2006/7/29

KOHALAへの旅 その2 Tex Drive-in  ビッグアイランド・ヒロで行く

クリックすると元のサイズで表示します
ホノカアといえば「Tex Drive-in」のマラサダ(Malasada)。中はふわふわ、外はカリカリでお砂糖をたっぷりまぶした揚げドーナッツです。もともとはポルトガルのお菓子で、カウボーイ(パニオロ)としてポルトガルやスペインからやってきた人々によって、ハワイにもたらされました。
揚げたてのカリカリをさっくりと食べるのが一番美味しいですね。
私はプレーンなものが好きですが、中にクリームやチョコレートが入ったマラサダも人気だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、Tex Drive-inで、かっこいいクラシックマスタング(Classic Mustang)に遭遇しました。
私は大のマスタングファン。日本ではあまり知られていませんが、ハワイではレンタカーなどで一般的に利用されています。
日本の車で言うと、フェアレディZやスカイライン、セリカなどと同じようなスポーツカーですね。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2006/7/27

KOHALAへの旅 その1 ホノカア  ビッグアイランド・ヒロで行く
クリックすると元のサイズで表示します
火曜日、友人のRandyとKohala方面へドライブしました。
目的はKohalaの海岸で泳ぐこと。実は私はヒロ近辺ばかりに滞在しているのでコナやコハラなどは良く知りません。
最近「ホノカアボーイ」(吉田玲雄著)という、とても素敵な本との出合いがあり(その本についてはまた後日)、本の中に登場するビーチに行ってみたかったのです。

8時半にRandyとKeaauを出発。まずはHonokaa(ホノカア)へ向かいました。
HonokaaはWaipio Valleyへの入り口の町で、観光客でいつも賑わっています。特に夏の間はアメリカ本土やヨーロッパからの観光客も訪れますから、小さな町のメインストリートは駐車されたレンタカーで一杯でした。
アンティークショップやアロハシャツのビンテージ物を売る店、お土産屋、レストラン、アートギャラリーなど、個性的な店が並びます。
続きを読む
0

2006/7/23

サムの憂鬱その2  The Nature
クリックすると元のサイズで表示します
今日のサム、ずいぶん元気になりました。
Ronが言うには、昨日は食欲があったそうです。
朝、私が近寄ると、浮き上がって来てくれました。

夕方、様子を見に行ってみると、元気良く泳ぎ回っています。
ぷか〜〜っと浮いてきて、プルメリアの花をパクッと食べました。
「ありゃ、そんなもの食べていいの?」
側へ行くと、私の顔を見て、ひれをパシャパシャ動かして何かを訴えています。
「お腹すいたんだね。」
以前、水族館でカメにレタスやニンジンを上げていたのを見たことを思い出し、
冷蔵庫の残り物のサラダからニンジンを持ってきました。
水の中に入ってあげるのはさすがに怖いので(マジででかいですから。)
岸からサムに呼びかけるとすぐに寄ってきました。感動!1週間で私のことを
覚えてくれたのか、それともただたんに腹が減っているからか???

続きを読む
0

2006/7/23

飛ぶGreen Sea Turtles  The Nature
クリックすると元のサイズで表示します

海亀は水の中で飛んでいるようです。
ふわふわと、時には早く、ときには優雅に。

At 7:30 am in Champagne pond.
夜のうちに集まってきた数十匹の海亀たちは、満潮の時を待って
外海(そとうみ)に通じる浅瀬に並んでいます。
あたかも小型飛行機たちがテイクオフの順番を待つように。

甲羅の大きさが1メートル50センチはある、巨大な海亀は
温泉が湧き出る場所を心得ていて、ちびっこカメをけちらして
お気に入りの場所にふわりと陣取りました。
その上をしばらくホバリング。静かに波を立てないように。。。
彼は私をじ〜〜っと見つめ。そしてゆっくりと目を閉じました。
大きなOld Green Sea Turtle….人間どもには無い、英知と勇気を秘めた美しい瞳には
愚かな私たちは、どんな風に映るんでしょうね。

最終日。Kapohoより。

写真はKapohoのストリートサイン。デザインがハワイっぽいですね。
0

2006/7/22

Kapohoからです。

今回借りているVacation Rentalの庭にある大きな池には、サムという「アオ海亀」がいます。
到着した日、マネージャーのAliceが「サムは具合が悪いの。だからあんまり近くに寄らないでね。」と言いました。
翌日、サムのことが気になって、とりあえず池へもぐってみると、彼は底にじーっとして動きません。
2メートルぐらいまで近寄ると。頭をぐっともたげて、こちらをジロっと大きな目で見ました。大きい亀ににらまれると、さすがにビビリます。亀って、襲ってはこないけど泳ぐと早いんですよ。
「ごめんね〜。」私は静かに側を離れました。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0

2006/7/19

クリックすると元のサイズで表示します
いつも私が滞在する場所は[Puna]と呼ばれる地域。手付かずの自然と、美しい海、とても静かで、私はとても気に入っています。
日本からのリタイヤ組みの長期滞在者も、PunaにあるHawaiian Paradise ParkやHawaiian BeachesといったSub Division(住宅地)に多くいらっしゃいますね。
最近はアメリカ本土や他の島々から移り住んでくる人も増えて、Pahoaには新しいスーパーマーケットができました。
Hiloまで行かなくても、食料品の買い物ができてとても便利になりましたね。
Subwayサンドウィッチもあるので、簡単な食事をしたいときもとてもありがたい。
さて、今日はそんな喧騒(・・とは言わないかな?)から離れ、Punaの海沿いの道、137号線を走りました。海とジャングル。その間を縫うようにレッドロードと呼ばれる赤土で舗装された道があります。
道沿いの風景はどこをとっても絵葉書のよう。真っ青な海、黒い溶岩の崖に砕ける白い波。
サラサラと潮風にそよぐパームツリー。
海に向かってイーゼルを立て、絵を描いている人たちもよく見かけます。
写真の場所は、絵を描く人がよくいる場所。この風景を絵葉書やギャラリーで目にすることもあるかもしれません。

続きを読む
0

2006/7/18

ハワイにいると寝坊はできません。
日が昇ると、自然に目が覚めてしまいます。
鳥の声と波の音が心地よい目覚めを誘うのかも。。。
夜中に大雨が降っていましたが、午前7時には真っ青な空が
広がっていました。まずは、マフィンとグアバジュースで朝食。
ハワイアンフレイバーコーヒーを入れて、のんびりと朝のひと時を
過ごします。
庭にはプルメリアが沢山咲いていて、2階のリビングまで芳香が漂って
きます。
じっとしていられず、家の近くを散歩しました。

今回借りている家は、Punaの「kapohoカポホ」というところにあります。
いわゆるGated community…その住宅地に住んでいる人しか出入りができないように
住宅街の入り口には門があります。
安全といえば安全・・・。でも、海は皆のものですから、地元の人や観光客は
しょっちゅう出入りしています。
クリックすると元のサイズで表示します
このエリアは、天然の温泉が地底からわいていて、また海抜が低いので(ゼロ)
ちょっと掘ると海水が湧き出てきます。

続きを読む
0

2006/7/18

Aloha!
今、日本時間の火曜日の午前3時。ヒロは月曜日の午前8時です。
昨晩は大雨が降っていましたが、今朝のKapohoはとってもいい天気!!
昨日到着時も、ヒロの町もピーカンのお天気でした。
数日前まで、雨ばかりだったそうで、やっぱり私は晴れ女〜〜!

こちらに来てまず驚いたことはガソリンの価格。
2月は3ドル切っていたのに、現在、1ガロン(3.8リットル)=3.5ドルです。
びっくり!!今までで一番高いと思います。
今回の滞在は一週間なのでそんなにガソリンも使わないと思いますが・・・。

テレビのニュースでは、中東の混乱を報じています。
これらの問題の数々が、原油高騰を引き起こし、ひいては一般人の生活に
大きな影響を及ぼしているのだと、アメリカのテレビを見ているとますます
実感しますね。


では、またアップしますが、写真は後日。
ここはHigh speedのネットワークはなくて、相変わらずダイヤルアップです。
0

2006/7/13

クリックすると元のサイズで表示します
公私共に忙しくしておりまして、ブログの更新が滞っております。
ごめんなさい。

大仕事が終わり、やっと時間ができましたので、ちょっとヒロまで行ってまいります。
この半年、本当に忙しかった・・・。
肉体的にも精神的にも、クタクタにくたびれ果ててしまいました。
でも、なんとか乗り越えられたのは、ヒロへ行く予定を早めにたてて
それを目の前にぶらさげていたからかな〜。

にんじんに向かって疾走する馬のように!

暖かい海に浸って、癒されてきます。

では、行ってまいります。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ