2006/10/20

地震について思うこと  アロハなつぶやき・・・
クリックすると元のサイズで表示します
今週の月曜日に突然起こったハワイ島沖の地震からほぼ1週間がたちました。
私は仕事の関係もあり、ハワイ島のヒロには年に最低2回通っています。
友人も多く、月曜日の朝に耳に入ってきた地震のニュースには、愕然としてしまいました。
日本のテレビからはほとんど情報を得ることができず、また現地もホノルルを含めて、ひどい停電の被害があり、いつまでたっても正確な情報が入ってきません。
友人に電話をかけても、ビジーのトーンがむなしく続くばかり・・・。
後日になってわかったことですが、ビッグアイランドの友人の話をまとめると
ビッグアイランドの停電より、ホノルルの停電が情報網には大きなダメージを与えたということ。テレビ局を抱えるホノルルでは、局の停電やインターネットシステムのダウン、また、携帯電話がつながらなく事態に陥り、大変な混乱だったそうです。

ハワイ島は活火山を抱える島ですから、地震はあってもおかしくないし、私も小さな地震を経験したことがあります。しかしながら、ホノルルでは「地震が起きる」とか「耐震対策」なんて、考えもしなかったことでしょうね。
結局、丸一日が過ぎて、少しずつ現地の友人から情報が入り始めました。
それらは、このブログにも紹介したとおりです。

最後に安否が確認できたのは、ホノルルの取引先の社長さん。
「オフィスの物はみんな棚から落ちたよ。家中がフラを踊ってるみたいだった!」と
日曜の朝のパニックを、面白おかしく話してくれました。
でも、本当に驚いたようで、家族みんなで後片付けに追われていると言っていました。

情報が入らないというのは、本当に恐怖心と不安感をあおります。
日本のメディアは、日本人の被害者がいないと、詳細の報道をしてくれません。
今回の地震では、観光に行っていた日本人客も沢山いて、現地で不安な時間を過ごされたことと思います。心よりお見舞い申し上げます。

深刻な人的被害がなかったことが不幸中の幸い。
これからもハワイにあるマナがハワイの皆さんを守ってくれますように。

そして、これからご旅行へいらっしゃる皆様。
旅行会社を通じて、正確な情報が把握できない場合は、現地メディアのウエッブサイトなどでリサーチしてみることをお勧めします。
復旧は迅速に進んでいる模様ですが、どうぞお気をつけて、そしてアロハな楽しい旅を!
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ