2010/9/18

高砂淳二 スライド&トークショーに参加してきました  アロハなつぶやき・・・
9月17日(金曜日)、デジタルメモリやデジタルフォトフレームの大手メーカーである「トランセンドジャパン」の主催で行われた「自然写真家・高砂淳二、スライド&トークショー・とびっきりのハワイ、とっておきのハワイ」に参加してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、このイベントを知ったきっかけが、Twitter。
トランセンドのアカウントが私をフォローしてくれて、ウエブサイトを拝見すると、高砂さんのトークショーの案内がありました。抽選で50名を招待とあったので、早速応募!
ハワイ大好きの私は、もちろん高砂さんの大ファンであり、自室もオフィスのカレンダーも高砂さんが撮った写真。
ナイトレインボーの写真集は、いつもベッドサイドに置いてあります。
Twitterのニーズの囲い込み的なプロモーションの効果には、いつも驚かされますが、私もしっかり囲い込まれてしまった様子です(=^_^=)。

前置きが長くなりました。

さて、そのトークショー。
受付とともに、KONA BEERが手渡されました。うふふ。嬉しい!
クリックすると元のサイズで表示します

前から二列目の席をゲットできて、またウレシ。
開会は時間通り。まず、スポンサーであるトランセンドジャパンの製品の案内がありました。
SDカードについての説明は、なかなかためになって面白かった。自分のデジカメにはトランセンドのSDが入っているのに、なぜそれを選んだか?なんて考えたことも無かったです。
普段何気なく使っている物なのに、知らないことって多いものですね。

いよいよ高砂さんの登場。
前日にハワイから帰国されたばかりとあって、まぁ、こんがりと日に焼けていい色になってました。お元気そうな笑顔でスライドショー用のスクリーンの真ん中に立ってご挨拶。
司会の女性をスルーして、気づかないうちに本題のハワイの話に。。。。
高砂さんはマイペースです (*´ー`)。

クリックすると元のサイズで表示します

スクリーンの脇に用意された席に移動するとハワイで撮った作品を大きなスクリーンで見せながらお話が続きました。
ハワイ諸島の成り立ち、植生の歴史、ハワイを含むポリネシアなどの民族のつながりのお話など、高砂さんならではの知識と見方でユニークなお話でした。
数々の奇跡のような写真!
ナイトレインボーとの劇的な出会い。
夢から受けた啓示に従い、ワイピオ渓谷で再びめぐり合ったナイトレインボーなど。
沢山の思い出とハワイの人々とのめぐり合いを、淡々と語る高砂さんは本当にハワイに愛されているのだろうなと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

私もハワイに通い続けて16年。
心から信頼できる人との出会いや、ハワイだからこそ体験できる、自然が繰り広げるエンターテイメントにもめぐり合っています。
その中で、いつも忘れてはいけないと思うのは、人は一人では生きていけないということ。
一つ一つの出会いが、場所は何処であれ意味を持つと言うこと。
自然との触合いも同じことだと思います。

「あなたの周りの人を愛しなさい。自然を敬いなさい。先人の言葉を心に刻みなさい。」
私にノニを教えてくれたハワイアンの女性の言葉です。
ALOHAの精神を持つ人々は人種も言葉の違いも関係なく受け入れ、そしてお互いに助け合って生きることを教えてくれました。
植物も動物たちも、自然の法則に抗うことなく、ハワイの美しさを作り上げているのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

高砂さんの写真を見ていると、彼のハワイに対する愛情と自然への理解、畏敬の念、そして一瞬の変化をも見逃さない鋭い感性が、彼にその写真を撮らせているように思えます。
でも、高砂さんはいつもマイペース。そのままを受け入れ楽しんでる。そんな気がします。

今回のイベントは、とても楽しかった。
高砂さんのおちゃめなボケも(失礼)、のんびりした話し方も、コナビールの程よい酔いとともに、都会の喧騒から、ハワイの青空の下にいざなってくれました。

こんどは、是非、高砂さんとすでにコラボをしている山下マヌーさんと、ジョー奥田さん、3人のトークショーを企画していただきたいですね。
きっと、もっとコアなハワイのお話が聞けるはず!
トランセンドさん、楽しみに待っております。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は高砂さんがジョー・奥田さんとコラボしてできたDVDの抽選会の様子。
このDVD、高砂さんが撮影した写真と、ジョー・奥田さんの録音した波の音や風の音で、あなたの家が突然ハワイになります!ってマジックを体験できます。
お勧めです。
私は当たりませんでしたが、全部持ってます!(*^-^)

最後に、プレゼントとお土産を沢山用意してくださったハワイ州政府観光局、トランセンドジャパンさん、そして高砂さん、ステキなひとときをありがとうございました。
ALOHA & MAHALO


いろんなURLはこちら。。。

高砂淳二さんオフィシャルサイト

ハワイ州政府観光局

トランセンドジャパン

山下マヌーさんのブログ

ジョー・奥田さんオフィシャルサイト
1

2010/9/16

マウナケアは惑星ホス  ビッグアイランド・ヒロで行く
ハワイ島のマウナケアには、これまでに3度登頂したことがあります。
そして3回とも、冬の月でした。
ハワイ島の四季は他の島よりもはっきりしていると思います。
なにしろ、冬の時期にはマウナケアの頂上には雪が降るんですから!
本来なら人を寄せ付けないような厳しい環境の場所。
しかしながら、4200mの高さまで車で車で行けるとあって、サンセットやサンライズを見に行くツアーがあり、いらした方も沢山いらっしゃいますね。

私が初めてマウナケアの山頂へ行ったときは2001年でした。
1月、山頂は雪で覆われて風も強く天候は最悪。
寒くて寒くて、景色を楽しむ余裕も無かった。
サンセットも雲が多くてきれいに見えなくて、とっとと山を下りたい!と思ったことだけを鮮明に覚えています。
帰り道のバンの中で、流れる鼻水を拭きながら「なんでハワイまで来て寒い思いをしなくちゃいけないの?う〜、もう、二度と行かないわ!」と誓ったのに・・・また行くことになり。。。

幸い、二度目、三度目は美しい雪景色と真っ青な空に恵まれて、満天の星空に天の川がくっきりと見えた時は、感動で涙が出ました。

さて、そんなマウナケア。
ある場所に行くと、ちょっと変わったことを思い出してしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

この場所、なぜか私の中ではスターウォーズ 帝国の逆襲(エピソード5)に出てくる「惑星ホス」なんですねぇ。
ホスは雪に覆われた惑星。
真っ白な大地、空中から浴びせられるダースベーダ率いる帝国軍の砲撃に応戦する同盟軍。
ノッシ、ノッシと雪の中を歩くAT-AT Snow Walkerに、ループを絡ませて倒すX-Wing。
火花が飛び散り、粉雪を巻き上げて墜落してゆくルーク・スカイウォーカーが操縦する戦闘機!

クリックすると元のサイズで表示します

マウナケアで何でそんな想像をしちゃうんでしょう?

でもね、実は、ここは太平洋上で一番宇宙に近い場所。
所狭しと並ぶ、各国の天文台が見上げているのは、紛れも無い果てしない宇宙空間。
Star Warsを思い出す要素はたっぷりなんですよ。
リゾートの島でありながら、かなり濃厚なSFを体験できる場所でもあるんですね〜。
(そんなことを考えながらマウナケアに登る人はあんまりいないだろうけど。。。)

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、本来のマウナケアの楽しみ方は次の写真のサンセット。
そして、サンセットの後に繰り広げられる、限りない宇宙のショー。
ほらね、ものすごくスターウォーズでしょう?

ハワイ島へいらっしゃる際は、スケジュールを調整して、是非いらしてくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します

その他のマウナケアの記事

マウナケアでサイクリング

マウナケア登頂番外編
0

2010/9/6

ハワイの朝、私は起きぬけにまず水着を着る。
その上にT-shirtとサーフパンツ。コーヒーを入れて海辺に座りピンク色に染まる東の空を見つめる。
魚の群れがイルカたちに追われ、水しぶきを上げて逃げ惑う。凪の海のそこだけがあわただしく波をたてる。

日の出を待って海に飛び込み、体を水にゆだねる。自分の体と水の境目がなくなるくらい、水と一体化した時の恍惚感は、母の子宮にいた時と同じ安心感なのか。
目を閉じて大きく息を吸い込み、肺を最大の大きさに膨らませる。
体が浮き上がり、耳から静かに水が流れ出る。
シャワーの中で、その日、一着目の水着を洗い、ラナイのデッキチェアに広げる。
真っ青な空と、乾いた空気。2時間もあれば乾くだろう。

昼間外出するときもT-shirtにサーフパンツ。
車のトランクにはシュノーケルギアと水着、タオル一式がいつも積んである。
買い物の帰り、回り道をしてWarm pondへ。

クリックすると元のサイズで表示します

車の中で水着に着替えて、今日、二着目の水着を濡らす。
温泉プールの午後は地元の子供たちの遊び場。
ロコの家族連れとおしゃべりしているうちに、いつの間にか太陽が西に傾きはじめる。
濡れたままの水着で車に乗り込み家路を急ぐ。
頭に巻いたタオルが車の天井にぶつかるけど気にしない。

空が暗くなる前に、最後のひと泳ぎはシャンペン・ポンドで。
水温が30度以上の暖かい水に体を浮かべて暮れてゆく空を見上げると、遠くに星が光り始める。

クリックすると元のサイズで表示します

誰もいない入り江。
私と魚とHunuだけ。。。
プチプチと海底から湧き出る細かい泡が体を優しく包む。
このまま、眠ってしまいそう・・・。

ハワイのいつもの夕暮れ。3着目の水着を洗ってラナイに干すと、大きなお月様が東の空に上って来る。

It's time for Skinny Dip.
I don't need anything to put on under the moon light.
0
タグ: ハワイ島 kapoho 洗濯

2010/9/5

KapohoのChampagne pondにて  ビッグアイランド・ヒロで行く
ハワイ島、ヒロから南東へ行った海岸に「カポホ,Kapoho」と言う地域があります。
天然の温泉プールがある場所からすぐ近く。
溶岩のゴツゴツした岩場が潮溜まりを作り、満潮時は安全にシュノーケリングが楽しめる場所。
透明度の高い水と、カラフルな珊瑚、そしてフレンドリーな熱帯魚と泳ぐことができます。
地元の人ぐらいしか行かないので、いつも貸しきり状態。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、その場所からちょっとドライブしたところに、住人しか入れない秘密の場所があります。住宅街のエントランスにゲートがあって、オープナーを持っていないと入れません。

Champagne pond....
家と家にはさまれた[Public Beach access]のサインを頼りに進むと。
まるで泉のような入り江が目の前に。

クリックすると元のサイズで表示します

クリスタルのようにキラキラ輝く水面に、岸辺の木々が写り、鏡のよう。
水に飛び込むと、温かい。。。
ここは、天然の温水と海水、そして地下からの湧き水が混じる不思議な環境なのです。
底の方は氷のように冷たくて、水面近くはぬるいお風呂ぐらいの温度。
熱帯魚が群れをなして回遊し、時間を忘れて追いかけてしまいます。

水深は満潮時でもせいぜい3m程度。
[Champagne Pond]の名前の由来は、潜ってみるとわかります。
その水底から、無数の小さな泡がプチプチと湧き出ているのです。
軽やかに弾ける泡の音が、聞こえるくらいに沢山の泡!
シャンペングラスの中に身を浸しているようです。
私はこの近くのバケーションレンタルに滞在して、朝に晩にChampange Pondで泳ぎます。
一番好きなのが、日の出近くと夕方。
空が真っ赤に燃える時間帯、Champagne Pondの湖のような穏やかで、温かな水に包まれる。
ハワイの至福の時間です。
クリックすると元のサイズで表示します

ここは海がめの保護区にもなっている場所。潮の満ち干きにあわせて、アオウミガメたちがやってきます。
もし、カメに出会った場合は、あまり側に寄らず、また触らないようにしてくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します

お勧めのバケーションレンタルはこちら。。。

http://hawaiiwego.com/kapoho-vacation-rental/


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ