2008/1/31

家を借りる楽しみ  ビッグアイランド・ヒロで暮す
1994年当時、まだバケーションレンタルはビジネスとして確立されて
いませんでした。
ハワイ島のヒロには、アメリカ本土の「お金持ち」が、別荘として建てた家が
沢山ありましたが、それを貸すというビジネスはなくて、友人に貸したり
House Swapと言って、自分の家を貸す間、相手の家に泊まる・・・という
方法がほとんどでした。
私たちが借りていた家は、なんと、オーナーは一度も滞在したことがなくて、
実際に使っていたのは私たちだけ。
そして、人が滞在しない間は、不動産屋が面倒を見ていました。
庭師を入れたり、水タンクの水量をチェックしたり、泥棒が入ってないか
見回ったりと、けっこう大変だったようです。
一年のうちに数回でも、誰かが家に滞在することは、不動産管理の点でも
ありがたいことだったようです。


家を借りる楽しみの一つが、誰にも邪魔されないこと。
ホテルでは掃除も入るし、チェックイン、チェックアウトの時間など
さまざまな制約があります。
バケーションレンタルにはそれがありません。
いつでも好きなときに家に帰って、お風呂に入って昼寝して。
そして、好きなものを買ってきて、好きなときに食べる。
ヒロには美味しい物が沢山あります。そして新鮮な野菜、魚介類、
パン、御寿司!私は日本にいる時よりも「食べること」に
貪欲になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ