2008/3/17

マウナケア登頂番外編  
実はマウナケア登頂で、マンガのようなアクシデントが発生しました。

一緒に行った友達のゲール。オニヅカ・ビジター・センターで息切れがすると言って、
山頂へ行くのを断念することになりました。
私とかおりちゃん、地元の友人のランディの3人は山頂でサンセットを見て下山。
ゲールとオニヅカセンターで再び合流し、ほの暗いセンターの休憩室で
持ってきたお弁当を食べていました。

クリックすると元のサイズで表示します

外ではセンターのボランティアによる、スター・ゲージ(星の観察)が行われており、
私たちは休憩室を出たり入ったりしながら、マウナケアでの夜を楽しんでいました。
UH(University Hilo)で勉強する日本人学生が、琴を弾いたり童謡を歌ったり
のどかな時間が過ぎていきます。
・・・・と突然、ゲールが立ち上がって「それ!私、私のことよ!ここに居るわよ!」と
叫びながら、休憩室中央のレセプションデスクに走っていったのです。
私とランディはあっけにとられて・・・「何?何かあったの?」
ゲールはレセプションの男性と話しをしていますが、よく聞き取れません。
彼女は身振り手振りを交えて、何か一生懸命説明してます。
男性が「いいんだよ、大丈夫、大丈夫。」と言う声が聞こえ、電話に向かって
何か説明をしています。
ゲールは「Oh My God!, I am so sorry!」と謝っています。
私はランディに「ゲール、私たちが上に行ってる間に何かやらかしたの?」と
聞くと、彼は肩をすくめて「さ〜?」って。
ゲールは顔に手を当てて、「ヤダ!もう、最悪!!!」と言いながら戻ってきました。
で、何があったかというと・・・。 [Read More]をクリック

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ