2009/1/12

ブランド-Brand  The Hawaiian Kin'
ハワイ島の約7%を有する、パーカーランチ。私有の牧場としては
最近までアメリカで一番の大きさを誇っていました。
現在でも、約4万頭の肉牛が飼育されており、ハワイ島の一大産業と
なっています。
パーカーランチは沢山の小さな牧場から成り立っていて、その一部では
観光用の乗馬やワゴンツアー、バーベキューランチ付きのトレッキングなどが
行われていて、観光客でもカウボーイ・カウガール気分を味わうことが
できちゃいます。

さて、写真はパーカーランチの中心部である、「ワイメア」という町の
ショッピングセンターで見つけたモニュメント。
これは、なんでしょ???

クリックすると元のサイズで表示します

これ、実は牛の焼きごて。
広大な牧草地で放牧される牛たち。迷子になる牛もいますね。
その際、どの牧場が所有しているかがわかるように、お尻や肩に
「ヤキゴテ」を入れるわけです。
いわば、IDタッグみたいなもの。
英語でBrand(ブランド)と言います。
良く見ると、某有名ブランドのマークに似てたりするのもあるでしょう?
私たちがエルメスやルイヴィトンなどを「ブランド物」と呼びますが、
語源は「ヤキゴテ」から来てるわけですね。

パーカーランチは2007年で、創業から160年経ったそうです。
これからも、美味しいお肉を沢山作ってくださいね〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します


0

2009/1/1

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いします。

なんと、2008年春以降、ブログの更新をしておりませんでした。
理由は沢山あるんですが、とにかく忙しかった。
ハワイ関係の仕事が増えて、日々、走り回っていました。

一つ大きなニュースがあります・・・それは私の大好きな本である
「ホノカアボーイ」(著:吉田玲雄)が映画になったこと!
「ホノカアボーイ」に出会ったのは2006年のことでした。
ブログでも本にまつわる記事を書いています。

ストーリーの舞台は、ホノカア(Honokaa)。
ホノカア(Honokaa)はハワイ島の北にある、小さな町。
まるで時が止まってしまったような、ハワイの中でもちょっと
不思議な空気を感じられる場所。
短いメインストリートに並ぶ、ずっと昔から変わっていないであろう
町並み。
クリックすると元のサイズで表示します
ギャラリーやアンティークショップを、なんとな〜く覗いたり
小さなカフェに入って、のんびりお茶を飲んだり・・というのが
とても自然にできる、大好きな町。
この本を読んだ時、私の頭の中には、細かい風景や登場人物までが
細かに思い起こされて、まるで私が同じような体験をしているかのような
錯覚を持つぐらいに大ファンになってしまいました。
それから3度ぐらい・・・読んだかなぁ。
ハワイ島に行く時は必ず本を持っていくし、同行する友人にも読むことを
勧めていました。

そして、2008年秋、映画を撮影しているという噂を聞き、
2009年3月に映画が公開されると聞いて、本当にワクワク
しているのです。
実は、私はホノカア唯一のホテルである、ホノカアクラブ(Honokaa Club)の
マネージャーさんとお友達。
偶然がめぐり合わせた「縁」ですが、それも「ホノカアボーイ」が取り持った
縁なんですよね。
その縁を通じて、現在、ホノカアでは「ホノカア・ボーイ」プロジェクト進行中!
それが何か?発表できるのは、もうすぐかな!

映画「ホノカア・ボーイ」のオフィシャルサイトはこちら


さて、2009年早々、AOLがブログのサービスを終了するということになり、
こちらのURLに引越しすることになりました。
URLが変更になりますので、どうぞお気に入り登録、BOOK MARKの変更をお
お願いしますね。

2009年は、もっともっと、楽しいハワイ島の話題をお届けできるよう
頑張りま〜す。



0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ