2007/2/20

木漏れ日  The Nature
Lava Tree State Parkは今はちょっと悲しい風景。
うっそうとした緑のジャングルはコキーフロッグの一掃作戦のために刈り取られてしまい、今は枯れた松葉が大地を恥ずかしそうに隠している。
ところどころに立つラバツリーが寂しそう。

でも、天井を覆う巨大な木々は健在!地上のことなど気にもせず大きな枝を広げて、空に美しいパターンを描く。木漏れ日がキラキラと。。。

クリックすると元のサイズで表示します

Lava Tree State Parkに一歩足を踏み入れると、自分の大きさがわからなくなる。
目を凝らして高い枝の先を見つめると、鳥が飛び立つ。
空は遠いのか、近いのか、足元の大地はふわふわとして安定感がない。
マナのパワーが頭の先をツンツンと叩き、ふっと上を見ると空には雲がゆっくりと流れる。
まるで小人の世界にまよいこんだような。
ここは、人間がとっても小さく思える場所なのです。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ