうね。




クリックすると元のサイズで表示します
ヒロ空港への着陸は、町の建物の上ギリギリをかすめるようです。ビルや車が眼下に見えるのは、ちょっとびっくりします。着陸すると、飛行機はあっという間にゲートにつけられて、あっという間に外に出ることができます。ヒロの空港は半分アウトドア!飛行機からブリッジを渡ってターミナルに入ると、窓ガラスもない渡り廊下。バッゲッジクレームも、屋根と柱だけの建物なんですよ。なんとも、のどか〜。そして空気の香がホノルルとは違うのです。雨が多いヒロは緑や花も多い。空港に降り立ったとたん、湿り気を帯びた甘い花々の香がします。ホノルルのターミナルを出ると、排気ガスの臭いしかしないでしょう?ヒロには南国ののんびりした、そしてホッとする空気の香があるんです。ああ、また帰ってきたよ〜、って、張りつめた心が弛んでしまう瞬間です。



0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ